東大過去問 1998年 第5問(総合)

/ 5月 3, 2020/ 東大過去問, 第5問(総合)/ 0 comments

【問題文】

次の英文を読み,以下の設問に答えよ。解答は解答用紙の所定欄に記せ。

Simple Peter was walking to work in the fields one morning when he met an old woman sitting beside the road.
‘Good morning, old woman,’ he said, ‘why do you look so sad?’
‘I have lost my ring,’ said the old woman, ‘and it is the only one like it in the whole world.’
‘I will help you find it.’ said Simple Peter, and he got down on his hands and knees to look for the old woman’s ring.
Well, he hunted for a long time, until at last he found the ring under a leaf.
‘Thank you,’ said the old woman, and slipped the ring on to her finger. Then she took a mirror out of her apron and gave it to Peter, saying, ‘Take this as a reward.’
‘What do I need a mirror for?’ asked Peter.
‘That is no ordinary mirror,’ replied the old woman. ‘It is a magic mirror. Anyone who looks into it will see themselves not as they are, but as other people see them.’
Simple Peter held the mirror up to his face and peered into it. First he turned one way, then he turned the other. Finally, he shook his head and said. ‘Well, it may be a magic mirror, but it’s no good to me. I can’t see myself in it at all.’
The old woman smiled and said, ‘The mirror will never lie to you. It will show you a true reflection of yourself as other people see you.’ And with that she touched her ring, and disappeared.
くうはく
Well. Simple Peter stood there in great surprise for a long while, and then he looked in the mirror again, and ( 1 ) himself, even when he put his nose right up against it.
Just then a farmer came riding past. ‘Excuse me,’ said Simple Peter.‘but have you seen my reflection? I can’t find it in this mirror.’
‘Oh,’ said the farmer. ‘I saw it half an hour ago, running down the road.’
‘Thank you,’ said Peter, ‘I’ll ( 2 ) if I can catch it.’ and he ran off down the road.
The farmer laughed and said to himself. ‘That Simple Peter is (3) a real goose!’ and he went on his way.
Simple Peter ran on and on until he came to the blacksmith.
‘Where are you running so fast, Peter?’ called the blacksmith.
‘I’m trying to catch my reflection.’ replied Peter. ‘John the farmer said it ran this way. Did you see it?’
The blacksmith, who was a kind man, shook his head and said, ‘John the farmer has been telling you ( 4 ). Your reflection can’t run away from you. Look in the mirror, and you’ll see it there all right.’
So Peter looked in the magic mirror, and do you know what he saw? He saw a goose, with a yellow beak and black eyes, staring straight back at him.
‘There, do you see your reflection?’ asked the blacksmith.
‘I only see a goose,’ said Peter. ‘but I’m not a goose. I’ll show you all ! I’ll seek my fortune, and then you’ll see me as I really am!’
くうはく
So Peter ( 5 ).
Before long, he met a woodcutter and his family with all their belongings on their backs coming down the road towards him.
‘Where are you going?’ he asked them.
‘We’re leaving this country,’ said the woodcutter, ‘because there’s a dragon here. It’s fifty times as big as a man and could eat you up in one mouthful. Now it has carried off the King’s daughter and is going to eat her for supper tonight. So, if you’re going in that direction, you’d better be careful.’ And with that they hurried on their way.
Peter went on, and suddenly he heard a terrible sound. He looked round a rock and there he saw the dragon. ( 6 ) the woodcutter had said, it was fifty times as big as himself and it was sharpening its teeth with a stone.
‘Oh ho! Are you the dragon?’ asked Peter. The dragon stopped sharpening its teeth and looked with great fierce eyes at Peter.
‘I am !’ said the dragon.
‘Then I shall have to kill you,’ said Peter.
‘Indeed?’ said the dragon, breathing fire. ‘And how are you going to kill me?’
And Peter said, ‘Oh, I’m not, but behind this rock I have the most terrible creature, that is fifty times as big as you, and could eat you up in one mouthful!’
‘Impossible!’ roared the dragon, and leapt behind the rock. Now Peter, who was after all not so ( 7 ) despite his nickname, had hidden the magic mirror there, and so when the dragon came leaping round the rock ( 8 ) it came face to face with it, and there, for the first time, it saw itself as it appeared to others ― fifty times as big and able to eat itself up in one mouthful! And then and there the dragon turned on its tail and ran off over the mountains as fast as it could, and was never seen again.
くうはく
Then Peter went into the dragon’s cave, and found the King’s daughter, and carried her back to the palace. And the King gave him jewels and fine clothes and all the people cheered him. And when Peter looked in the magic mirror now, do you know what he saw? He saw himself as a brave, fierce lion, ( 9 ). But he said to himself, ‘I’m not a lion! I’m Peter.’
Just then the Princess came by and Peter showed her the mirror and asked her what she saw there.
‘I see the most beautiful girl in the world,’ said the Princess. ‘But I’m not the most beautiful girl in the world.’
‘But that’s how you appear to me,’ said Peter, and he told the Princess the whole story about how he had ( 10 ) the mirror, and how he had ( 11 ) the dragon.
‘So you see, I’m not really a goose, and I’m not really as brave as a lion. I’m just Simple Peter.’
When the Princess heard his story, she began to like him for his honesty. Pretty soon she grew to love him, and the King agreed that they should be married, even though Peter was just a poor farmer’s son.
‘But, my dear!’ said the Queen. ‘People will ( 12 ) because he is not a real prince.’
‘Nonsense!’ replied the King. ‘We’ll make him into the finest prince you ever did see!’ But the old Queen was right…
くうはく
On the day of the wedding, Peter was dressed up in the finest clothes, trimmed with gold and fur. But when he looked in the magic mirror, do you know what he saw? Instead of a rich and magnificent prince, he saw himself in his own rags ― Simple Peter. But it didn’t worry him. He smiled and said to himself, ‘At last! Everyone sees me as I ( 13 )!’

 

【問題】

(1) 空所( 1 )を埋めるのに最も適当な語句を次のうちから選び,その記号を記せ。

ア eventually he began to see
イ now he could no longer see
ウ now he could see
エ still he could not see

(2) 空所( 2 )を埋めるのに最も適当な語句を次のうちから選び,その記号を記せ。

ア go
イ know
ウ run
エ see

(3) 文脈から判断して,下線部(3)の語句にはどのようなニュアンスが伴っていると考えられるか。最も適当なものを次のうちから選び,その記号を記せ。

ア clever
イ evil
ウ fast
エ stupid

(4)  空所( 4 )を埋めるのに最も適当な語句を次のうちから選び,その記号を記せ。

ア facts
イ news
ウ rumors
エ stories

(5) 空所( 5 )を埋めるのに最も適当な語句を次のうちから選び,その記号を記せ。

ア began to see himself as he really was
イ decided not to look like a goose
ウ made up his mind to get rid of the mirror
エ set off to seek his fortune

(6) 空所( 6 )を埋めるのに長も適当な語句を次のうちから選び,その記号を記せ。

ア Just as
イ Just that
ウ Such as
エ Such that

(7) 空所( 7 )を埋めるのに最も適当な英語1語を記せ。

(8) 下線部(8)に出てくる4つのitのうち,指すものが違うものが1つだけある。そのitが何番目に出てくるかを数字で記し,さらに,それが指しているものを文中から選び,定冠詞(the)に続けて英語で記せ。

(9) 空所( 9 )に入れて意味が正しく通るよう,下の語を並べ替えよ。

else everyone him how saw was which

(10) 空所( 10 )を埋めるのに最も適当な語を次のうちから選び,その記号を記せ。

ア changed
イ found
ウ got
エ wanted

(11) 空所( 11 )を埋めるのに最も適当な語を次のうちから選び,その記号を記せ。

ア attacked
イ burnt
ウ killed
エ tricked

(12) 空所( 12 )を埋めるのに最も適当な語句を次のうちから選び,その記号を記せ。

ア ignore us
イ laugh at us
ウ look back at us
エ respect us

(13) 空所( 13 )を埋めるのに最も適当な英語2語を記せ。

(14) この物語の登場人物のうち,次の描写にそれぞれ最も当てはまる人物は誰か。文中の語句を用いて,定冠詞(the)に続けて英語で記せ。

a The person who is worried about Peter’s social position.
b The person who makes fun of Peter.
c The person who warns Peter about a danger.

 

【和訳】

愚鈍なピーターはある朝、仕事へと向かう途中、野原を歩いていて、道端に座っているお婆さんに出会いました。
「お婆さん、こんにちは。」彼は言いました。「なぜそんなに悲しそうにしているのですか?」
「指輪をなくしたんだよ。」お婆さんは言いました。「あんな指輪は世界に1つしかないんだ。」
「私が手伝いましょう。」愚鈍なピーターは言いました。そして四つん這いでお婆さんの指輪を探しました。
長い時間探して、ついに彼は葉っぱの下に指輪を見つけました。
「ありがとう。」とお婆さんは言って、指輪を指にはめました。そしてエプロンから鏡を取り出してピーターにあげました。「お礼にこれをやろう。」
「何のために僕は鏡を使うのですか?」ピーターは尋ねました。
「これは普通の鏡じゃないよ。」お婆さんは答えました。「これは魔法の鏡なんだ。この鏡を覗いても自分自身は見えない。他の人が自分を見ているように見えるんだよ。」
愚鈍なピーターは鏡を顔の前に持って覗き込みました。彼は片側を向き、次に逆側を向きました。ついに彼は頭を振って言いました。「これは魔法の鏡かもしれないけれど、僕には良くないよ。自分の事が全く見えないんだから。」
お婆さんは笑って言いました。「その鏡はお前に嘘をつかないんだ。他人がお前をどう見ているか、その真実の像を映すんだよ。」言い終わると、お婆さんは指輪に触って消えてしまいました。さて、愚鈍なピーターは非常に驚いて、長い間そこに立ち尽くしていました。
くうはく
そしてもう一度鏡を覗いて、鼻がくっつく程近付いても、まだ自分自身の姿は映っていませんでした。
ちょうどその時、一人の農夫が馬に乗って通りました。「ちょっとすいません。」愚鈍なのピーターは言いました。
「僕の像を見ませんでしたか?鏡の中にいないんです。」
「ああそれなら、」農夫は言いました。「30分前に道を下って行ったよ。」
「ありがとう。捕まえたら見えるようになるだろう。」そう言ってピーターは道を走って行きました。
農夫は笑い、独り言を言いました。「愚鈍なピーターは(3)本当にまぬけだ。」そして彼は立ち去りました。
愚鈍なピーターは走り続けて鍛冶屋に出会いました。
「なぜそんなに急いで走っているんだい、ピーター?」鍛冶屋は呼びかけました。
「自分の像を捕まえようとしてるんです。農夫のジョンが、それが逃げ去ったと言ったんです。あなた、見ませんでしたか?」
鍛冶屋は親切な男で、頭を振って言いました。「農夫のジョンは作り話をしてるんだよ。お前の像はお前から逃げ去ったりしないんだ。鏡を見てみれば、そこにしっかり確認できるさ。」
それでピーターが魔法の鏡を覗いてみると、何が見えたでしょう。そこにはガチョウがいて、黄色いくちばしを持ち、黒い目は彼を見返していました。
「そこに像は見えたかい?」鍛冶屋は尋ねました。
「ガチョウしか見えないです。」ピーターは答えました。「でも僕はガチョウじゃない。僕の全てをあなたに見せたい。僕は僕の宝物を見つけ出す。そうすればあなたも本当の僕を見てくれるはずだ。」
くうはく
そうしてピーターは彼の宝物を探しに出発しました。
ほどなく彼は木こりとその家族に出会いました。彼らは持ち物の全てを背負って、彼の方に道を下ってきました。
「どこに行くんですか?」ピーターは尋ねました。
「ここにはドラゴンが住んでいるから、国を出て行くんだ。」木こりは言いました。「人の50倍も大きくて、一口で人を食べてしまうんだ。王女をさらったドラゴンは、今夜の食事として食べてしまうつもりなんだ。だから、そっちの方角に行くなら、気を付けな。」そう言って彼らは急いで立ち去りました。
ピーターは先に進みました。すると突然恐ろしい音が聞こえました。彼が岩場を見渡すと、ドラゴンがいました。木こりが言っていたその通り、ドラゴンはピーターの50倍もあり、岩で歯を研いでいました。
「おお、お前はドラゴンか?」ピーターは尋ねました。ドラゴンは歯を研ぐのをやめて、恐ろしく凶暴な目でピーターを見ました。
「そうだ。」とドラゴンは言いました。
「それならお前を殺さなければならない。」とピーターは言いました。
「本気で言っているのか?」と炎を吐き出しながらドラゴンは言いました。「お前がどうやって俺を殺すんだ?」
するとピーターは言いました。「いや、僕がやるんじゃない。僕はこの岩の後ろにお前の50倍も大きい、最高に恐ろしい怪物を連れているんだ。そいつがお前を一口で食べてしまうんだ。」
「そんな事はあり得ない。」ドラゴンは吠えて、岩の後ろに跳びました。この時、本当はあだ名とは違いそれほど愚鈍ではないピーターは、そこに魔法の鏡を隠しておいたので、ドラゴンが岩を回り込んだ時、鏡と鉢合わせて、そこで初めて、ドラゴンは自分が他の者から見られているように、自分自身を見ました。50倍も大きくて、一口で食べられてしまいそうです。するとすぐにドラゴンは尻尾を向けて、山の向こうへ一目散に逃げて行き、二度と姿を現すことはありませんでした。
くうはく
それからピーターはドラゴンの洞窟に入っていき、王女を見つけて王宮へ連れ帰りました。
すると王は彼に宝石と素晴らしい衣装を与え、人々は彼をほめ称えました。そしてこの時ピーターが魔法の鏡を覗いてみると、何が映っていたでしょうか?彼は勇敢で獰猛なライオンを見ました。それは人々が彼を見る目でした。しかし彼は自分に言いました。「僕はライオンじゃない。ピーターだ。」
ちょうどその時王女がやって来たので、ピーターは彼女に鏡を見せて、何が映っているか尋ねました。
「世界一美しい女の子が見えるわ。でも私は世界一美しい女の子じゃない。」と王女は答えました。
「だけど、僕にはそう見える。」とピーターは言いました。そして彼は王女にどうやって鏡を手に入れたのか、どうやってドラゴンをあざむいたのかを話しました。
「だから分かるでしょう?僕はガチョウのようなマヌケでもないし、ライオンのように勇敢でもないんです。僕はただの愚鈍なピーターなんです。」
彼の話を聞いて、王女は彼の正直さに惹かれ、ピーターの事が好きになり始めました。ほんの少しの間に彼女は彼を愛するようになり、王はピーターがただの貧しい農夫の子であるにもかかわらず、2人の結婚を認めました。
「でもあなた。」と女王は言いました。「彼は本当の王子じゃないから、人々に私達は笑われますわ。」
「くだらない。」と王は答えました。「我々が彼を、これまで見た中で最高の王子に仕立てあげるさ。」しかし、年寄りの女王は正しかったのです。
くうはく
結婚式の日、ピーターは金と毛皮で飾り付けられた、最高の衣装を着せられました。しかし彼が魔法の鏡を覗いた時、何が映っていたでしょうか?お金持ちで立派な王子ではなく、彼にはいつものみすぼらしい身なりの自分が見えました。彼は笑って独り言を言いました。「ついに!みんなが僕を人として見てくれるようになった。」

 

【解答】

(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7) simple
(8) 2、the magic mirror
(9) which was how everyone else saw him
(10)
(11)
(12)
(13) really am
(14) a: the Queen
b: the farmer
c: the woodcutter
(Visited 698 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)