東大過去問 2002年 第4問(和訳)

/ 2月 1, 2020/ 東大過去問, 第4問(和約), 過去問/ 0 comments

【問題】

次の英文の下線部①、②を和訳せよ。

I was wondering how on earth I was going to get through the evening. Saturday. Saturday night and I was left alone with my grandmother.
The others had gone — my mother and my sister, both dating. Of course, I would have gone, too, if I had been able to get away first. Then I would not have had to think about the old woman, going through the routines that she would fill her evening with. I would have slipped away and left my mother and my sister to argue, not with each other but with my grandmother, each separately conducting a running battle as they prepared for the night out. One of them would lose and the loser would stay at home, angry and frustrated at being in on a Saturday night, the one night of all the week for pleasure. Well, some chance of pleasure. There was hardly ever any real fulfillment of hopes but at least the act of going out brought with it a possibility and that was something to fight for.
“Where are you going?” my grandmother would demand of her daughter, forty-six and a widow for fifteen years.
“I’m going out.” My mother’s reply would be calm and she would look determined as I imagine she had done at sixteen, and always would do.

 

【単語】

 

 

【和訳】

私は途方に暮れていた。一体どうやって夜をやり過ごせばよいのだろう、と。土曜。土曜の夜。
そして私はおばあちゃんと2人っきりで留守番だったのだ。他の人、つまり母と姉は出かけてしまった。2人ともデートだ。もし私が最初に抜け出すことができていたら、私だって出かけていただろう。そうしたらお決まりの習慣ばかりで夜を過ごす、老婆に悩まされる必要もなかっただろう。私は抜け出して、母と姉を口論するに任せておいただろうに。母と姉が互いに口論するのではなく、外出して夜を過ごす準備をしながら、それぞれ別々におばあちゃんと争い続けるのである。どちらか一方が負けて、負けた方が家に残るのだ。1週間で唯一の楽しい夜、土曜の夜に残ることに腹をたて、不満を感じながら。いや、楽しい夜の可能性というべきか。本当に希望が満たされることなどほとんどなかったが、少なくとも外出すれば、その可能性が生まれる。争っても勝ち取る価値のあることだったのである。
「どこへ行くの」おばあちゃんは自分の娘、15年間やもめでいる46才の娘に尋ねたものだ。
「出かけるのよ」母の答えは平然として、表情は決然としているのだった。それは彼女が16の時もそうであったろうし、ずっとそうだったのだろう。

 

(Visited 1,235 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)