東大過去問 1989年 第4問(和訳)

/ 1月 29, 2020/ 東大過去問, 第4問(和約), 過去問/ 0 comments

【問題】

次の英文の下線部を和訳せよ。

(1)John, now in his second year at college, was home for the spring vacation, and his mother took the opportunity of having a serious talk with him. Did he know where he wanted to live? John was not sure. Did he know what he wanted to do? He was equally uncertain, but when pressed remarked that he should prefer to be quite free of any profession. She was not shocked, but went on sewing for a few minutes.

(2)It was one of those Saturdays upon which she had had to work at her office. What was more, it was a wet Saturday: all the possibilities of fine Saturday afternoons fled from her, as she came home, steaming, in the bus, which smelt of people’s rainproofs and wet skin and hair. To add to this it was a wet Saturday in summer, that dreariest of all occasions, when the greenness of the season calls the people of London out, even into their suburban parks, and the weather forbids.

(3)Some people are so changed by their life’s experience that in old age they behave in completely unexpected ways. Many of us know elderly men and women who no longer act as we have come to expect them to act. I am not talking here about victims of senile dementia*. In the examples I am talking of the person continues to behave in what most people would agree is a normal manner, but one so remote from his old self that he appears, to those who know him, to be someone else entirely.
 (注) *senile dementia:老年性痴呆

 

【単語】

 

 

【和訳】

(1)ジョンは今大学2年生で、春休みの間帰省していた。ジョンの母は彼と真面目な話をする機会を得た。どこに住みたいと思っているの?ジョンは自分でも分からなかった。どんな仕事に就きたいと思っているの?彼はこれも分からなかった。しかし、答えを迫られると、どんな仕事にも就かないのがいい、と言った。母はショックを受けたわけではなかったが、数分間縫い物を続けた。

(2)それは、彼女が事務所で働かねばならない嫌な土曜日のうちの1日だった。さらにいえば、雨の土曜日だった。彼女が素晴らしい土曜の午後を過ごせる可能性はまったく失われていた。彼女は湿気にまとわりつかれて、バスで帰宅した。バスは人々の雨具と、湿った皮膚と髪のにおいがした。これに加えて、それは夏の雨の土曜だったのだ。これほど最悪のときはない。夏の緑が人々をロンドンから連れ出そうと手招きし、せめて郊外の公園にでも行こうと思うのだが、天気がそれを許してくれないのである

(3)人生経験が人を著しく変えた結果、年老いてから、全く意外な振る舞いをする人がいる。私たちの多くは、想定外の行動に出る老人・老婆を知っている。私は老年性痴呆患者のことを言っているのではない。私が言っている事例では、その人は誰もが普通だと認めるような振る舞いを続けているのだが、その振る舞いはかつてのその人とはかけ離れているので、その人を知る者にとっては、完全に別人に感じられるのである。

(Visited 2,127 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)