東大過去問 1997年 第5問(総合)

/ 4月 1, 2020/ 東大過去問, 第5問(総合), 過去問/ 0 comments

【問題文】

次の英文を読み,以下の設問に答えよ。

As soon as he saw Benjie, Ezzie got up and said, ‘Hey, what happened? Where’d you go after school?’
Benjie said, ‘Hammerman’s after me.”
Ezzie’s pink mouth formed a perfect O. He didn’t say anything, but his breath came out in a long sympathetic sigh. Finally he said, ‘Marv Hammerman?’ even though he knew there was only one Hammerman in the world, just as there had been only one Hitler.
‘Yes.’
‘Is after you?’
Benjie nodded, sunk in misery. He could see Marv Hammerman. He came up in Benjie’s mind (1)____ monsters do in horror movies, big and powerful, with the same cold, unreal eyes. It was the eyes Benjie really feared. One look from those eyes, and you knew you were his next victim.
‘What did you do?’ Ezzie asked. ‘Or did you do anything?’
At least, Benjie thought, Ezzie understood that. If you were Marv Hammerman, you didn’t need (2)a reason. He sat down on the steps and looked down at his feet. ‘I did something.’ he said.
‘What?’ Ezzie asked. ‘What’d you do? You bump into him or something?’
Benjie shook his head.
‘Well, what?’
Benjie said, ‘You know that big chart in the upstairs hall at school?’
‘What’d you say? (3)____, Benjie. You’re muttering.’ Ezzie bent closer. ‘Look at me. Now what did you say?’
Benjie looked up, and said, ‘You know that big chart outside the history room? In the hall?’
‘Chart?’ Ezzie said blankly. ‘What chart, Benjie?’
‘This chart takes up the whole wall, Ez, how could you (4)____ it? It’s a chart about early people, and it shows human progress up from the apes, the side view of all those different kinds of prehistoric people, like Cro-Magnon man and Pithecanthropus. That chart.’
‘Oh, yeah, I saw it. So?’
Benjie could see that Ezzie (5)____ the good part, the violence. His shoulders dropped. He wet his lips. He said, ‘Well, when I was passing this chart on my way out of history ― and I don’t know why I did this ― I really don’t. When I was passing this chart, Ez, on my way to math ―’ He swallowed several times. ‘When I was passing this chart. I took my pencil and I wrote Marv Hammerman’s name on the bottom of the chart and then I drew an arrow to the picture of Neanderthal man.’
‘What?’ Ezzie cried, ‘What?’ (6a)He could not seem to take it in. Benjie knew that Ezzie had been prepared to sympathize with an accident. (6b)He had almost been the victim of one of those himself. One day at school Ezzie had reached for the handle on the water fountain a second ahead of Marv Hammerman. If Ezzie hadn’t glanced up just in time, seen Hammerman and said quickly, ‘(7)____ ahead. I’m not thirsty,’ then this unhappy figure on the steps might be (6C)him.
‘What did you do it for, Benjie?’
‘I don’t know.’
‘You crazy or something?’
‘I don’t know.’
‘Marv Hammerman!’ Ezzie sighed. It was a sorrowful sound. ‘(8)Anybody else in the school would have been better. I would rather have the principal after me than Marv Hammerman.’
‘I (9)____.’
‘Maybe Hammerman doesn’t know you did it though,’ Ezzie said. ‘Did you ever think of that? I mean, who’s going to go up to Hammerman and say his name is on the prehistoric chart?’ Ezzie leaned forward. ‘Hey, Hammerman,’ he said, imitating the imaginary fool, ‘I saw a funny thing about you on the prehistoric chart! Now, (10)who in their right mind is going to ―
‘He was right behind me when I did it,’ Benjie said.
‘What?’
‘He was (11)right behind me,’ Benjie said stiffly. He could remember turning around and looking into Hammerman’s eyes. It was such a strange, troubling moment that Benjie was unable to think about it.

 

【問題】

(1)下線部(1)に入れて意味が通る語句を次のうちからすべて選び,その記号を記せ。

ア as
イ how
ウ just
エ the way

(2)下線部(2)のa reasonとは,誰が何をする理由か。日本語で述べよ。

(3)下線部(3)を埋めるのに最も適当な文は,次のうちのどれか。その記号を記せ。

ア I can’t even see you
イ I can’t even hear you
ウ I’m not even looking at you
エ I’m not even listening to you

(4)下線部(4)を埋めるのに最も適当な語は,次のうちのどれか。その記号を記せ。

ア lose
イ miss
ウ notice
エ view

(5)下線部(5)を埋めるのに,最もふさわしいように次の語を並べかえよ。与えられた単語はすべて,それぞれ一度ずつ使うこと。

eager for get him on to to was

(6)下線部(6a),(6b),(6c)は,Ezzie,Hammerman,Benjieのうちの誰を指すか。Ezzieを指すものはE,Hammermanを指すものはH,Benjieを指すものはBと記せ。

(7)下線部(7)を埋めるのに最も適当な語は,次のうちのどれか。その記号を記せ。

ア be
イ go
ウ look
エ make
オ see

(8)下線部(8)の内容に最も近いものは,次のうちのどれか。その記号を記せ。

ア Somebody else should be chased by Hammerman.
イ Chasing Hammerman is as bad as chasing the principal.
ウ Hammerman is the worst person in school that can be after you.
エ You are the worst person in school for Hammerman to be after.

(9)下線部(7)を埋めるのに最も適当な語は,次のうちのどれか。その記号を記せ。

ア do
イ know
ウ see
エ think

(10)下線部(10)で, going toのあとを次のような形で補うとすれば,空所にどのような語を入れればよいか。最も適当な英語1語を記せ。

who in their right mind is going to (  ) him that?

(11)下線部(11)のrightに最も近い意味のrightを含む文は,次のうちのどれか。その記号を記せ。

ア Did I do it right this time?
イ His turn came right after mine.
ウ Turn right at the next traffic light.
エ Now it’s impossible to put things right.

 

【和訳】

エジーはベンジーを見つけるなり、立ち上がって言った。「おい!どうしたんだ。放課後どこに行ってたんだい?」
「ハマーマンが僕を狙ってるんだ。」ベンジーは言った
エジーのピンクの口はあんぐりと開いた。彼は何も言わなかったが、長い同情のため息をついた。そして彼はやっと口を開き「マーヴ・ハマーマン?」と言った。ヒトラーと言えば1人しかいないのと全く同様に、この世にハマーマンは1人しかいないと、彼も分かってはいたのだが。
「そう。」
「そのハマーマンが君を狙ってるって?」
ベンジーは不幸に落ち込んで、うなずいた。彼にはマーヴ・ハマーマンが見えるようだった。ハマーマンは、ホラー映画のモンスターと同じ様に、巨大で凶暴で、冷たく作り物のような目を持つものとして、ベンジーの意識に迫ってきた。ベンジーが本当に怖かったのはその目だった。その目に捕えられたら、自分が次の犠牲者だと分かってしまうのだった。
「何したんだい?」とエジーは尋ねた。「というか、そもそも何かしたのかい?」
少なくともエジーは分かっている、とベンジーは思った。マーヴ・ハマーマンに理由などいらないのだ。ベンジーは階段に座って、足を見下ろし、「その『何か』をしたのさ。」と言った。
「何だい?何をしたんだい?彼にぶつかったか何かかい?」とエジーは尋ねた。
ベンジーは頭をふった。
「じゃあ、何さ?」
「学校の二階の廊下にある大きい図表を知ってるだろ?」
「何だって?ベンジー、ぶつぶつ話してるから聞こえやしない。」エジーは身を乗り出した。「僕を見なよ。さあ、何て言ったんだい?」
ベンジーは視線を上げて、言った。「歴史資料室の外の大きい図表を知ってるだろ?廊下の。」
「図表?何の図表だい、ベンジー?」エジーはぽかんとして言った。
「その図表は壁全体に貼ってあるんだ。見逃してるはずはないよ、エジー。原始人の図表さ。類人猿からの人類の進化を描いてる。クロマニヨン人とかピテカントロプスとかいった、先史時代の色んな人類の横の姿を描いてる。あれだよ。」
「ああ、あれか。知ってるよ。それで?」
エジーがいい所、つまり暴力的な話題に移る事を期待している事がベンジーには分かった。ベンジーはうなだれた。そして彼は唇を湿らせて、言った。「そう、歴史の授業から戻る時に、その図表の前を通りかかって、、何であんな事をしたのかわからないんだけど、、本当に分からないんだ。その図表を通り過ぎる時に、エジー、僕は数学の授業に向かっていたんだ、、」彼は何度も唾を飲み込んだ。その図表を通り過ぎる時に、僕は鉛筆を取り出して、マーヴ・ハマーマンの名前を図表の下の方に書いて、ネアンデルタール人の絵の方に矢印を引いたんだ。」
「何だって?」エジーは叫んだ。「何だって?」彼は事態が飲み込めない様だった。エジーが偶発的な不幸に同情するつもりでいたのが、ベンジーには分かった。エジー自身、多くの犠牲者の1人になりかけたことがあったからだ。ある日学校で、エジーは水飲み場の取っ手に、マーヴ・ハマーマンよりほんの少し早く手を伸ばしたのだ。もしエジーがギリギリに視線を上げて、ハマーマンに気付き、素早く「どうぞ。僕は喉が乾いてないんだ。」と言わなかったら、階段に座っているこの不幸な人物は彼自身だったかもしれないのだ。
「何のためにそんな事をしたんだい、ベンジー?」
「分からない。」
「気でも狂ったのかい?」
「分からないんだ。」
「マーヴ・ハマーマン。」エジーはため息混じりにそう言った。それは悲しい響きだった。「(8)学校の誰でもいいから、あいつ以外だったらましだったのに。校長に追い回された方がましだよ。」
「分かってるよ。」
「でも、もしかしたらハマーマンは君がそれをやったって知らないかもしれない。」とエジーは言った。「その可能性は考えてみたかい?つまりさ、誰がハマーマンの所まで行って、彼の名前が先史時代の図表に書き込まれてるなんて、告げ口するっていうんだい?」エジーは身を乗り出した。「ねえ、ハマーマン、、」彼は想像上のバカなヤツを真似て言った。「先史時代の図表に君に関係ある面白いものを見つけたんだ。そうさ、(10)まともなヤツがそれを彼に告げ口するわけ、、
「ハマーマンは僕があれを書いた時、すぐ後ろにいたんだ。」とベンジーは言った。
「何だって?」
「彼は僕のすぐ後ろにいたんだ。」ベンジーの声はこわばっていた。彼は振り返ってハマーマンの目を見つめた時のことを思い出すことができた。それはあまりにも奇妙で、まずい瞬間だったので、ベンジーはそれについて何も考える事ができなかった。

 

【解答】

(1) ア、エ
(2) ハマーマンが誰かをつけ狙う理由
(3) イ
(4) イ
(5) was eager for him to get on to
(6a) E (6b) E (6c) E
(7) イ
(8) ウ
(9) イ
(10) tell
(11) イ
(Visited 999 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)