東大過去問 1988年 第5問(総合)

/ 3月 17, 2020/ 東大過去問, 第5問(総合), 過去問/ 0 comments

【問題文】

次の文を読み、以下の設問を答えよ。

Two old men sat on a park bench one morning in the sunshine of Florida resort town — one trying hard to read a book while the other, Harold K. Bullard, told him the story of his life as a successful businessman in many fields. At their feet lay Bullard’s dog, who further tormented the listener by sniffing at his ankles with a large, wet nose.
Bullard enjoyed reviewing his important past. But he faced the problem that complicated the lives of cannibals* — namely: that a ( A ) victim cannot be used over and over. Anyone who had passed the time of day with him and his dog refused to share a bench with them again. So they set out each day in quest of new faces. They had had good luck this morning, for they had found this stranger right away, clearly a new arrival in Florida and with nothing better to do than ( B ).
“Yes,” said Bullard, rounding out the first hour of his lecture, “made and lost five fortunes in my time.”
“So you said,” said the stranger, whose name Bullard had neglected to ask. “Easy, boy. No, no, no, boy,” he said to the dog, who was growing more aggressive toward his ankles.
“Oh? Already ( C ) you that, did I?” said Bullard.
“Twice.”
“Yes, I guess I did. ( D ) in real estate, one in scrap iron, and one in oil and one in trucking. (E)I wouldn’t take back a day of it.
“No, I suppose not,” said the stranger. “Pardon me, but do you suppose you could move your dog somewhere else? He is driving me crazy, sniffing at my ankles.”
“Plastic,” said Bullard, chuckling.
“What?”
“Plastic. Must be something plastic on your garters. Buttons, maybe. That dog is crazy about plastic. Don’t know why that is, but he’ll sniff it out and chew it up if there’s a speck of plastic around. (F)That’s the business I’d go into now, by god, if the doctors hadn’t told me to take it easy. Because of my heart, you know.”
“You could tie the dog to that tree over there,” said the stranger.
“I get so sore at all the youngsters these days!” said Bullard. “All of them complaining about no frontiers any more. (G)There never have been so many frontiers as there are today. You know what Horace Greeley** would say today?”
“His nose is wet,” said the stranger as he tried to pull his ankles away. “Stop it, boy!”
“His wet nose shows he’s healthy,” said Bullard. “‘Go plastic, young man!’ That’s what Greeley’d say. ‘Go atom, go electric, young man!'”
The dog had definitely (H)located the plastic buttons on the stranger’s garters and was trying hard to bring his teeth to bear on those (I)delicacies.
“Stop it!” said the stranger.
“Don’t talk to me about no opportunity any more,” said Bullard. “Opportunity’s knocking at every ( J ) in the country, trying to get in. When I was young —“
“Sorry,” said the stranger, evenly. He slammed his book shut, stood and jerked his ankle away from the dog. “I’ve go to be on my ( K ). So good day, sir.”
(注) *cannibal — a person who eats the flesh of other human beings
**Horace Greeley — American journalist and political leader (1811〜1872), noted for his words, ‘Go west, young man!”

 

【問題】

(A) 空所(A)を補うのにもっとも適当な1語を次の語群から選び、その記号を記せ。

(ア) clever
(イ) delicious
(ウ) living
(エ) single
(オ) suspicious

(B) 空所(B)に補うべき1語を記せ。

(C) 空所(C)に補うべき過去形の動詞1語を記せ。

(D) 空所(D)に補うべき1語を記せ。

(E) 下線部(E)の文は仮定の表現になっているが、この前に次のような節を補おうとするとき、空所(ア)、(イ)にそれぞれ補うべき1語を記せ。

If I were to (ア) my (イ) again,

(F) 下線部(F)Thatの指すものは何か。本文中の1語で答えよ。

(G) 下線部(G)の文でBullardがfrontierという語で意味しているのとほぼ同じ意味の1語を本文中から探して記せ。

(H) 下線部(H)のlocatedと置き換えてもほぼ同じ意味になる語句を次の中から選び、その記号を記せ。

(ア) laid down
(イ) looked up
(ウ) recognized
(エ) searched
(オ) spotted

(I) 下線部(I)で使われているdelicacyの意味としてもっとも適当なものを次の中から選べ。

(ア) something that shows fine or subtle quality
(イ) something with fragile, soft or graceful beauty
(ウ) someting that is consicered to be very delicious
(エ) something that requires tactful or sensitive handling
(オ) something done with refinement of feeling or appreciation

(J)、(K)  空所(J)(K)にそれぞれ補うべき1語を記せ。

 

【和訳】

フロリダのリゾートタウンの陽射しの中、ある朝、2人の老人がベンチに座っていた。1人は必死に本に集中しようとし、もう1人つまりハロルド=K=ブラードは、多方面で成功を収めたビジネスマンとしての自身の人生を、彼に語りきかせようとしていた。彼らの足元にはブラードの犬が身を横たえており、その大きく湿った鼻でくるぶしを嗅ぐせいで、話を聞かされている老人は余計に不快な気持ちになっていた。
ブラードは彼の素晴らしい過去を振り返ることが楽しかった。しかし彼は人食い人種の人生を困難にする問題に直面していた。すなわち一人の生きている被害者を繰り返し襲う事は出来なかったのである。彼と彼の犬と共に日中を過ごした人は、二度と同じベンチに座ってくれなかったのである。だから毎回、ブラードは新顔を求めてさまよった。今朝はこの見慣れない老人をすぐに見つけることができて幸運だったのだ。彼は明らかにフロリダに来たばかりで、読書以外する事がなさそうだった。
「そうなんじゃ」ブラードは、彼の講義の最初の1時間を締めくくるように言った。「ワシは一生で5度も財産を築き、そして失ったんじゃ」
「それはもうお聞きしましたよ」と新参の老人は言った(ブラードは彼の名を尋ねることすらしなかったのだ)。「おやめなさい、これ。ダメだよ」彼は犬に言ったが、犬はますます攻撃的に彼のくるぶしに鼻を押し付けていた。
「おお、もう話しておったかの」ブラードは言った。
「2度もです」
「そうか、確かに話しておったかもしれん。2度は不動産で、1度はくず鉄で、1度はオイルで、一度はトラック運送で儲けたんじゃ。ワシはあの当時を一日だって取り消そうなどとは思わん」
「きっとそうなのでしょうね」新参の老人は言った「申し訳ないけれど、犬をどこかへやって貰えないでしょうか。足首のところを嗅ぎ回って、気が狂いそうになるんです」
「プラスチックですな」クックッと笑いながら、ブラードは言った。
「何ですって?」
「プラスチックじゃよ。靴下留めにプラスチックのものが付いているに違いない。ボタンか何かではないかの。こいつはプラスチックに目がないんじゃ。なぜかは分からんが、こいつはほんの小さなプラスチックでも近くにあれば、嗅ぎつけて、噛むんじゃよ。医者に安静にするように言われてなかったら、ワシは今頃プラスチックのビジネスをしているに違いないんじゃが。心臓のせいでな、お分りじゃろう?」
「犬はあそこの木に繋いでおけばよろしいのでは?」新参者は言った。
「ワシは最近の若者に全く我慢がならんのじゃ」ブラードは言った。「やつらは皆、もうフロンティアはないのだとかぬかすのじゃ。しかし今日ほど多くのフロンティアがあった時代があるかね?ホレス=グリーリーが生きていたら何と言うと思うかね?」
「犬の鼻が濡れているんですよ」新参者は自分の足首を引き離そうとしながら言った。「こら、やめなさい」
「鼻が濡れているのは健康な証拠なんですぞ」ブラードは言った。「「プラスチックに向かいなさい、若者よ!」グリーリーならそう言ったでしょうな。「原子に向かいなさい、電子に向かいなさい!」」
その犬は今や新参者の靴下留めに付いたプラスチックのボタンの位置をはっきりと突き止めており、その珍味に歯を押し当てようと夢中になっていた。
「やめてくれ!」新参者は叫んだ。
「チャンスが失われてしまったなんて話するんじゃない」ブラードは言った。「チャンスは国中の扉をノックして、訪れようとしているのじゃ。ワシが若い頃には…」
「申し訳ないが」新参者は冷静に言った。彼は本をピシャリと閉じて、立ち上がり、犬から足首を引き抜いた。「行かなくてはならないのです、ではさようなら」

 

【解答】

(A)  ウ
(B)  read
(C)  told
(D)  Two
(E)  live life
(F)  plastic
(G)  opportunity
(H)  オ
(I)  ウ
(J)  door
(K)  way

 

(Visited 846 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)