東大過去問 1981年 第1問(要約)

/ 12月 19, 2019/ 東大過去問, 第1問(要約), 過去問/ 1 comments

【問題】

次の文章は英国の自然について述べたものである。その要旨を60字から80字の日本文で書け。ただし、句読点も字数に数える。

There are not many places where one can feel with complete assurance that this is exactly as the first inhabitants saw it in “the freshness of the early world.” Not much of England, even in its more remote places, has escaped being altered by man in some subtle way or other, however untouched we may fancy it is at first sight. Sherwood Forest and Wicken Fen are not quite what they seem. The historian, trying to enter into the minds of the first men to behold a virgin landscape, trying to imagine precisely what they saw and no more, is aware of some of the difficulties of his task, if not all. One needs to be a botanist, a geographer, and a naturalist, as well as a historian, to be able to feel certain that one has all the facts right before allowing the imagination to play over the small details of a scene. We must be extremely careful not to clothe the landscape with the wrong kinds of trees, or allow in it plants and birds that are really only the product of some recent changes, or fail to observe that the river has changed its course well within historic times. We may have to make all sorts of allowance — subtracting here and adding there — before the natural landscape, still untouched by man, is recovered in all its purity and freshness.

 

【単語】

  1. with complete assurance
  2. the first inhabitants
  3. remote place
  4. escape being altered
  5. in some subtle way
  6. fancy
  7. at first sight
  8. what they seem
  9. historian
  10. behold
  11. virgin landscape
  12. precisely
  13. if not all
  14. botanist
  15. geographer
  16. naturalist
  17. as well as
  18. feel certain
  19. extremely
  20. clothe
  21. well within historic times
  22. make all sorts of allowance
  23. subtract
  24. purity

 

【和訳】

これは、原初の世界の純粋さの中で最初の住人が見たのと全く同じ状態だと、完全な自信を持てるような場所はあまりない。一見すると手付かずに見えたとしても、イギリスでは、人里離れた場所でさえ、ほんのちょっとした点やその他の何かの点において、人の手によって変えられてしまっていることが多い。シャーウッドの森やウィッケンフェンも思った通りのものではない。手付かずの風景を見た最初の人間の頭の中に入っていき、彼らが見たものだけを正確に想像しようとする歴史家は、その仕事の困難さに、全てではないにせよ、部分的には気が付くだろう。想像力に委ねることなく、景観の細かな部分まで全ての正確な事実を手にした、と確信を持つために、彼らは、歴史家であると同時に、植物学者、地理学者、博物学者でなくてはならない。私たち歴史家は、間違った種類の木々を景色に重ね合わせたり、最近の何らかの変化の産物でしかない植物や鳥をその景色に入り込ませたり、歴史的時間の中では川が流れをおおいに変えるということを見落とす、、などということがないように十分に気をつけねばならない。歴史家はこちらは引き算し、あちらは足し算するといった、あらゆる種類の酌量をしなければならないのである。そうすれば、いまだ手つかずの自然の景観がその純粋で新鮮な姿を再生するかもしれないのである。

 

【要約】

イギリスの風景は手付かずである場合が稀なので、歴史家がその原初の姿を想像する時は、植物や地理などに関する事実を十分収集した上で、様々な事情を考慮する必要がある。(80字)

 

(Visited 1,040 times, 1 visits today)
Share this Post

1 Comment

  1. 英国内で人工的に改変されていない景観が残る地域は稀だ。昔のままの風景を想像するには、歴史だけでなく自然科学の観点も加味し、現状を注意深く観察する必要がある。(78字)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)