東大過去問 2005年 第4問(和訳)

/ 2月 2, 2020/ 東大過去問, 第4問(和約), 過去問/ 0 comments

【問題】

次の英文の下線部①、②、③を和訳せよ。

The Scientific Revolution is the term traditionally used to describe the great intellectual triumphs of sixteenth- and seventeenth-century European astronomy and physical science. By around 1700 educated men conceived of the universe as a mechanical structure like a clock, and the earth was regarded as a planet moving round the sun. The intellectual transformation associated with the Scientific Revolution led to a new confidence in the value of the investigation of nature and its control, development which is fundamental to an understanding of the importance of science in modern society.
The seventeenth century was also characterized by a new optimism about the potential for human advancement through technological improvement and an understanding of the natural world. Hopes were expressed that the understanding and control of nature would improve techniques in industry and agriculture. There was, however, a large gap between intention and achievement in the application of scientific knowledge. While claims for the practical usefulness of natural knowledge and its future significance for technological improvement were common, the cultivation of science had little effect on the relationship between man and his environment. Nevertheless, the cultural values associated with the pursuit of natural knowledge were a significant characteristic of seventeenth-century society. Science expressed the values of technological progress, intellectual understanding and the celebration of God’s wisdom in creating the world.The hostile and mysterious environment of the natural world would, people believed, yield its secrets to human investigation. The belief in the human capacity to dominate nature was justified by the argument that the study of God’s book of nature went hand in hand with the study of the Bible, the book of God’s word.
These important shifts in cultural outlook dramatically transformed the conception of the universe and of man’s place in nature.The belief that the universe is a machine and that it might contain other worlds like the earth threatened traditional assumptions about the uniqueness of man, leading to a denial of the doctrine that the universe had been created for the benefit of man.

 

【単語】

 

 

【和訳】

科学革命とは、16世紀17世紀のヨーロッパにおける天文学と自然科学の偉大な知的業績を言い表すのに、伝統的に用いられてきた言葉である。西暦1700年頃までには、教養のある人は宇宙を時計のような機械的構造として認識していたし、地球は太陽の周りを回る惑星として扱われていた。科学革命に関連して認識が変化したことによって、自然の調査とコントロールの価値に新たな自信が生まれた。この発展は現代社会における科学の重要性を理解する上の基礎である。
17世紀はまた、技術革新と自然界の理解を通しての人類の進歩の可能性が、新たに楽観的に考えられた所に特徴がある。自然を理解してコントロールする事で、工業と農業の技術が改良される事が期待を込めて述べられていたのである。しかし、科学の知識を利用するとなると、意図と業績との間に大きな差ができた。自然科学の知識が実際に役立つものであり、技術革新が将来的に重要だという主張は、広く受け入れられていたのだが、科学の文化的受容は、人と環境との付き合い方にほとんど影響を与えなかった。にもかかわらず、自然科学の知識の追及に関する文化的価値観は17世紀の社会の重要な特徴だったのである。科学は、技術の進歩の価値・知的理解・天地創造における神の叡智の賛美に価値を見いだしたのである。敵対的で不可思議な自然環境は、人類の調査に対して秘密を開示するだろう、と人々は考えていた。自然という神の本の研究は、神の言葉の本である聖書の研究と平行して進められるものだ、という議論によって、自然を支配する人類の能力が正当化された。
このような文化的世界観の移り変わりによって、宇宙の概念と自然界における人類の地位の概念が劇的に変化した。宇宙は一種の機械であり、宇宙には地球と同じような別の世界があるかもしれない、という考えによって、人類の唯一性という伝統的な想定が脅かされ、その結果、宇宙は人類のために創造されたという信念が否定されたのである。

 

(Visited 1,270 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)