東大過去問 2007年 第5問(総合)

/ 5月 15, 2020/ 東大過去問, 第5問(総合)/ 0 comments

【問題文】

次の短編小説を読み、以下の問いに答えよ。

BACK HOME
 
Rebecca’s mother was standing outside the bus station when the bus arrived. It was seven thirty-five on Sunday morning. She looked tired. “How was the ride?” she asked.
“I didn’t fall asleep until we go to Ohio,” Rebecca replied. She had come by overnight bus from New York City. The familiar smells of the early Michigan summer filled the air as they walked to her mother’s car. “But I’m okay.”
Rebecca looked out the window as her mother drove the dozen blocks back to the house. The town was nearly deserted. Along Main Street, a discount shoe store stood where the department store used to be, and the drugstore had become a laundry. But on Lincoln Ave., the fast-food places ー Bonus Burger, Pizza Delight, Taco Time ー were ( 1 ), as were the houses on Willow, the street where Rebecca had grown up. Only the house two doors down from her mother’s looked different.
“What happened to the Wilsons’ house?” Rebecca asked. “Did they paint it or something?”
“They moved to Kentucky,” her mother replied.
There was a long pause. Rebecca realized that her mother had still not ( 2 ) her former cheerfulness.
“Somebody else moved in.” Her mother parked the car in the driveway, and they got out.
The house was empty when they entered. Henry, Rebecca’s stepfather, was working the early shift at the chemical plant; he wouldn’t be home until midafternoon. As Rebecca carried her suitcase through the dining room, she tried not to look at the pictures of Tracy ー her twin brother ー on the wall.
“I have to go to church,” her mother said. “I’ll be back by noon, if you want to use the car later.”
The bedroom where she had slept as a child was transformed. The bed was new, the carpet was gray instead of green, and hanging from the ceiling was Henry’s collection of model airplanes. (3)Down the hall, the door of Tracy’s old room was still shut, as it had been for years.
Rebecca left her suitcase next to the bed and went into the kitchen. She made herself a cup of coffee, switched on the television, and sat down to watch a quiz show.
 
********
 
That afternoon, Rebecca drove her mother’s car to the shopping mall outside town.The mall had opened before Rebecca was born. When she was in high school, it had been the most exciting place in town, and she and her friends would hang out there in the evenings until it closed. Years of living in Brooklyn and working in Manhattan, though, had given Rebecca a new ( 4 ), and the mall looked plain and uninteresting. Even on a Sunday afternoon, the stores had few customers.
She bought some shampoo and conditioner ー her mother didn’t have the kind Rebecca used ー and sat at a table in the food court and sipped on a soda. Some children were running around the tables as their mothers chatted nearby. She thought about the coffee shop in New York where she went almost every evening after work. It was on 35th Street, just east of Broadway, between a Swedish bakery and a shop that sold circus equipment. One of the servers, a boy of eighteen or nineteen, always remembered her order and gave her a big smile when she came in. She would sit at a corner table and watch the customers ー every age, every nationality, every kind of clothing and hairstyle ー come and go. (5)It gave her a thrill to feel she was one thread in such a rich cultural fabric.
Rebecca was getting up to leave when one of the mothers came over to her.
“Rebecca?” she said.
Rebecca hesitated for a moment. Then she cried, “Julia!” She stood, and they embraced each other. “I didn’t ( 6 )you at first!”
“It’s been a long time.”
Since Tracy’s memorial service, Rebecca thought.
Julia sat down. “Are you still living in New York?”
“Yeah,” Rebecca replied. “I’m just here for a couple of days. But I’m thinking of moving back to Michigan.”
“( 7a ) I thought you liked New York.”
“Well, my roommate is getting married and moving out, so I have to either find a new roommate or move. Rent is really expensive there.”
“( 7b )”
“My stepfather says he can get me an office job at the chemical plant. I have an interview there tomorrow.”
“( 7c )” Julia paused. “Have you been dating anybody?”
“Not really.” Then Rebecca asked, “How’s Jerry?”
“( 7d ) Still working for his father. He’s gone fishing today, so I brought the kids to the mall to let them run around.”
Rebecca and Julia had been friends in high school. Julia had dated Tracy pretty seriously, but they broke up after high school. Julia was already married to Jerry when Tracy was killed in Afghanistan.
 
********
 
At dinner that evening, Henry talked about an accident that had happened at the plant: “…and then the cracker overheated, and we had to deal with that, too, while we were flushing out the reflux lines….” Even ( 8 ) a teenager, Rebecca was embarrassed not to understand what Henry said. Neither she nor her mother said much. Later, Rebecca helped Henry wash and put away the dishes. He had married Rebecca’s mother and moved in when Rebecca and Tracy were eleven. Their real father had left three years earlier. Rebecca hadn’t seen him for twenty years.
“I told my boss that you’d come in to the office tomorrow at eleven,” Henry sad.”I’ll take your mother to work, so you can drive her car.”
“Thanks.”
“He just wants to meet you before he hires you. I didn’t ask about the pay, but it should be okay. The girl who had the job before you didn’t ( 9 ).”
Fatigue from the bus trip hit Rebecca early in the evening, so she said goodnight to her mother and Henry and went to bed. She fell asleep quickly and slept soundly. Around four in the morning, while it was still dim and silent outside, she woke up. She stayed in bed and gazed at the model airplanes hanging from the ceiling. She thought about Julia spending Sunday afternoon with her kids at the mall and about how she couldn’t imagine doing that herself. She thought about the chemical plant where Henry worked, and the call center outside of town where her mother spent her days talking to faraway voices about their credit card problems. She thought about New York City ー the noisy streets, the crowded sidewalks, the tiny Korean restaurant near her apartment, the boy in the coffee shop on 35th Street.
Then she thought about Tracy, who would never grow older than twenty-three. She remembered how they had quarreled when they were small, when their mother had been a good-natured referee, and how they had stopped quarreling when their father left. Why had they stopped? And why had her mother become so silent towards her after Tracy’s death? Rebecca felt a surge of helplessness wash over her.
It was not yet five o’clock, the house still silent, when she got out of bed and quietly packed her bag. What had made her decide? She wasn’t sure. But she wrote a note to her mother and Henry: “I’ve decided to (10)go back home. I’m sorry.”
She put the note on the kitchen table and slipped out the front door. She walked the twelve blocks downtown to catch the first bus to Detroit, from where she would take another bus back to New York.

【問題】

(1) 空所(1)を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア as she left
イ as her childhood
ウ as she was a child
エ as she remembered

(2) 空所(2)を埋めるのに最も適切な単語を次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア recovered
イ reformed
ウ replaced
エ revised

(3) 下線部(3)を和訳せよ。

(4) 空所(4)を埋めるのに最も適切な単語を次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア perspective
イ sight
ウ transformation
エ way

(5) 下線部(5)は、主人公のどのような心情を表現しているか。最も適切なものを次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア 大都会の多彩な文化に参加している喜び
イ 都市文化の中で地に足がつかない不安感
ウ 最新の都市文化を目の当たりにした興奮
エ 巨大な都市の文化に入り込めない無力感

(6) 空所(6)を埋めるのに最も適切な単語を次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア appreciate
イ confirm
ウ foresee
エ recognize

(7) 空所(7a)~(7d)を埋めるのに最も適切な文をそれぞれ次のうちから一つ選び、その記号を記せ。同じ記号は一度しか使えない。

ア Why not?
イ He’s okay.
ウ Here he is.
エ How come?
オ That’s great.
カ That’s what I hear.

(8) 下に与えられた語を適切な順に並び替えて空所(8)を埋め、その2番目と5番目にくる単語を記せ。ただし、下の語群には、不要な語が一つ含まれている。

as, been, had, more, she, than, would

(9) 文脈から考えて空所(9)を埋めるのに最も適切な単語を次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア claim
イ complain
ウ demand
エ insist

(10) 下線部(10)のgo back homeという表現から、実家滞在中のRebeccaに大きな心境の変化があったことが読み取れる。その心境の変化とはどのようなものか。40-50字の日本語で説明せ

(11) 物語中の記述から、主人公Rebeccaは現在何歳くらいだと考えられるか。最も適切なものを次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア 22歳
イ 24歳
ウ 26歳
エ 28歳

【和訳】

レベッカの母はバスが到着した時バスターミナルの外に立っていた。日曜の朝の7時35分だった。彼女は疲れているように見えた。「バスの旅はどうだった?」
「オハイオに着くまで眠れなかったわ」レベッカは応えた。彼女は深夜バスでニューヨーク・シティから帰って来たのだ。母の車まで歩いていく途中には、ミシガンの初夏の懐かしい香りが空気中に満ちていた。「でも元気よ」
母の運転で家までの12ブロックを通り過ぎていく間、レベッカは窓の外を見ていた。町はほとんど荒廃していた。メインストリートのかつてデパートがあった所には靴のディスカウントショップができて、ドラッグストアはクリーニング店になっていた。しかしファーストフード店(ボーナスバーガーやピザディライトやタコタイム)は記憶に残っている通りで、レベッカが育ったウィロー通りの家々も昔のままだった。母の家の二軒先の家だけは以前と違って見えた。
「ウィルソンさんの家はどうしたの?」レベッカは尋ねた。「壁を塗り直したか何か?」
「あの人達はケンタッキーに引っ越したのよ」母は応えた。
長い沈黙があった。レベッカは母がまだ以前のような陽気さを取り戻していないのだと悟った。
「誰かが越してきたみたいだけど」母が私道に停車し、2人は車から降りた。
2人が帰った時、家は空っぽだった。レベッカの義父であるヘンリーは化学工場の朝シフトで働きに出ていた。彼は午後も半ばにならないと帰ってこないはずだった。レベッカはスーツケースを運んでダイニングルームを通り抜ける時、壁に掛かった彼女の双子の兄であるトレイシーの写真を見ないようにした。
「私は教会に行かないといけないわ」母が言った。「もしあなたが後で車を使いたいなら、私は正午までには帰ってくるから」
彼女が子供の頃寝ていた寝室は改装されていた。ベッドは新しく、カーペットは緑からグレーに変えられ、天井からはヘンリーのコレクションである飛行機の模型が吊り下げられていた。廊下を進むと、トレイシーの昔の部屋の扉が閉じていた。何年も前からそうであるように。
レベッカはスーツケースをベッドの横に残してキッチンに入っていった。そして自分でコーヒーを作って、テレビをつけて、座ってクイズ番組を見た。
 
********
 
その日の午後、レベッカは母の車を借りて郊外のショッピングモールに出かけた。そのモールはレベッカが生まれる前から営業していた。彼女が高校生の時には、そのモールが町中で一番面白いスポットであり、彼女は友人達と、夜遅くに閉店するまでブラブラして過ごしたものだった。しかしブルックリンに住みマンハッタンで働いた年月はレベッカのものの見方を変えてしまっていて、そのモールは平凡でつまらないものにしか思えなかった。日曜の午後であるにもかかわらず、各店舗にはほとんど客が入っていなかった。
彼女はシャンプーとコンディショナーを買った。母は彼女が使っているようなものを持っていなかったからだ。そしてフードコートのテーブルについてソーダを啜った。子供達はテーブルの間を駆け回り、母親達は近くでお喋りをしていた。彼女は仕事の後にほとんど毎晩通っていたカフェのことを考えた。それはブロードウェイのすぐ東の35番街の、スウェーデン風のベーカリーとサーカスの備品を売る店の間にあった。店員の1人は18歳か19歳の少年で、いつも彼女の注文を覚えていて、彼女が入店すると満面の笑みで迎えるのだった。彼女は隅のテーブルに座り、あらゆる年齢、あらゆる国籍、あらゆる服装やヘアスタイルの客が入っては出ていった。そうして彼女は、自らがそうした豊かな文化の織物の中に編み込まれた一筋の糸であることに、興奮を覚えていたのだった。
レベッカが立ち去ろうとして立ち上がりかけた時、母親達の1人が彼女の方に近付いてきた。
「レベッカ?」と彼女は言った。
レベッカは一瞬戸惑った。それから「ジュリア!」と叫んだ。彼女は立ち上がり、2人は抱き合った。「最初は見分けが付かなかったわ」
「本当に久しぶりね」
トレイシーの追悼式以来だわ、とレベッカは思った。
ジュリアは座った。「あなたはまだニューヨークに住んでいるの?」
「そうよ」とレベッカほ応えた。「今はほんの数日の間、帰省してるの。でもミシガンに戻って来ようかと考えているわ」
「なぜ?あなたはニューヨークが好きなんだと思っていたわ」
「うーん、私のルームメイトが結婚して出ていくの。だから新しいルームメイトを見つけるか引っ越しをしないといけないの。あっちは家賃がとても高いから」
「そうらしいわね」
「義父が言うには、化学工場の事務の仕事を私に紹介できるらしいの。明日そこの面接を受けることになってるのよ」
「それは素晴らしいわね」そしてジュリアは一瞬ためらって言った。「あなた誰か付き合っている男の人はいるの?」
「いないわ」レベッカは応え、それから訊いた。「ジェリーはどうしてる?」
「彼は元気よ。相変わらずお義父さんの所で働いているわ。今日は彼が釣りに行ってるから、子供たちが走り回ってもいいようにこのモールに連れてきたのよ」
レベッカとジュリアは高校時代の友達だった。ジュリアはトレイシーと真剣に付き合っていたけれど、高校を出てから別れてしまった。トレイシーがアフガニスタンで戦死した時、ジュリアはもうジェリーと結婚していた。
 
********
 
その日の夕食の席で、ヘンリーは工場で起きた事故の話をした。「それから分解装置が過熱して、それにも対応しなくちゃならんし、還流ラインも洗い流さなくちゃならなかったんだ」10代の子供だった時以上にヘンリーの言っていることが理解できず、レベッカは戸惑った。彼女も母もあまり話さなかった。食後、レベッカはヘンリーが皿を洗って片付けるのを手伝った。彼はレベッカの母と結婚し、レベッカとトレイシーが11歳の時に引っ越してきた。本当の父はその3年前に出ていってしまっていた。レベッカはその本当の父には20年会っていなかった。
「お前が明日の11時にオフィスに来るとボスに伝えておいたぞ」とヘンリーは言った。「俺がお母さんを仕事に連れて行くから、お前はお母さんの車に乗っていっていいぞ」
「ありがとう」
「彼はお前を雇う前に一度会っておきたいだけなんだ。給料のことはきかなかったが、多分悪くないだろう。お前の前任の女の子が文句を言ってるのは聞いたことがないからな」
夜の早い時間帯にバス旅行の疲れを感じ、レベッカは母とヘンリーにおやすみを言ってベッドに入った。すぐに眠りに落ち、熟睡した。午前4時頃、辺りはまだ薄暗くひっそりと静まり返る中、レベッカは目を覚ました。彼女はベッドに横たわったまま、天井から吊られた模型の飛行機をじっと見ていた。彼女はジュリアが日曜の午後を子供達と共にショッピングモールで過ごしていることを考えた。そして自分が同じようにする所は想像できないと思った。彼女はヘンリーの働いている化学工場と母の職場である郊外のコールセンターについて考えた。母はそこでクレジットカードの問題について遠方からかかってきた電話の声に対応して1日を過ごすのである。レベッカはニューヨーク・シティについて考えた。あの騒がしい通り、歩道の人混み、彼女のアパートメントの近くにあった小さな韓国料理店、35番街のカフェの男の子。
それから彼女はトレイシーのことを考えた。彼はいつまでも23歳のままだった。彼女は2人が小さかった頃にどうな風に口喧嘩をしたのかを思い出した。そうした時、母は良心的に仲裁してくれた。そして父が出ていった時、2人は喧嘩することをやめたのだった。なぜ喧嘩をしなくなったのだろう?そしてなぜ母は、トレイシーの死後、自分に対してあまり口をきかなくなったのだろう。レベッカは無力さが突き上げてきて、彼女を押し流していくのを感じた。
まだ5時にもなっていなかった。家は静まり返っていた。彼女はベッドを出て、静かに荷物をまとめた。なぜそう決心したのだろう?自分でも分からなかった。しかし彼女は母とヘンリーに書き置きを残した。「ごめんなさい。家に帰ることにしました」
彼女はキッチンのテーブルにメモを置いて、玄関からそっと出ていった。彼女はデトロイト行きの始発バスに乗るため、街の方へ12ブロック歩いた。そしてデトロイトで乗り換えてニューヨークに戻るのだ。

【解答】

(1)
(2)
(3) 廊下を進むと
(4)
(5)
(6)
(7) (a) エ
  (b) カ
  (c) オ
  (c) イ
(8) more than she had been as
(9)
(10) 生まれ故郷の町や家族や友人に違和感を覚え、ニューヨークこそが帰るべき場所だと感じるようになった。(48字)
(11)
(Visited 1,266 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)