東大過去問 2009年 第5問(総合)

/ 5月 20, 2020/ 東大過去問, 第5問(総合)/ 0 comments

【問題文】

次の文章を読み、以下の問いに答えよ。

When people hear that I’m writing an article about the way human beings deceive each other, they’re quick to tell me how to catch a liar. Liars always look to the left, several friends say; liars always cover their mouths, says a man sitting next to me on a plane. Beliefs about ( 1 ) are numerous and often contradictory. Liars can be detected because they move a lot, keep very still, cross their legs, cross their arms, look up, look down, make eye contact or fail to make eye contact. Freud thought anyone could spot people who are lying by paying close enough attention to the way they move their fingers. Nietzsche wrote that “the mouth may lie, but the face it makes nonetheless tells the truth.”
Most people think they’re good at spotting liars, but studies show otherwise. It is wrong to expect that professionally trained people will have the ability to detect liars with accuracy. In general, even professional lie-catchers, like judges and customs officials, perform, when tested, ( 2 ). In other words, even the experts would have been right almost as often if they had just tossed a coin.
Just as it is hard to decide who is lying and who is not, it is also much more difficult ( 3 ) tell what is a lie and what is not. “Everybody lies,” Mark Twain wrote, “every day; every hour; awake; asleep; in his dreams; in his joy; in his grief.”
First, there are the lies which consist of not saying something. You go out to dinner with your sister and her handsome boyfriend, and you find him utterly unpleasant. When you and your sister discuss the evening later, isn’t it a lie for you to talk about the restaurant and not about the boyfriend? What if you talk about his good looks and not about his offensive personality?
Then there are lies which consist of saying something you know to be false. Many of these are harmless lies that allow us to get along with one another. When you receive a gift you can’t use, or are invited to lunch with a co-worker you dislike, you’re likely to say, “Thank you, it’s perfect” or “I wish I could, but I have a dentist’s appointment,” rather than speak (4)the harsher truth.There are the lies we teach our children to tell; we call them manners. Even our automatic response of “Fine” to a neighbor’s equally mechanical “How are you?” is often, when you get right down to it, a lie.
More serious lies can have a range of motives and implications; for example, lying about a rival’s behavior in order to get him fired. But in other cases, not every lie is one that needs to be uncovered. We humans are active, creative animals who (5)can represent what exists as if it did not, and what doesn’t exist as if it did. Concealment, indirectness, silence, outright lying ー all contribute to the peace-keeping of the human community.
Learning to lie is an important part of growing up. What makes children able to start telling lies, usually at about age three or four, is that they have begun developing a theory of mind, the idea that what goes on in their heads is different from what goes on in other people’s heads. With their first lie to their parents, the power balance shifts a little: they now know something their parents don’t know. With each new lie (6)they gain a bit more power over the people who believe them. After a while, the ability to lie becomes just another part of their emotional landscape.
Lying is just so ordinary, so much a part of our everyday lives and everyday conversations, that we hardly notice it. The fact is that in many cases it would be more difficult, challenging and stressful for people to tell the truth than to lie. Can’t we say that deceiving is, ( 7 ), one characteristic associated with the evolution of higher intelligence?
At present, attempts are being made by the US Federal Government to develop an efficient machine for “credibility assessment,” ( 8 ), a perfect lie detector, as a means to improve the nation’s security level in its “war on terrorism.” This quest to make the country safer, however, may have implications for our everyday lives in the most unexpected ways. How will the newly developed device be able to tell which are truly dangerous lies and which are lies that are harmless and kind-hearted, or (9)self-serving without being dangerous? What happens if one day we find ourselves with instruments that can detect untruth not only in the struggle against terrorism but also in situations that have little to do with national security: job interviews, tax inspections, classrooms, bedrooms?
A perfect lie-detection device would turn our lives upside down. Before long, we would stop speaking to each other, television would be abolished, politicians would be arrested and civilization would come to a halt. It would be a mistake to bring such a device too rapidly to market, before considering what might happen not only if it didn’t work ー (10)which is the kind of risk we’re accustomed to thinking about ー but also what might happen if it did. Worse than living in a world filled with uncertainty, in which we can never know for sure who is lying to whom, might be to live in a world filled with certainty about where the lies are, thus forcing us to tell one another nothing but the truth.

 

【問題】

(1) 空所(1)を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア why people lie
イ the timing of lying
ウ what lying looks like
エ the kinds of lies people tell

(2) 空所(2)を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア as accurately as expected
イ not much better than chance
ウ somewhat worse than average
エ far better than non-professionals

(3) 下に与えられた語を正しい順に並べ替え、空所(3)を埋めるのに最も適切な表現を完成させよ。ただし、下の語群には、不要な語が一つ含まれている。

look,  tend, than,  think,  to,  to,  we

(4) 下線部(4)の意味内容として最も近いものを次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア how you really feel
イ the lies children tell
ウ a visit to the dentist
エ why you don’t like lunch

(5) 下線部(5)を和訳せよ。

(6) 下線部(6)の意味内容として最も近いものを次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア They become less dependent on others.
イ They learn more clearly to tell right from wrong.
ウ They realize that their parents are just like other people.
エ They understand that they are being encouraged to learn how to lie.

(7) 空所(7)を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア in vain
イ after all
ウ in no way
エ by contrast

(8) 空所(8)を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア all the same
イ by all means
ウ in other words
エ on the other hand

(9) 下線部(9)で説明されているliesはこの文脈では何を意味するか。次のうちから最も適切なものを1つ選び、その記号を記せ。

ア 自分にとっては安全で使いやすい嘘
イ 自動的に出てくる、たわいのない嘘
ウ 自己犠牲を必要とする割に無難な嘘
エ 利己的だが、国家にとって安全な嘘

(10) 下線部(10)で説明されているriskとは、この場合どのようなものか。15~20字の日本語で具体的に説明せよ。

(11) 以下は筆者の見解をまとめたものである。空所(a)~(d)を埋めるのに最も適切な語を下の語群から選び、必要に応じて適切な形にして記せ。同じ語は一度しか使えない。

As human beings, we cannot ( a ) lying at times. Indeed, sometimes lying ( b ) people from unnecessary confrontation. In many cases, peace in human society is ( c ) because not all the truth is ( d ).

avoid, invite, maintain, protect, reveal, struggle

【和訳】

人間がお互いを騙すためにどのような手段を取るか、ということについて私が記事を書いているのだと聞くと、多くの人がよろこんで、嘘つきを見破り方を教えてくれる。何人かの友人は、嘘つきはいつも左を向いていると言うし、飛行機の隣に乗り合わせた男性は、嘘つきはいつも口を手で隠していると言う。嘘つきの外見についての俗信は無数にあり、時として互いに矛盾している。曰く、嘘つきは落ち着かないから、全く動かないから、脚を組んでいるから、腕を組んでいるから、上を見ているから、下を見ているから、目を合わせるから、目を合わせようとしないから、という理由で見破れるというのである。フロイトは、指の動きをつぶさに観察すれば、誰でも嘘つきを見破ることが出来ると考えていた。ニーチェは『口は嘘をつくかもしれない。だがそれでも顔は嘘をつけない』と書いている。
嘘を見破るのが得意だと自認する人は多いが、研究は別の結論を示している。専門的な訓練を受けた人は嘘つきを正確に見抜くことが出来る、と考えるのは誤りである。一般的に言って、裁判官や税関の職員のような嘘を見破るプロであっても、実験をすれば、偶然に任せるのとほとんど変わらない。言い換えれば、専門家でさえ、単にコイントスで決めるのと、正答率がほとんど変わらなかっただろうということだ。
誰が嘘をついていて、誰が嘘をついていないかを見破るのも難しいが、何が嘘で、何が嘘でないかを見破るのは、私達が一般に考えているよりも、ずっと難しいものである。『誰もが嘘をつく』とマーク・トウェインは書いた。『毎日、毎時間、起きていても、寝ていても、夢の中でも、嬉しくても、悲しくても』
1つには、何かを言わないことで成り立つ嘘がある。例えばあなたが、妹とそのハンサムなボーイフレンドを連れてディナーに出かけ、彼のことをいけ好かない男だと感じたとする。後になってあなたと妹が、その晩のことを話した時に、レストランについて感想を述べるだけで、彼について触れなかったとしたら、それは嘘をついたことになるのではないだろうか。彼の外見の良さについてだけ述べて、彼の攻撃的な性格について触れなかった場合はどうだろうか。
次に、間違いだと知っている事柄を口にすることで成り立つ嘘もある。これらの多くは、他人と上手く付き合うために必要な、害のない嘘である。例えばあなたが要らないプレゼントを貰った時、あるいは嫌いな同僚からランチに誘われた時、あなたは辛辣な真実をそのまま伝えるのではなく、きっとこんな風に言うだろう。「ありがとう、素晴らしいプレゼントだよ」「そうしたいんだけど、歯医者の予約が入っているんだ」子供達に嘘をつくよう教えることもある。それは我々がマナーと呼ぶものである。隣人が機械的に「How are you?」と尋ねた時に、こちらもまた無意識に「fine」と応じるようなやりとりも、突き詰めれば、大体嘘である。
もっとシリアスな嘘というものも存在し、それには様々な動機や意図がある。例えば、ライバルの行動について嘘をついて、その人がクビになるように仕向ける、といったものである。しかし、そうした場合以外では、全ての嘘が暴かれねばならないわけではない。我々人間は、存在するものをしないかのように、そして存在しないものをするかのように表現できる、アクティブで創造的な生き物である。隠し事をしたり、遠回しな言動をしたり、沈黙したり、公然と嘘をついたり・・・こういったことは全て、人間社会の平和維持に貢献しているのである。
嘘をつくことを学ぶのは、成長の重要な過程である。子供が3歳か4歳くらいの頃に嘘をつき始めるのは、自分の頭の中で起きていることは他人の頭の中で起きていることと異なるのだという考え、言い換えれば、思考というものの原理を理解し始めているからである。そして両親に対して初めての嘘をついた時に、親子のパワーバランスが微妙に変化する。というのも今や、親の知らない何かを子供が知っている、という事態が始まったからである。新しい嘘を1つつく度に、子供達は、彼らを信じる人々に対して、少しずつ力を増大させていくのである。しばらくすると、嘘をつく能力は、彼らの感情的な総体のほんの一部でしかなくなる。
嘘をつくことはあまりにも普通で、私達の日常生活と日常の会話の多くを占めているので、なかなかそれに気付かない。実際問題として、嘘をつくよりも本当のことを言う方が難しく、面倒で、煩わしいという場合が多い。結局、人を騙すことは、より高い知能への進化と結び付いた、1つの特性と言って良いのではないだろうか。
目下、アメリカ連邦政府が、『信頼査定』を効率良く行うことのできる装置を開発しようとする試みている。言い換えれば、それは完璧な嘘発見器であり、『対テロ戦争』における国家のセキュリティレベルを引き上げる1つの手段である。しかし、国を安全にするためのこの試みは、全く予期していなかった形で、私達の日常生活に影響を及ぼすかもしれない。その新しく開発された装置は、本当に危険な嘘と、親切心から生まれた害のない嘘、あるいは利己的ではあるが危険性のない嘘とをどのように見分けるのだろうか。いつかテロ対策としてだけでなく、国家の安全保障とほとんど関係のない状況、つまり仕事の面接や税務調査や学校や男女関係において、真実でないことを見抜く装置が使われるようになったら、一体どうなるだろう。
完璧な嘘発見器は、我々の生活を完全に変えてしまうだろう。すぐに私達は会話をしなくなり、テレビはなくなり、政治家は逮捕され、文明そのものが停止するだろう。このような装置は、それがうまく作動しなかった時のことだけでなく(そうしたリスクについて考えることに我々は慣れている)、うまく作動した時のことまで考えた上でなければ、性急に市場に出すべきではない。誰が誰に嘘をついているのか決して分からない、不確実性満ちた世界に生きるよりも、どこに嘘が存在するかが瞭然であるために、互いに真実しか話せなくなってしまう世界に生きる方が、困難かもしれない。
 

【解答】

(1)
(2)
(3) than we tend to think to
(4)
(5) 存在するものをしないかのように、そして存在しないものをするかのように表現できる
(6)
(7)
(8)
(9)
(10) 導入した装置がうまく機能しない危険性。
(11) (a) avoid
  (b) protects
  (c) maintained
  (c) revealed
(Visited 1,169 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)