東大過去問 2005年 第1問(要約)

/ 2月 23, 2020/ 東大過去問, 第1問(要約), 過去問/ 1 comments

【問題】

次の英文の内容を、60〜70字の日本語に要約せよ。句読点も字数に含める。

We are only born with so much natural rhythm and harmony, and we have to search for and develop ways of maintaining both. My fifty years of experience in teaching and encouraging top sports people have made me realize that total harmony in movement should resemble a fish in water — one shake of its tail and off it goes, changing pace and direction with ease. Minimum effort is applied, but maximum results are achieved.
All the great heroes in the history of sport — Pele, Muhammad Ali, Bjorn Borg — started each movement with rhythm and fluency. They did not move suddenly from a dead stop: they were thinking sway-and-flow, not start-and-run. They had developed what might be called high-level awareness, which is an absolute necessity for any athlete who wants to reach the top of their profession.
We all know that nerves and tension can cause bad movements and errors, but these can be minimized by developing a lifestyle around this high-level awareness. You must focus the body and make it aware, as you would your fingers that were about to pick something up. Your whole body, like your fingers, must be sensitive to its position in space. Gradually, you will develop your own sense of rhythm, and this will show up in better and more consistent performance.

 

【単語】

 

 

【和訳】

私達は先天的なリズムとハーモニーの両方を持って生まれてくる。そしてそれを維持する方法を探し、発展させなければならない。私は50年間トップクラスのスポーツ選手を指導して来て、動作の完全なハーモニーは水中の魚のようなものでなければならないと気が付いた。魚は尾の一振りだけで、スピードと方向を簡単に変えながら進んでいく。最大限の力を振り絞っても、最高の結果は得られないのである。
スポーツの歴史における偉大な英雄達、、ペレやモハメド・アリやビョーン・ボルグ、、彼らは皆、リズムにのって、滑らかに一つ一つの動作を開始していた。完全な停止から突然動き出す事はしなかった。彼らは揺れて流れる事を考えていたのであり、止まって走る事を考えていたのではなかった。彼らは高レベルの自己意識とでも呼ぶべきものを発達させていた。それは自分の専門でトップになろうとするスポーツ選手ならば、絶対に欠かせないものである。
緊張や神経過敏が、誤った動作やミスの原因となる事は誰もが知っている。しかしこれらは、高レベルの自己意識に基づいた生活を発展させる事で、最小限に減らす事ができる。自分の体に注目し、意識しなければならない。指で何かをつまみ上げようとする時にはそうやってきたはずである。指に対してするように、体全体の空間における配置に敏感にならなければならない。徐々に自分のリズムの感覚が研ぎ澄まされてきて、それは今までより良い、しかも安定した結果として現れるはずだ。
 

【要約】

一流のスポーツ選手になるためには、力を抜いて滑らかに動き、体全体の空間における配置に集中する事で、動作の調和とリズムを磨かねばならない。(68字)

(Visited 1,683 times, 4 visits today)
Share this Post

1 Comment

  1. 身体能力を最も効率的に発揮するためには、体の動きに全意識を集中し、緊張をなくして、リズミカルに無駄なく体を動かすことが必要だ。(63字)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)