東大過去問 2010年 第5問(総合)

/ 5月 21, 2020/ 東大過去問, 第5問(総合)/ 0 comments

【問題文】

次の文章は、William Porterという人物の伝記の一部である。これを読んで以下の問いに答えよ。
 
When William Porter left Houston, never to return, he left because he was ordered to come immediately to Austin and stand trial for stealing funds while working at the First National Bank of Austin.
Had he gone he would certainly have been declared innocent. “A ( 1 ) of circumstances” is the judgement of the people in Austin who followed the trial most closely. Not one of them, so far as I could learn after many interviews, believed him guilty of doing anything wrong. It was well known that the bank, (2)long since closed, was terribly managed. Its customers, following an old practice, used to enter, go behind the counter, take out one hundred or two hundred dollars, and say a week later: “Porter, I took out two hundred dollars last week. See if I left a note about it. (3)I meant to.” It was impossible to keep track of the bank’s money. The affairs of the bank were managed so loosely that Porter’s predecessor was driven to retirement, his successor to attempted suicide.
There can be no doubt that Porter boarded the train at Houston with the intention of going to Austin. I imagine that he even felt a certain sense of relief that the trial, which had hung as a heavy weight around his neck, was at last to take place, and his innocence publicly declared. His friends were confident of his innocence. (4)If even one of them had been with Porter, all would have been different. But when the train reached Hempstead, about a third of the way to Austin, Porter had had time to imagine the scenes of the trial, to picture himself a prisoner, to look into the future and see himself marked with suspicion. (5)His imagination outran his reason, and when the night train passed Hempstead on the way to New Orleans, Porter was on it.
His mind seems to have been fully made up. He was not merely saving himself and his family from a public shame, he was going to start life over again in a new place. His knowledge of Spanish and his ignorance of Honduras made the little Central American republic seem just the place to escape to. His letters to his wife from Honduras show that he had determined to make Central America their home, and that a school had already been selected for the education of their daughter.
How long Porter remained in New Orleans, on his way to Honduras, is not known. It is probable that he merely passed through New Orleans on his way to Honduras and took the first available boat for the Honduran coast, arriving at Puerto Cortez or Trujillo. At any rate, he was in Trujillo and was standing at the dock when he saw a man in a worn dress suit step from a newly arrived boat. “Why did you leave so hurriedly?” asked Porter. “Perhaps for the same reason as yourself,” replied the stranger. “What is your destination?” inquired Porter. “I left America to keep away from (6)my destination” was the reply.
The stranger was Al Jennings, the leader of one of the worst gangs of train robbers that ever existed in the American Southwest. He and his brother Frank had chartered a boat in Galveston, and the departure had been so ( 7 ) their dress suits and high hats for plainer clothing. Jennings and his brother had no thought of continuing their career of ( 8 ) in Latin America. They were merely putting distance between them and the detectives already on their trail. Porter joined them and together they circled the entire coast of South America. This was Porter’s longest voyage and certainly the strangest.
In these wanderings together Jennings probably saw deeper into one side of Porter’s life than anyone else had ever seen. In a letter to a friend, he writes: “Porter was to most men a difficult character but when men have gone hungry together, eaten together, and looked death in the face and laughed, it may be said they have ( 9 ) each other. Again, there is no period in a man’s life that shows his unique characteristics so much as terrible hunger. I have known that with our friend and could find no fault. If the world could only know him as I knew him, the search light of investigation could be turned on his beautiful soul and find it as spotless as a beam of sunlight after the storm-cloud had passed.”
Porter’s letters to his wife came regularly after the first three weeks. The letters were enclosed in envelopes directed to Mr. Louis Kreisle, in Austin, who handed them to porter’s wife. “Mrs. Porter used to read me selections from her husband’s letters,” said Mrs. Kreisle. ” They told of his plans to bring Mrs. Porter and Margaret to whims soon as he was settled. He had a hard time but his letters were cheerful and hopeful and full of ( 10a ) for his wife. Mrs. Porter’s parents were, of course, willing to provide for her and Margaret but she did not want to be dependent. She said she did not know how long they would be separated, so she planned to do something to earn some money. She began taking a course in a business college but ( 10b ) interfered. When Christmas came she made a lace handkerchief, sold it for twenty-five dollars, and sent her husband a box containing his overcoat, fine perfumes, and many other delicacies. I never saw such ( 10c ). The only day she remained in bed was the day she died.”
Porter did not know till a month later that this box was packed by Mrs. Porter when her temperature was 104°F (40℃) . As soon as he learned it, he gave up all ( 10d ) of a Latin American home and started for Austin, determined to give himself up and to take whatever punishment fate or the courts had in store for him.
   * From O. Henry Biography by Charles Alphonso Smith, Kessinger Publishing
 

【問題】

(1) 空所( 1 )を埋めるのに最も適切な単語を次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア victim
イ nature
ウ creature
エ punishment

(2) 下線部(2)の言い換えとして最も適切な表現を次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア as long as it was closed
イ which had been closed at long last
ウ which had been closed for a long time
エ because it had been closed a long time ago

(3) 下線部(3)の意味として最も適切なものを次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア 確かな記憶がある。
イ よく調べてもらいたい。
ウ そのつもりだったが、忘れたかもしれない。
エ そういう意味だったので、誤解しないでほしい。

(4) 下線部(4)を和訳せよ。ただし、themとallが意味する内容を明らかにすること。

(5) 下線部(5)に描かれているPorterの心理について、最もよく当てはまるものを一つ選び、その記号を記せ。

ア He was afraid of the trial even though he thought that he was likely to be declared innocent.
イ He was afraid of the trial because he had reason to believe that his guilt would be apparent.
ウ He was afraid of the trial even though he couldn’t remember why he had stolen funds from the bank.
エ He was afraid of the trial because people wouldn’t understand his reasons for stealing funds from the bank.

(6) 下線部(6)は具体的に何を指すと考えられるか。最も適切なものを次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア prison
イ robbery
ウ the bank
エ his home

(7) 下に与えられた語を正しい順に並び替え、空所( 7 )を埋めるのに最も適切な表現を完成させよ。ただし、下の語群には、不要な語が一つ含まれている。

exchange, had, had, not, sudden, they, time, to, with

(8) 空所( 8 )を埋めるのに最も適切な単語を次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア crime
イ travel
ウ escape
エ finance

(9) 空所( 9 )を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア no use for
イ knowledge of
ウ despaired for
エ worried about

(10) 空所( 10a )〜( 10d )を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから選び、それぞれの記号を記せ。同じ記号は一度しか使えない。

ア hope
イ affection
ウ ill health
エ willpower  

 

【和訳】

ウィリアム・ポーターはヒューストンを発ち、二度と戻ることはなかった。彼がヒューストンを離れたのは、すぐにオースティンに来て、裁判を受けるよう命令を受けたためだった。オースティン第一国立銀行で働いていた時に資金を詐取した容疑であった。
もしも彼が裁判に出席していたら、間違いなく無罪を宣告されただろう。その裁判の行方に、特に関心を払っていたオースティンの人々は、「彼は状況の犠牲者」なのだと考えた。私が多くの人に話を聞き、知りえた限りでは、誰一人として彼の有罪を信じる者はいなかった。倒産して久しいその銀行は、酷い経営状況であったことが広く知られていた。その顧客は、昔からのやり方に則って、店に入り、カウンターの裏から100ドルか200ドルを持ち出しすと、1週間後にこんな風に言うのだった。「ポーター、僕は先週200ドル引き出したよ。僕は書類を残したっけ?残していった気がするんだけど」これでは出納記録を残すことは不可能である。この銀行の業務は極めて杜撰に行われていたために、ポーターの前任者は退職を余儀なくされ、彼の後任は自殺未遂を起こすほどだった。
ポーターがオースティンへ向かおうとして、ヒューストンから電車に乗ったことは間違いない。彼はむしろ安堵していたのではないだろうか。彼を不安にさせる、重い首枷となってきた裁判が、やっと開かれて、彼の無実が公的に宣言されるのだから。彼の友人達は、彼の無実を信じていた。そのうちのたとえ1人でも、ポーターの側にいたならば、その後の成り行きは全く違っていただろう。しかし列車が、オースティンまでの道程の3分の1ほどの町、ヘムステッドに到着するまでに、ポーターは裁判の光景を想像し、囚人となった自身の様子を思い描き、未来を検討し、疑惑の目を向けられる自身の姿に思いを巡らせた。彼の想像力は理性を凌駕した。そしてニューオーリンズ行きの夜行列車がヘムステッドを通りかかった時、彼はそれに乗ってしまった。
彼の決心は完全に固まっていたように思える。彼は自分と家族が、公然と辱められる事を避け、新天地で新たな人生を再開するつもりだったのである。彼はスペイン語が話せた上、ホンジュラスという国については無知だったために、その中米の小国が、逃亡先に好都合だと考えた。ホンジュラスから妻に宛てた彼の手紙には、中米で暮らしていこうと決心したこと、娘の教育のための学校をすでに選んだことが書かれていた。
ポーターが、ホンジュラスへ向かう途中で、どの程度の期間ニューオーリンズに留まっていたのかは知られていない。ニューオーリンズは単なる経由地であり、ホンジュラスの海岸行きのボートが確保でき次第、それに乗って、プエルト・コルテスかトルヒーリョに向かった可能性も高い。いずれにしても、彼はトルヒーリョに着き、船着場に立っていた。そして新たに到着したボートからくたびれたドレススーツの男が下船してくるのを見かけた。「なぜそんなに急いでいるのですか?」ポーターは尋ねた。「おそらくあなたと同じ理由ですよ」とその見知らぬ男は答えた。「行先は?」とポーターは尋ねた。「私の行くべき場所から逃れるためにアメリカを離れたんですよ」とその男は答えた。
その見知らぬ男はアル・ジェニングスといい、アメリカ南西部を拠点とする凶悪な列車強盗ギャングのボスだった。彼と彼の弟のフランクは、ガルベストンでボートをチャーターしたのだが、出発があまりに急だったために、ドレススーツとシルクハットを、普通の服装に着替える暇がなかったのである。ジェニングスとフランクは、ラテンアメリカで犯罪を続けようと考えていたわけではなかった。彼らはただ、自分達を追跡し始めていた刑事達から、逃れようとしていただけだった。ポーターは彼らと行動を共にするようになり、南アメリカの海岸全体を流れ歩いた。これはポーターにとって、最も長く、間違いなく最も奇妙な旅だった。
こうして放浪生活を共にする中で、ジェニングスは、ポーターという人間の人生の一面を、他の誰よりも深く見つめたのだろう。ある友人への手紙の中で、ジェニングスは次のように書いている。「たいていの人間にとって、ポーターの性格は理解しづらいだろうが、男というものは、共に飢え、共に食べ、死に直面し、そして笑い合えば、既に互いを理解し合っていると言っていい。何と言っても、人生の中で、酷く腹が減った時ほど、そいつの本性が露わになる時はないから。俺はポーターの本質はもう理解しているし、彼は全く欠点のないやつなんだ。もしも俺と同程度に、世間がやつのことをよく理解しているなら、捜査のサーチライトはやつの美しい魂に向けられるだろうし、そうすればその魂が、台風一過の陽光のように、一点の曇りもないってことが分かるだろう」
妻に対するポーターの手紙は、最初の3週間が経過した後は、定期的に届けられた。その手紙は、オースティンのルイス・クライスルに宛てた封筒で郵送され、彼がそれをポーターの妻に手渡した。「ポーター夫人は、旦那様からの手紙を選りすぐって、私に読み聞かせてくれたものです」とクライスル夫人は言った。「彼の手紙には、落ち着いたらできるだけ早く夫人とマーガレットを呼び寄せるつもりだと、書かれていました。彼の生活は過酷なものでしたが、その手紙は陽気で、希望に満ち、夫人への愛が溢れていました。ポーター夫人のご両親は、当然のことながら、彼女とマーガレットの面倒を見るつもりでしたが、彼女は世話になろうとはしませんでした。彼女は、夫とどのくらい離ればなれになるか分からないから、いくらか稼ぐために、何か仕事をするつもりだと言っていました。彼女は経済の専門学校で学び始めましたが、体調を崩して辞めることになりました。クリスマスがやって来たとき、彼女はレースのハンカチを編んで、25ドルでそれを売り、オーバーコートと良い香水と、他にも美味しいお菓子を詰め合わせて、夫に送りました。私はあれほどの意思の強さを見たことがありません。彼女がベッドでグズグズしていたのは、彼女が亡くなった日だけでした」
その贈り物を詰めた時、彼女は40度もの熱を出していた、ということをポーターを知ったのは、1ヶ月も後のことだった。それを知った時、彼は南米での希望を全て投げ出して、オースティンに向けて出発した。自身の事は諦め、運命と法廷が彼に準備している罰は、いかなるものでも受け入れようと決意してのことだった。
 

【解答】

(1)
(2)
(3)
(4) その友人達のうちのたとえ1人でも、ポーターと共にいたら、その後の成り行きは全く違っていただろう。
(5)
(6)
(7) sudden they had not had time to exchange
(8)
(9)
(10) a イ
  b ウ
  c エ
  d ア
(Visited 1,055 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)