東大過去問 1991年 第1問(要約)

/ 2月 20, 2020/ 東大過去問, 第1問(要約), 過去問/ 1 comments

【問題】

次の英文を60〜80字の日本語に要約せよ。ただし、句読点も字数に数える。

My local newspaper recently ran a feature article headlined, “The Great American Bag Race,” which I found both interesting and amusing in ways that neither the author nor the editor probably intended. The subject was the relative merits of paper and plastic grocery bags; the discussion included the reasons why many customers and grocers vehemently prefer one or the other, and the fierce economic competition between manufacturers of both.
Just a few years ago, practically all grocery stores in this country routinely stuffed a customer’s groceries into paper bags. In the early Eighties, plastic bags began to replace them in some places. By the time I sat down to write this, the two competitors were running neck and neck, with roughly equal numbers of paper and plastic bags in use.
The article I mentioned reached no clear conclusion about which kind of bag was better overall, but it made clear that both kinds of bags contribute to the problems of resource consumption and solid waste disposal. The difference between them in terms of environmental impact is one of degree — and, when you come right down to it, pretty trivial. Ironically, neither the author nor anyone quoted in the article even hinted that there might be another option that offers much more significant advantages over either kind of bag.

 

【単語】

 

 

【和訳】

わたしの購読している地方新聞は「アメリカの壮絶な袋競争」と題した特集記事を掲載した。おそらく記者も編集者も考えていなかった風に、わたしはその記事に興味をひかれたし、面白さを感じたのである。その記事のテーマは紙とプラスチックの買い物袋のどちらがより良いかというものだった。議論の中では、なぜ消費者や食料品販売者がどちらか一方を熱烈に指示するのかという理由や、両方の製造者の激しい経済的な競争について述べられていた。
ほんの数年前、実質的にこの国の全ての食料品店は、客の食料品を常に紙袋につめていた。80年代の始め、一部でプラスチックの袋がそれに取って替わり始めた。私がこの文章を書いている時までには、この2つの競争勢力はほとんど差がない状態で並走しており、紙袋とプラスチックの使用数はおおよそ同じになっている。
私が上で述べた記事は、総合的にどちらの種類の袋が優れているのかについて、明白な結論には至っていなかった。しかしどちらの種類の袋も資源の浪費と固形ゴミ処分の問題の一因となっている、ということは明白に書かれていた。環境に与える影響という点に関しては両者の違いは、程度の問題なのである。そして、あえて言えば、その程度の差とはほんの些細なものなのである。皮肉なことに、記者も、記事に引用されている他のどんな人も、どちらの袋よりもずっと利点のあるもう1つの可能性については、少しも触れていないのである。

 

【要約】

新聞に紙袋とプラスチック袋のどちらが良いのかについての熱心な議論が掲載されていたが、環境に最も良い、どちらも使用しないという選択肢には触れられていなかった。(78字)

(Visited 1,241 times, 6 visits today)
Share this Post

1 Comment

  1. 最近地元紙に掲載された紙袋とビニール袋のどちらがより環境に良いかという特集には明確な結論がなかったうえ、両者以外のより有利な選択肢に触れていなかった。(75字)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)