東大過去問 1999年 第5問(総合)

/ 5月 5, 2020/ 東大過去問, 第5問(総合)/ 0 comments

【問題文】

次の英文は,有害物質の流出事故による環境被害を論じた新聞記事の一節である。これを読んで,下の設問に答えよ。(便宜上,段落ごとに番号を付してある。)解答は解答用紙の所定欄に記せ。

(1)  A spillage of poisonous waste in one of the most environmentally sensitive areas on earth is threatening the wildlife of two continents. The area affected is the Doñana National Park, which consists of marshlands stretching for about 100 kilometres southwards to the sea from the southern Spanish city of Seville.

(2)  The Doñana is an exceptionally important place for wildlife. Many species of birds which spend the summer in the north of Europe, especially in Scandinavia, come to these wetlands and stay from early autumn to early spring to escape the bitter cold of the northern winter. The park is also one of the last places where the rare Iberian imperial eagle can be found. In addition to this, the park and its surroundings form the main resting place for the many species of birds which pass through Spain as they migrate each year between southern Africa and countries in northern Europe such as Britain.

(3)  Disaster struck in the early hours of April 25 when the dam wall of a waste reservoir collapsed at a mining plant northwest of Seville. About 158,000 tons of waste, including heavy metals and other toxic material were sent down the River Guadiamar towards the park.

(4)  But the event vanished from the front pages of newspapers within about a week, partly because the waste did not affect Seville itself (the Guadiamar flows some distance west of the city), and partly because the poisonous grey mud was, for the most part, blocked before reaching the heart of the Doñana. Only 3 per cent of the surface of the national park was covered. But the effects of the disaster are penetrating every aspect of life in southern Spain.

(5)  Some effects are relatively small. For example, pilgrims travelling in traditional covered wagons or on horseback from Seville for this month’s annual midsummer festival at the town of El Rocio were warned not to take their usual route across the Guadiamar. Instead they had to take the main road to avoid the layer of toxic waste which still covers the banks of the river.

(6)  This waste is currently being removed, and the official agency in charge of the clean-up estimates that, at the present rate of slightly under 10,000 cubic metres per day, it can remove the last waste from the surface by October 27.

(7)  But Britain’s Royal Society for the Protection of Birds estimates it could take as much as twenty-five years for the area to recover. A spokesman said: “We fear this will turn out to be the worst environmental disaster of its kind in Europe this century.”

(8)

(9)  Despite the huge scale of the disaster, however, some experts remain unalarmed. The park’s director believes that “the chances of wide spread dangerous effects are small, if everything continues as it has done so far.” But he is now in a minority. Spain’s notoriously divided environmental pressure groups have joined in a declaration that the situation, because of its unusual nature, is much worse than is claimed by the regional and national authorities; the disaster, they say, is full of the potential for delayed effects.

(10)

(11)  The animals and birds and fish that died as the poisonous tide poured down the Guadiamar are therefore likely to be no more than a small part of the eventual total number of deaths caused by the disaster. For the poisons have only just started to pass upwards through the food chain. The birds ― such as terns, grebes and cormorants ― that come to the area to feed on its fish and shellfish are particularly at risk.

(12)

(13)  In the meantime, the metals in the mud ― zinc, lead, copper and silver ― will be seeping into the soil, creating a hidden danger for humans. According to Spain’s Young Farmers’ Association, several hundred acres of land growing crops for human consumption have been dangerously affected: although they were not covered by the waste, they use water from wells which may have been polluted.

(14)  What would turn the disaster into a catastrophe would be if the heavy metals in the waste were to penetrate the aquifer under the park. Aquifer 27, as it is called, is up to 200 metres deep, and covers 5,200 square kilometres, and the well-being of the whole area depends on this huge underground lake.

(15)  Initial tests suggest the poisons have not penetrated it. But nobody can be certain ― As the head of Spain’s Science Research Council remarked: “The fact that the first analyses indicate that the aquifer has not been polluted does not mean that one day it will not be.”

 

【問題】

(1) 上の英文には,第8段落,第10段落.第12段落が抜けている。それぞれの空所を埋めるのに最もふさわしいと思われる文章を次のうちから1つ選び,その記号を記せ。

ア At the moment, the number of birds in the park is rather small. Many birds had just left southern Spain to spend the spring and summer in northern Europe when the spillage took place. But, starting probably with the grey heron, they will begin returning in August. And not even the authorities are expecting the mud to be removed by then.

イ “Heavy metals have a feature which is not noticeable at first,” says a scientist who works with Spain’s Association for the Defence of Nature. “They get into the body and slowly cause problems of many kinds. They affect growth, sexual development, the brain, and the immune system. They can also cause certain cancers.”

ウ He pointed out that the weight of the toxic material which poured out of the damaged reservoir at the mine was almost four times as great as that released in the Exxon Valdez oil tanker disaster of 1989, an accident that is widely regarded as having been the world’s worst single incident of this type. The spokesman said that, in addition to its importance for wildlife, the area around Seville has a long history and rich cultural traditions; the religious festival at nearby El Rocio is just one example of this. The effect of the disaster on such traditions, he said, is very regrettable.

(2) 本文中,”poisonous”と同じ意味で何度か用いられている形容詞を1つ抜き出して記せ。

(3) 第2段落は,ドニャーナ国立公園が野鳥にとって大事な場所である理由をいくつか挙げている。次のうち,理由として挙げられていないものはどれか。1つ選び,その記号を記せ。

ア Birds come from Africa to pass the winter there.
イ Birds which are making long journeys rest there.
ウ Many Scandinavian birds spend the winter there.
エ A rare kind of bird lives there.

(4) 次の地図のうち,事故に関連する地域の位置関係を正しく記したものはどれか。1つ選び,その記号を記せ。(地図は,上が北を指すものとする。)
(5) この災害が重大ニュースとして扱われたのは,どのくらいの間であったか。また,それはどのような理由によるものか。次のア〜工の中から期間を1つ選び,その記号を記せ。さらに,オ〜ケの中から理由として正しいものを2つ選び,その記号を記せ。

〔期間〕

ア for only a day
イ for only a short time
ウ for about a month
エ for a long time

〔理由〕

オ All the effects of the poisonous waste were relatively small.
カ Although the poisonous waste did not cover much of the park, its effects were serious.
キ The poisonous waste did not flow through the city of Seville.
ク The poisonous waste was prevented from reaching the centre of the national park.
ケ The poisonous waste is affecting every aspect of life in southern Spain.

(6) 第9段落によると,スペインの環境保護団体は互いにどのような関係にあるか。次のうちから1つ選び,その記号を記せ。

ア They usually agree with each other, and they agree about this disaster.
イ They usually agree with each other, but they don’t agree about this disaster.
ウ They usually don’t agree with each other, and they don’t agree about this disaster.
エ They usually don’t agree with each other, but they agree about this disaster.

(7) 第14, 15段落の中で用いられている”aquifer”という単語は,そのいずれかの段落中において別の表現で言い換えられている。 2語からなるその表現を抜き出して記せ。

(8) 次の人たちの中で,事故の被害を最も楽観視していたのは誰か。1つ選び,その記号を記せ。

ア the spokesman for the Royal Society for the Protection of Birds
イ the director of the Doñana National Park
ウ the members of Spain’s environmental pressure groups
エ the members of the Spanish Young Farmers’ Association

(9) 記事によると,次のうち,(a)最も軽い(あるいは,軽いと予測される)被害,そして(b)最も深刻な(あるいは,深刻であると予測される)被害はどれか。それぞれ1つ選び,その記号を記せ。

ア People were unable to take their traditional route to a festival.
イ Many creatures died when the poisonous waste came down the river.
ウ Some water which is used by farmers has probably been polluted.
エ The aquifer under the park may be polluted in the future.

 

【和訳】

(1)地球上で環境的に最も過敏な地域の一つに有害物質が流出した事で、2つの大陸の野生生物が危険に晒されている。被害地域はドニャーナ国立公園である。それは南スペインの都市セビリャから海に向かって、南に約100キロ延びる湿地帯を含んでいる。

(2)ドニャーナは野生生物にとって極めて重要な土地である。夏の間北欧、特にスカンジナビア半島で過ごした多種の鳥が、北方の厳しい寒さを逃れるために、この辺りの湿地にやって来て、早秋から早春までを過ごすのである。この公園はまた、稀少なイベリア皇帝鷲が見られる最後の場所の一つである。更に、この公園とその周辺は、スペインを通り過ぎて、南方のアフリカと例えばイギリスのような北方のヨーロッパを毎年渡りする、多種の鳥たちの主要な休息地になっている。

(3)4月25日の早朝、大惨事が起きた。セビリャ北西部の鉱山工場で、廃棄物貯水地のダムの壁が崩壊したのである。重金属や他の有害物質を含んだ約158000トンの廃棄物がグアディアマー川に流れ込み、国立公園へ下ったのである。

(4)この事件はおよそ一週間の間に、新聞の一面から消えてしまった。一つには、廃棄物がセビリャ自体には被害をもたらさなかったからである。(グアディアマー川は町の少し西を流れている。)また一つには、有毒な灰色の泥土の大部分が、ドニャーナの中心部に到達する前にせき止められたからである。国立公園のたった3パーセントが覆われたに過ぎなかった。しかしその災害の影響は南スペインのあらゆる生命に入り込んでいる。

(5)影響のいくつかは比較的小さなものである。例えば、今月行われるエル・ロシオの街の年に一度の真夏の祭りのために、セビリャから伝統的な幌場車や馬の背に乗ってやって来る巡礼者達は、グアディアマー川を渡る彼らのいつものルートを取らないよう、警告された。代わりに、未だ川の堤防を覆っている有毒な廃棄物の層を避けて、幹線道路を通らなければならなくなった。

(6)この廃棄物は現在除去中であり、その任に当たる政府の機関は、一日1万平方メートル弱という現在のペースでいけば、10月27日までに表土から全ての廃棄物を除去できると見積もっている。

(7)しかし鳥類保護英国王室協会は、その地域が回復するには25年もかかる可能性があると考えている。あるスポークスマンは「これが今世紀のヨーロッパにおけるこの種の事故として、最悪なものと判明する恐れがある。」と述べた。

(8)彼は、1989年のエクソン・バルデスのオイルタンカーの大惨事は、一般に単体の事故としては世界最悪のものであるとされているが、今回被害を受けた鉱山の貯水池から流出した有害物質の重量は、エクソンの事故で流出したものの約4倍にも達すると指摘した。そのスポークスマンは、セビリャ周辺地域は、野生生物にとって重要であるだけでなく、長い歴史と豊かな文化的伝統を有しているのだと言った。エル・ロシオ周辺の宗教上の祝祭はそのほんの一例に過ぎない。事故がこうした伝統へ悪影響を及ぼすのは、とても残念だと彼は言った。

(9)しかしこの災害の規模の大きさにもかかわらず、不安視していない専門家もいる。事態がこれまで通りならば、危険な影響が広範囲に及ぶ可能性は低い、と国立公園の長官は言う。しかし彼は今や少数派である。スペインの環境圧力団体の一体感の無さは有名だが、それらが一致して宣言している。つまり異常な自然のせいで、現状は地域や国の権威が主張するよりもずっと深刻であるという宣言であり、災害は被害が遅れて出る可能性が十分にある、というのである。

(10)「重金属の性質は、最初は目につきにくいのです」とスペイン自然保護協会で働くある科学者は言う。「それらは体内に入って、ゆっくりと様々な問題を引き起こすのです。成長、性的成熟、脳、免疫システムに影響を及ぼします。そしてある種の癌を引き起こすこともあります」

(11)したがって、有毒物質がグアディアマー川に流れ込んだ時に死んだ動物や鳥や魚は、災害による死の最終的な総数のごく一部に過ぎないという可能性がある。というのも、有毒物質は食物連鎖を上昇し始めた所に過ぎないからである。その地域に魚や貝を捕食しに飛来するアジサシやカイツブリや鵜といった鳥たちは、特に危険である。

(12)現時点では公園内の鳥の数は比較的少数である。多くの鳥は流出事故が起きた時、春と夏を北ヨーロッパで過ごすために南スペインを出発したばかりだった。しかし、おそらくはアオサギを端緒として、それらは8月に帰還し始める。しかし有識者でさえ、それまでに泥を除去できるとは考えていないのである。

(13)そうこうしているうちに亜鉛、鉛、銅、銀といった泥の中の金属が土壌に染み込んでいき、人間に対する脅威となるだろう。スペイン青年農家組合によると、食用の穀物を育てている数百エーカーの土地が汚染され、危険な状態になってきているという。それらの土地は廃棄物に覆われてはいないが、汚染されているかもしれない井戸の水を使用している。

(14)もし廃棄物に含まれる重金属が国立公園地下の帯水層に浸透したら、災害を超える大惨事が引き起こされるだろう。帯水層27と呼ばれるものが地中200メートルもの深さに存在し、面積は5200平方キロメートルに及ぶ。そしてその地域の安寧はこの巨大な地底湖にかかっているのである。

(15)初期の調査では有毒物質はそこまで浸透していないという結果であった。しかし誰も確信は持てない。スペイン科学研究委員会の会長が言ったように、「最初の分析で帯水層が汚染されているという数値が出なかったからといって、以後も汚染されないとは言えない」のである。

 

【解答】

(1)  (8) ウ
 (10) イ
 (12) ア
(2)  toxic
(3)  ア
(4)  イ
(5)  [期間] イ
 [理由] キ、ク
(6)  エ
(7)  underground lake
(8)  イ
(9)  (a) ア
 (b) エ
(Visited 899 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)