東大過去問 2021年 第5問(総合)

/ 4月 20, 2021/ 東大過去問, 第5問(総合)/ 2 comments

【目次】

  • 上記各項目のクリックで移動します。

【問題文】

以下の英文を読み、(A)~(D)の問いに答えよ。
 
Have you ever been eating in a restaurant — just an ordinary café or dining room, 【ア(26)】 by the rush of waitresses, the buzz of conversation, and the smell of meat cooking on a grill — and when you take up the salt to sprinkle it over your eggs, you’re struck by the simple wonder of the shaker, filled by unseen hands, ready and awaiting your pleasure? For you, the shaker exists only for today. But in reality it’s there hour after hour, on the same table, refilled again and again. The evidence is visible in the threads beneath the cap, worn down by 【ア(27)】twisting — someone else’s labor, perhaps the girl with the pen and pad waiting patiently for you to choose an ice cream, the boy in an apron with dirty sneakers, perhaps someone you’ll never in your life see. This shaker is work, materially realized. And there you are, undoing it.
Or you might have wandered through a department store, looking at neat stacks of buttoned shirts. The size or color you prefer is at the bottom of the stack, and though you’re as gentle as can be lifting the shirts, extracting only the【ア(28)】one, the pile as you leave it is never quite as tidy, and it won’t be again until the invisible person returns to set things right.
Cash in an ATM machine. Hotel towels on the floor. The world is full of (A)this kind of work, always waiting to be done and then undone, so it can be done again.
This morning, I gathered up all the cans and bottles thrown about the apartment by my boyfriend and put them in a bag to carry down to the building’s rubbish area. He hasn’t slept here in a week, but I’d been staying late at the university library and only managed to lift myself out of bed in time to bathe and run to my secretary job in an office in downtown Kobe, where every day I perform my own round of boring tasks. I’m fairly good at it, though. I’m careful to put the labels on file folders so they are perfectly centered, perfectly straight, and I have a system of the colors of ink and sticky notes that keeps everything 【ア(29)】. I never run out of pens or paper clips. When anyone needs an aspirin or a piece of gum or a cough drop, I’m the one who has it in her desk drawer. Always. Like magic.
Today is Sunday and both the office and the university library are closed. My boyfriend texted he’d arrive at one o’clock, so I have all morning to straighten up the apartment and shop. Around eleven last night I finished my final paper of the year, and there won’t be another until classes begin again in a few weeks. It’s a comfortable feeling.
Besides the cans and bottles, there are the containers of takeout yakisoba, with dried spring onion stuck on them, from our dinner together last weekend. The oily paper bags that once held pastries I pick up half-price from the bakery in *Sannomiya before it closes. I eat these on weeknights, alone, in bed. Sometimes in the morning, I discover bits of pastries or spots of cream on my pillow. My boyfriend would be 【ア(30)】.
After throwing away the containers and bags into the overflowing rubbish box, I strip the bed sheets and leave them in a pile beside the bed. There are many other things to do, but the sky is threatening rain and I decide to do the shopping before it starts to pour.
To go out, I put on a salmon-pinnk raincoat and hat my boyfriend gave me on my birthday. He mentioned, modestly, that it came from a special shop in Tokyo. Not long after, I spotted the same set in an ordinary clothing store in *Umeda. (B)It’s possible the Tokyo salesgirl took advantage of him ; she probably convinces every customer what he purchased was one-of-a-kind. Then, after he left, she simply brought out another from the back.
I didn’t tell my boyfriend about the second coat, or that the shade of pink was exactly like the smocks worn by the small boys and girls in the daycare down the road. The first time I wore it, I found myself in a narrow alley with the daycare attendants and a long line of small children, moving like a grotesque pink worm. The attendants grinned at me as I pressed my back against the wall, trying to disappear, then hurried off the other way.
On a Sunday, though, the children should all be at home.
With my purse, shopping bag, and the collection of cans and bottles, I leave the apartment and lock the heavy metal door behind me. The apartment is on the top floor, so there are three flights of stairs before I reach the parking lot level. I rarely meet anyone going up or down. For several years, this building has been 【ア(31)】by foreigners: English teachers from the neighborhood conversation schools, Korean preachers, now and then a performer from an amusement park. None of them stay very long. My apartment was the home of the former secretary in my office, and when she left to get married she offered her lease to me. That was five years ago. I am now the building’s most 【イ】tenant.
The rubbish area is in a sorry state. Despite the clearly marked containers for different types of glass and plastic, and the posted calendar of pick-up days, the other tenants leave their waste where and whenever they choose. I place my cans and bottles in the proper boxes, and with my foot attempt to move the other bundles toward their respective areas. Some of the tenants combine unlike items into a single bag, so even this small effort on my part doesn’t clear up the mess. I feel sorry for the garbage collectors, the people (C)    one by one.

*注 Sannomiya(三宮)→ 神戸を代表する繁華街、Umeda(梅田)→ 大阪の二大繁華街の一つ

【問題】

(A) 下線部(A)の内容を説明せよ。

(B) 下線部(B)の内容を具体的に説明せよ。

(C) 下に与えられた語を正しい順に並び替え、下線部(C)を埋めるのに最も適切な表現を完成させよ。
is it pieces sort task the to whose

(D) 以下の問いに解答し、その答えとなる記号をマークシートにマークせよ。

(ア)空所アの(26)~(31)には単語が一つずつ入る。それぞれに文脈上最も適切な語を次のうちから一つずつ選び、マークシートの(26)~(31)にその記号をマークせよ。ただし、同じ記号を複数回用いてはならない。
a) chosen
b) encouraged
c) horrified
d) occupied
e) organized
f) realized
g) repeated
h) surrounded

(イ)空所【イ】に入れるのに最も適切な語を次のうちから一つ選び、マークシートの(32)にその記号をマークせよ。
a) boring
b) difficult
c) egocentric
d) faithful
e) popular

(ウ)本文の内容と合致するものはどれか。最も適切なものを一つ選び、マークシートの(33)にその記号をマークせよ。
a) The author does not like her boyfriend who has no taste in clothes.
b) The author focuses on the necessary labor which is done unnoticed.
c) The author has a good friend in her office who always helps her like a magician.
d) The author has an ambition to reform the local community and public welfare.
e) The author is fed up with her domestic household routine and her job as a secretary.

【単語】

  • rush → 人が急いで動くこと、あわただしさ
  • buzz → ざわめく声
  • shaker → 塩や砂糖の振り出し容器
  • thread → 糸、ここでは容器のキャップの溝のこと
  • materially → 大いに、物質的に
  • wander → 歩き回る
  • neat → よく整理された
  • stack → 積み重ね、大量の〜
  • extract → 抜き出す
  • tidy → きちんとした、整然とした
  • undo → もとの状態に戻す(⇄undo)
  • throw about = throw around → 撒き散らす
  • rubbish area → ゴミ置き場
  • round of A → 一連のA
  • fairly → まあまあ、けっこう
  • organised → 整理された
  • sticky note → 付箋
  • run out of A → Aをきらす、使い果たす
  • aspirin → 解熱・鎮痛剤
  • cough drop → 咳止めの飴
  • drawer → 引き出し
  • straighten up → 整理する、片付ける
  • container → 容器
  • stuck<stick → くっ付く
  • pastry → (パイやタルトなどの)ペーストリー菓子
  • bakery → パン屋
  • overflow → あふれて一杯になる
  • pile → 積み重ねたもの、山
  • rubbish box → ゴミ箱
  • threatening → (天気が)荒れそうな
  • modestly → 謙虚に、控えめに
  • spot → 見つける、察知する
  • not long after A → Aからしばらくして
  • take advantage of A → Aをだます、Aを利用する
  • one of a kind → 唯一のもの、一点もの
  • convince A (that)~ → Aに〜だということを納得させる
  • shade → 色合い
  • daycare(center) → (米)託児所、保育所 (英)高齢者を日中預かる介護所
  • alley → 狭い通り、路地
  • attendant → 係員、接客係、ここでは保育所の保育士を指す
  • grin → (歯を見せて)笑う、にやりとする
  • collection → 集まり、集まったもの、集めたもの
  • (close) a door behind → 自分が出た後にドアを閉める
  • flight → (向きの変わらないひと続きの)階段
  • preacher → (教会で)説教をする人
  • now and then → ときどき
  • amusement park → 遊園地
  • former → 以前の、かつての
  • lease → 賃貸する
  • faithful → 忠実な、信頼できる、ここでは長期に家を借りているという意味。
  • tenant → 賃借人
  • bundle → 束、包み
  • on A’s part → Aの側の

【和訳】

あなたはレストラン(慌ただしく働くウェイトレスと騒めく会話、そしてグリルで調理される肉の匂いに包まれた普通のカフェや食堂)で食事をしていて、卵に振りかけようと塩を手にし、その容器に潜むシンプルな不思議に感銘を受けたことあるだろうか?それは目に見えない仕事によって満たされ、準備され、あなたを喜ばせるために待っていたのである。あなたにとってその容器は、今日だけ存在しているに過ぎない。しかし実際には、それは同じテーブルに置かれ、何度も何度も補充されて、ずっとそこに存在しているのである。その証拠は、何度も捻って開閉されることで擦り減った、キャップの下側のねじ溝に見て取ることができる。それは何者かの労働である。それはペンと注文表を持ってあなたがアイスクリームを選ぶのを辛抱強く待っている女の子かもしれないし、汚いスニーカーを履いたエプロン姿の男の子かもしれない。あなたが人生で出会ったことのない誰かかもしれない。この容器は物質的に認知された仕事である。そしてあなたはそこにいて、その仕事を打ち消してなかったことにしてしまう。
あるいはあなたはデパートを歩き回り、ボタンのシャツが整然と積まれているのを見たことがあるかもしれない。あなたの望むサイズと色のシャツが一番下に積まれていれば、あなたができる限りそっとシャツを持ち上げ、選ばれたシャツだけを抜き取ったとしても、シャツの山に元のような整然さは失われる。そして目に見えない誰かが戻ってきて積み直すまで元に戻ることはない。
ATMの中にある現金はどうだろう。ホテルの部屋の床にそのままにされたタオルは。世界はこうした類の仕事で溢れている。そうした仕事はいつも為されることを待ち受けており、その後打ち消され、そして再び為されうる状態になる。
今朝、私はボーイフレンドが部屋に散らかした缶や瓶を全てかき集めて、マンションのゴミ置き場に運べるよう袋に入れた。彼は1週間ここでは寝ていない。しかし私は大学の図書館に遅くまで残り、何とか定刻にベッドから這い出し、お風呂に入り、神戸の街のオフィスでの秘書の仕事へと急ぐ。そしてそこで毎日、一連の退屈なタスクをこなす。とはいえ、私はそれがけっこう上手なのだが。私は慎重に書類のフォルダにラベルを貼り付ける。完璧に真ん中に、完璧に真っ直ぐになるように。そして私は、あらゆるものを整理された状態にするために、インクの色と付箋を体系付けている。ペンとペーパークリップを切らしたことはない。誰かがアスピリンやガムやのど飴が欲しくなった時、引き出しにそれを持っているのは私である。いつも。まるで魔法のように。
今日は日曜で、オフィスと大学の図書館の両方が閉まっている。私のボーイフレンドは1時に到着するとメールしてきていたので、午前中いっぱいかけて部屋を片付けて買い物をする。昨晩11時頃私は今年最後のレポートを終わらせており、数週間後に授業が再開するまでもうレポートはない。心地よい気分だ。
缶と瓶の隣に、テイクアウトの焼きそばの容器があり、乾いた春の玉ねぎが貼り付いている。先週末に私たちが一緒に食べたものだ。以前閉店間際の三宮のパン屋で、私が半額で買った焼き菓子の入っていた、油の染みた紙袋がある。これは私が平日の夜に1人、ベッドで食べるのだ。時には朝、焼き菓子の欠片やクリームの染みを、枕に発見することもある。私のボーイフレンドがみたらゾッとするだろう。
その容器と袋を、溢れそうなゴミ箱に詰め込んだあと、ベッドシーツを取り外し、ベッドの脇に山積みにする。やらなければならないことが多くあるが、雨が降り出しそうなので、土砂降りになる前に買い物をすることを決心する。
出かける時、私はボーイフレンドが誕生日に買ってくれたサーモンピンクのレインコートと帽子を身に付ける。彼は控えめに、それが東京の特別な店のものだと言った。その後しばらくして、私は梅田のありふれた洋服屋で、その同じセットを見つけた。東京の女性店員が彼を騙した可能性がある。女性店員は全ての客に対して、商品が一点ものだと説明していたのかもしれない。そして客が去った後に、裏からもう一着出してくるだけでよかったのだ。
私はその2つ目のコートについてボーイフレンドに話さなかったし、そのピンクの色合いが、道の先にある保育所の小さな男の子や女の子が着ているスモックにそっくりだということも言わなかった。最初に私がそれを着た時、まるでグロテスクなピンクの虫のように進む、保育所の保育士と小さな子供達の長い列に、狭い路地で出会った。保育士達は壁に背を押し付けて、消え入ろうとしている私を見てニヤリとした。そして私は反対の方向に急ぎ去った。
しかし日曜には、子供達は皆、家にいるはずだ。
財布と買い物袋と、集めた缶と瓶を持って、私は部屋を出て、重い金属のドアに鍵をかけて外に出た。私の部屋は最上階にあり、駐車場の階までには3階分の階段を下る必要がある。登り降りする人に出会うことはほとんどない。ここ数年の間、このマンションには外国人が多く住むようになっている。近所の英会話教室のイギリス人講師達、韓国人聖職者達、そして時には遊園地のパフォーマー。そうした人達がそれほど長く住むことはない。私の部屋は、私の勤めるオフィスで秘書をしていた人の家だったのだが、彼女が結婚して出ていく時に、私に賃貸を申し出てくれたのだ。それが5年前のこと。今では私はこのマンション一番の古株の住人である。
ゴミ置き場は酷い状態だ。瓶やプラスチックの種類別に、何を入れる容器なのか、はっきりと書かれているにもかかわらず、そしてゴミ収集日のカレンダーが投函されているにもかかわらず、他の住人は好きな時、好きな場所にゴミを棄てていく。私は自分の缶と瓶を正しい容器に入れ、他のゴミ袋を足でそれぞれの場所に移動させようとする。別の種類のゴミを一つの袋に入れる住人もいるので、私のこのちょっとした努力で、この散らかり放題が片付くというわけではない。ゴミを収集に来る人に申し訳ない。彼らはゴミを一つ一つ分別しなければならないのだ。

【解答例】

(A) レストランのテーブルソルトを補充したり、デパートのシャツを整然と並べたり、ATMの現金を管理したり、ホテルの部屋のタオルを交換するといった、ある状態を維持するために、人知れず繰り返されている仕事。

(B) 筆者のボーイフレンドが東京の洋服店で私への誕生日プレゼントを買った時、それがありふれたレインコートと帽子であるにもかかわらず、一点ものの特別な品であるかのように女性店員が偽りの説明をした可能性があるということ。

(C) whose task it is to sort the pieces

(D)

(ア)
(26) h
(27) g
(28) a
(29) e
(30) c
(31) d
(イ)
(32) d
(ウ)
(33) b

【解説】

*まずはしっかりと和訳できることが大前提です。「ざっくりと文意をつかめばよい」というような読み方は、東大受験では通用しません。テスト本番で分からない部分を想像で補うのは仕方ないにしても、基本的に全ての文を正確に(かつ速く)読む必要があります。

【A】 レストランのテーブルソルトを補充したり、デパートのシャツを整然と並べたり、ATMの現金を管理したり、ホテルの部屋のタオルを交換するといった、ある状態を維持するために、人知れず繰り返されている仕事。


【B】 筆者のボーイフレンドが東京の洋服店で私への誕生日プレゼントを買った時、それがありふれたレインコートと帽子であるにもかかわらず、一点ものの特別な品であるかのように女性店員が偽りの説明をした可能性があるということ。

【C】 is it pieces sort task the to whose

*【D】のアについて → 選択肢に並んでいるのが全て過去分詞(過去形)なので、文法的には区別が付きにくい。また選択肢の単語自体は簡単で意味が分からない生徒はいないはずである。つまり空欄の含まれる文の意味が分かっているかを問う問題である。

【D ア(26)】 h) surrounded

【D ア(27)】 g) repeated

【D ア(28)】 a) chosen

【D ア(29)】 e) organized

こちらも文脈を理解することが正解を導く近道になる。『私』は秘書の仕事をしている。それは退屈な仕事であるが、私はそれを上手くこなしている。その具体例が述べられる部分である。『必要なものが整理されて、すぐに使用できる状態にしておく』という仕事なのであるから、e) organisedが正解となる。

【D ア(30)】 c) horrified

【D ア(31)】 d) occupied

【D イ(32)】 d) faithful

【D ウ(33)】 b) The author focuses on the necessary labor which is done unnoticed.

(Visited 741 times, 1 visits today)
Share this Post

2 Comments

  1. Besides the cans and bottles, there are the containers of takeout yakisobaの訳は、「…の隣に」ではなくて、「…の他に」ではないでしょうか?もしくは、英文が「Besides」ではなくて「Beside」ではないでしょうか?

  2. and though you’re as gentle as can be lifting the shirts. は、you’re as gentle as (you) can be (when you are) lifting the shirts. (そのシャツを運ぶ際に、あなたはこの上もなく丁寧である。)と解釈すれば宜しいのでしょうか?

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)