東大過去問 2016年 第4問(和訳)

/ 2月 8, 2020/ 東大過去問, 第4問(和約), 過去問/ 0 comments

【問題】

次の英文を読み、下線部①、②、③を和訳せよ。

 

News reports from Afghanistan in the 1990s tended to portray little more than a ruined place, destroyed by extremist military groups. Such images were rarely balanced by insights into ordinary life. Countries at war are described by reporters who tend, especially in dangerous places, to stay together, reporting only on isolated events. In Kabul, visiting television crews invariably asked to be taken to the worst-hit parts of the city; one reporter even described Kabul as “ninety percent destroyed.”
Wars complicate matters: there is a terrible fascination to war which tends to overshadow less dramatic news. Conflict is a notoriously difficult thing to convey accurately. Fighting comes and goes, and modern conflicts move with an unpredictable will of their own. Key battles are fought overnight and absorbed into the landscape. Even a so-called war zone is not necessarily a dangerous place: seldom is a war as comprehensive as the majority of reports suggests.
Yet there was a deeper obstacle to describing the place: Afghanistan was, to outsiders, a broken mirror, yielding an image as broad or narrow as the observer’s gaze. Even in peacetime Afghanistan had been open to outsiders for only a brief interval, a forgotten period from the 1960s until the 1970s. It had never been a single nation but a historically improbable mixture of races and cultures, each with its own treasures of customs, languages and visions of the world.

 

【単語】

 

 

【和訳】

1990年代のアフガニスタンからのニュース報道といえば、過激派軍事組織によって破壊された廃墟を描写するだけである事が多かった。こうした映像は日常生活への洞察とのバランスがほとんど取られていなかった。戦時下の国々というものは、危険な地域においてはとりわけ一箇所に寄り添う傾向にあり、その結果隔絶された事変についてのみ報道する記者達によって、語られることになる。カブールでは、訪れたテレビクルーは必ず、市街の最も被害の大きな地区に連れて行ってもらいたいと頼んだ。あるレポーターはカブールが「90%破壊されている」とまで述べた。
戦争は物事を複雑化する。戦争は恐ろしく魅惑的であり、ドラマチックでないニュースの印象を薄くしてしまう。紛争は、周知の通り、正確に伝えるのが難しい。戦闘は散発的なものであるし、現代的な紛争はそれ自身の予測不能な意思によって激動する。主要な戦闘は一夜にして終わり、風景に吸収されてしまう。いわゆる戦闘地域でさえも、必ずしも危険な場所ではない。戦争は、多くの報道が示唆するほど広範囲にわたることはほとんどないのである。
しかし、この地について述べることを難しくしている、より深い障害があった。アフガニスタンはよそ者にとって割れた鏡のようなものだった。観察者の眼差しと同様に広くも狭くもなる。アフガニスタンは平和な時ですら、よそ者に対して僅かな期間しか開かれていなかった。1960年代から1970年代の忘れられた時期である。アフガニスタンは統一されたことがなかったが、歴史上まれに見るほどの、人種と文化の混交であり、そのそれぞれが独自の文化と言語と世界観という宝物を持っていたのである。

 

(Visited 1,031 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)