センター本試験 1994年度 第6問 和訳・解答

/ 5月 8, 2018/ 未分類/ 0 comments

【和訳】

​ダグラス・コリガンは彼の飛行機の窓から外を見つめていた。眼下には分厚い霧の毛布が地面を視界から隠していた。1938年の7月17日の朝早くから、コリガンはニューヨークから離陸していた。彼は西海岸までノンストップで飛行することを望んでいた。大陸横断飛行は当時まだ一般的でなく、ましてコリガンのもののような飛行機では、向こう見ずな挑戦だった。コリガンはその飛行機を中古で買ったのだった。それは短距離を飛ぶために作られた4人乗りだったが、彼はその座席の3つを取り外し、追加の燃料タンクを置き、オリジナルのエンジンをより馬力のあるものに変えた。コリガンは彼が『サンシャイン』と呼んだその飛行機の細部まで、熱心に手入れした。

​日雇いの仕事をしながらロサンゼルスの飛行場をうろついていた少年の頃からずっと、彼は飛ぶのが好きだった。コリガンは貧しかったし、ほとんど教育がなかった。彼の父は家族を捨てて出ていった。数年後、母は死んだ。一生懸命に働き、朝食や時には昼食など、多くのものをなしで済ませ、彼は18歳の時、飛行のレッスンを受けるだけのお金を貯めた。

​コリガンの夢は彼のヒーローであるチャールズ・リンドバーグが成し遂げていたように、大西洋を横断することだった。しかしコリガンがヨーロッパへ飛行する許可証を申し込んだ時、検査官は飛行機の状態を一瞥し、彼に許可証を発行することを拒んだ。しかしコリガンは彼らを説得して、ロサンゼルスからニューヨーク、そして事態がうまく進んだら、ニューヨークから西海岸への復路に挑戦する許可証を発行してもらった。

​事態はうまく進展した。悪天候にもかかわらず、コリガンは東への旅を27時間で行った。彼とサンシャインの両者とも2度目の大陸横断が可能だと、コリガンは自信を持っていた。

​コリガンが飛行機に乗り込む時、観客が集まっていた。物資はほとんど積載されなかった。クッキー一箱と何枚かのキャンディ・バー以外、彼は多くを(パラシュートでさえも)持っていくつもりはなかった。サンシャインはすでに燃料をたくさん積んでおり、それ以上どんな重量も追加したくなかった。夜が明けた時、過積載の飛行機は苦労して空へと飛び立った。数分で、コリガンと彼の飛行機は霧の中へ飲み込まれていった。彼はすぐにコンパスの一つが壊れていることに気が付いた。しかし彼は心配しなかった。飛行機の床にある2番目のコンパスが西向きの航路にセットされていたのだ。コリガンはコンパスの設定に合うよう、機首を巡らせ、霧の上に出た。10時間後、彼はまだ霧の上を飛んでいた。

​闇が飛行機の周りを包むにつれて、コリガンの足は濡れて、凍えるのを感じ始めた。彼は懐中電灯をつけた。機室の床はメインタンクから漏れ出していたガソリンで覆われていた。コリガンはスクリュードライバーで機室の床に穴を開け、ガソリンが機外に安全に排出されるようにした。彼は燃料の損失をそれほど心配していなかった。結局、ガソリンがきれたらいつでも着陸できるのだから、と彼は考えていた。何時間もの間、コリガンはコンパスの針に従って、夜通し飛び続けた。長く同じ姿勢で座り過ぎたことで彼の筋肉は痛んだ。ガソリンに浸された足は感覚がなくなっていた。

​夜明けの光が差した時、コリガンは眼下に水を見て驚いた。彼はコンパスをチェックして、わずかな光の中だったので、彼は進路をコンパスの針の逆側に合わせていたのだと気付いた。西に飛んでカリフォルニアに向かう代わりに、東に飛んで大西洋の上に出ていたのだ。

​彼は陸からどれだけ離れているか分からなかった。彼は無線もパラシュートもなく、燃料も底を尽きかけていた。彼にできることは一つしかなかった。つまり飛び続けて、ガソリンが尽きる前に、陸地に到達することである。

​離陸から28時間後、彼は陸を発見した。ある大きな飛行場で、コリガンはサンシャインを無事に地球へと帰還させた。彼にひとりの陸軍士官が近付いてきた。「こんにちは」とコリガンは言った。「霧の中で引き返してしまって。進路をを間違えたみたいです」彼はすぐにアイルランドのダブリンの近くに着陸していたことを知った。そして「道に迷った」コリガン、すなわち反対方向に飛び夢に向かった男について、世界中が知るまでにはそれほど時間はかからなかった。

 

【解答】

[A]
 問1 ②
 問2 ①
 問3 ④
 問4 ③
 問5 ③
 問6 ③
[B] 
 ①⑦⑧⑨

この回の問題へ

この回の単語テストへ

センターの問題一覧へ

*誤字やリンク抜けや質問などは、コメント欄かryujutanakake@yahoo.co.jpまでお気軽に。

(Visited 1,004 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)