京大過去問 2008年 第1問(英文和訳)

/ 2月 15, 2021/ 英文和訳, 京大過去問, 難易度★★★★/ 0 comments

  • 解答は下部にあります。
  • 下のリンクから問題文をPDFで印刷できます。
  • 間違いの指摘・添削依頼・質問はコメント欄にどうぞ。

【問題】

次の文の下線をほどこした部分(1)~(3)を和訳しなさい。

No presidency was more crisis-ridden and hectic than Lincoln’s. His surface calm and good-natured demeanor do not suggest how totally engaged he was by the job. While never well organized or systematic, he was an energetic, hands-on, detail-oriented administrator. If any president’s performance in office deserved the overused epithet indefatigable, it was his. He is famous for his willingness to make time for hearing the personal requests of ordinary members of the public. Though the demands of the patronage system drove him almost to distraction, he insisted on involving himself in the contentious process of sorting out the competing claims of hundreds of applicants for government posts.
One has only to peruse his personal papers to get some idea of the amazing number of details that received his attention. (1)The testimony of those who saw him regularly is overflowing with evidence confirming Lincoln’s exertions. As is often pointed out, the physical toll that these efforts exacted is visible in the photographs taken over the course of his four years in office. He kept longer hours and in almost every way outworked his subordinates, which prompted an old friend and frequent visitor to ask him when he slept. Lincoln’s answer was, according to this friend, “just when everybody else is tired out.”
In the midst of all this exertion, Lincoln found an astonishing amount of time to write. Published items in the Collected Works from his hand as president run into the thousands, and recent searches in the National Archives indicate that there are many more writings that have gone unrecorded. As these discoveries show, Lincoln not only sent a constant stream of small notes and endorsements to various government offices and officials, but he sometimes drafted complicated documents that were issued over the signature of subordinates. He wrote frequently to his generals, as a way of keeping in touch and offering advice. (2)After his first taste of military defeat in a disastrous major battle of the Civil War, his reaction was to take up his pen and stay up all night to set down on paper what needed to be done to make up for the situation. In short, he responded in writing to almost every important development during his presidency, and to many that were not so important. Except for ceremonial proclamations, he seems to have delegated relatively little official writing. It becomes apparent that writing — both the activity and its products — was indispensable to Lincoln’s way of performing his office.
But the drafting of a consequential text usually requires time, quiet, and and absence of interruptions, the very things that Lincoln most often lacked. How did he manage? The recollection of a friend helps to explain how so much writing was possible. “Lincoln had a wonderful faculty in that way,” recalled this friend. “He might be writing an important document, be interrupted in the midst of a sentence, turn his attention to other matters entirely foreign to the subject on which he was engaged, and take up his pen and begin where he left off without reading the previous part of the sentence.” (3)But the record also reveals that Lincoln frequently sought sanctuary to immerse himself in his writing. Indeed, there is more than a little evidence to suggest that writing was often a form of refuge for Lincoln, a place of intellectual retreat from the chaos and confusion of his duties where he could sort through conflicting options and order his thoughts with words.
 

【和訳】

リンカーンの在職時以上に、危機に瀕し、また多忙であった大統領の任期はなかった。彼の表面上の落ち着きと温厚な態度からは、彼がいかにその職に忙殺されていたか、窺い知ることはできない。彼はテキパキと効率が良かったわけではないが、エネルギーに満ちて、他人任せにせず、細部まで配慮の行き届いた行政官であった。在任したあらゆる大統領の仕事ぶりの中で、『疲れを知らない』という使い古された形容句に値するとしたら、リンカーンの仕事ぶりである。彼は一般の人々の個人的な要望を聞くことに時間を割くことをいとわなかったとして有名である。彼は猟官制による要望により気が狂いそうになったが、公職を求める数百もの嘆願者の競合する主張を選別するという、異論の多いプロセスに自ら関わる事にこだわっていた。
彼が注意を払っていた驚くべき数の詳細な物事について知りたいのであれば、彼の個人的な文書を通読するだけでよい。(1)リンカーンと頻繁に会っていた人々の証言には、彼がいかに骨身を惜しまず働いていたかを裏付ける証拠が溢れている。よく指摘されるように、こうした努力が強いた肉体的な犠牲は、彼の在任中の4年間にわたって撮られた写真の中に、見ることができる。彼は部下よりも長く働き、ほとんどあらゆる点で部下よりも多く仕事をした。そのため古くからの友人であり頻繁に訪れていたある人物は、リンカーンにいつ寝ているのかと尋ねた。この友人によればリンカーンの返事はこうであった「他の全員が疲れ果てているまさにその時さ」。
こうした尽力の最中、リンカーンは書き物をするために極めて多くの時間を割いていた。『選集』に収められている、大統領時代の彼が書いた公開文書は数千に及び、アメリカ国立公文書局の最新の調査によれば、記録されなかった更に多くの文書が存在することが示唆されている。こうした発見が示すように、リンカーンはちょっとしたメモや承認の書類を、様々な政府機関や役人に絶え間なく送っていたのみならず、部下の署名で発行された複雑な公文書までも時には起草していた。彼は軍の将官達に頻繁に手紙を送り、連絡を取りアドバイスを送る手段としていた。(2)南北戦争において、ある悲惨な大戦で最初の軍事的敗北を喫した後、彼の反応はペンを取って、その状況を挽回するためになされるべきことを、徹夜で紙に書き付けることであった。要するに、彼は大統領職にある間、ほとんどあらゆる重大な事態に対して、また多くのそれほど重大でない事態に対して、書き物をすることで対処したのである。式典の宣言文を除き、彼は公文書を部下に書かせるということは、比較的少なかったようだ。書き物は、書くという行為と書かれた文書という両方の意味において、リンカーンの職務上、欠かせないものであったことが明らかになっている。
しかし重要な文書を起草するには通常、時間と静けさ、そして邪魔が入らないことが必要になる。そしてそれはまさに、多くの場合リンカーンに欠けているものであった。彼はどうしていたのだろうか。ある友人の記憶が、どのようにそれほど多くの書き物が可能になったかを説明する助けとなる。『リンカーンはその点に関して素晴らしい才能があったんだ』とその友人は回想する。『彼は重要な書類を書いていて、文の途中で邪魔が入り、携わっていたテーマとは全く無関係の物事に注意を向けた後でも、ペンを取り上げて、文の以前の部分を読むことなしに続きから再開することが出来たのだろう』(3)しかしリンカーンは書き物に集中できる静かな環境をしばしば所望していたことも、記録から明らかになっている。実際、書き物はリンカーンにとってしばしば一種の避難場所、つまり彼の義務における混沌と混乱から離れられる知的な避難所であったと示唆する証拠が少なからず存在している。そこで彼は相反する選択肢を吟味し、自身の考えを言葉で整理することができたのだ。
 

【難単語・難熟語】

  • presidency → 大統領の職、大統領の在任期間
  • ~ridden → 〜に悩まされた
  • hectic → 大忙しの
  • demeanor → 態度、振る舞い
  • good-natured → 温厚な
  • organized → てきぱきとした、効率の良い
  • hands-on → 実地の、実際的な、直接手を下す
  • ~oriented → 〜を重視した
  • administrator → 行政官、管理者
  • epithet → 形容句(人の特性を表現した言葉)
  • infatigable → 疲れを知らない
  • the public → 大衆、一般の人々
  • patronage system → 猟官制(自分の支持者に公職を与えること)。patronageは『支援』の意。
  • distraction → 気が散ること、気が動転すること
  • contentious → 物議をかもすような
  • applicant → 応募者、志願者
  • sort out → 分類する、解決する
  • insist on doing → 〜をやり続ける、〜することにこだわる
  • peruse → 熟読する、通して読む
  • testimony → 証言
  • overflow → あふれる
  • confirm → 裏付ける、確証する
  • exertion → (effortよりも骨の折れる)尽力
  • physical → 肉体的な、物理的な
  • toll → 犠牲、通行料
  • exact → 要求する、強いる
  • over the course of ~ → (かたく)〜の間に(in the course of ~のバリエーション)
  • in office → 在任中である
  • keep long hours → 長く働く
  • outwork → より多く働く
  • subordinate → 部下
  • tired out → 疲れ果てる
  • astonishing → 非常に驚くべき
  • run into ~→ (経費や総計が、〜という数字に)達する
  • National Archives (and Records Administration) → アメリカ国立公文書(記録管理)局
  • indicate → 示す
  • note → メモ、覚書
  • endorsement → 承認、支持、推奨(ここではどういった文書なのかはっきりしない)
  • government office → 政府の機関
  • signature → 署名、サイン
  • document → 公文書、書類
  • draft → 下書きを書く、起草する
  • general → 将軍、軍の司令官
  • keep in touch → 連絡を取る
  • taste → (短い)経験
  • Civil War → (アメリカの)南北戦争
  • defeat → 敗北
  • disastrous → 災害を招くような、損害の大きな、悲惨な
  • set down → 書き留める
  • make up for A → Aを補う、償う、帳消しにする
  • development → (物事の)推移、展開、出来事
  • in short → 要するに、短くいうと
  • except for A → Aを除き
  • ceremonial → 儀式上の、公式の
  • proclamation → 宣言、声明文
  • delegate~ → 〜を委任する
  • consequential → 重大な、首尾一貫した
  • recollection → 記憶、思い出すこと
  • faculty → 才能、能力
  • be engaged → 携わっている、行っている
  • leave off → 中断する
  • sanctuary → 神聖な場所、避難所、安らぎの場所
  • immerse oneself → 没頭する
  • refuge → 避難、逃避
  • retreat → 避難、撤退
  • chaos → カオス、混沌
  • confusion → 混乱状態
  • sort through → ざっと目を通す、整頓する
  • conflicting → 相反する、矛盾する
  • option → 選択肢
  • order → (考えなどを)整理する、まとめる
  •  

    【読解・解答のポイント】

    難易度★★★★The testimony of those who saw him regularly is overflowing with evidence confirming Lincoln’s exertions. As is often pointed out, the physical toll that these efforts exacted is visible in the photographs taken over the course of his four years in office. He kept longer hours and in almost every way outworked his subordinates, which prompted an old friend and frequent visitor to ask him when he slept. Lincoln’s answer was, according to this friend, “just when everybody else is tired out.”

    リンカーンと頻繁に会っていた人々の証言には、彼がいかに骨身を惜しまず働いていたかを裏付ける証拠が溢れている。よく指摘されるように、こうした努力が強いた肉体的な犠牲は、彼の在任中の4年間にわたって撮られた写真の中に、見ることができる。彼は部下よりも長く働き、ほとんどあらゆる点で部下よりも多く仕事をした。そのため古くからの友人であり頻繁に訪れていたある人物は、リンカーンにいつ寝ているのかと尋ねた。この友人によればリンカーンの返事はこうであった「他の全員が疲れ果てているまさにその時さ」。










     
    難易度★★★★After his first taste of military defeat in a disastrous major battle of the Civil War, his reaction was to take up his pen and stay up all night to set down on paper what needed to be done to make up for the situation. In short, he responded in writing to almost every important development during his presidency, and to many that were not so important. Except for ceremonial proclamations, he seems to have delegated relatively little official writing.

    南北戦争において、ある悲惨な大戦で最初の軍事的敗北を喫した後、彼の反応はペンを取って、その状況を挽回するためになされるべきことを、徹夜で紙に書き付けることであった。要するに、彼は大統領職にある間、ほとんどあらゆる重大な事態に対して、また多くのそれほど重大でない事態に対して、書き物をすることで対処したのである。式典の宣言文を除き、彼は公文書を部下に書かせるということは、比較的少なかったようだ。










     
    難易度★★★★But the record also reveals that Lincoln frequently sought sanctuary to immerse himself in his writing. Indeed, there is more than a little evidence to suggest that writing was often a form of refuge for Lincoln, a place of intellectual retreat from the chaos and confusion of his duties where he could sort through conflicting options and order his thoughts with words.

    しかしリンカーンは書き物に集中できる静かな環境をしばしば所望していたことも、記録から明らかになっている。実際、書き物はリンカーンにとってしばしば一種の避難場所、つまり彼の義務における混沌と混乱から離れられる知的な避難所であったと示唆する証拠が少なからず存在している。そこで彼は相反する選択肢を吟味し、自身の考えを言葉で整理することができたのだ。





     

(Visited 802 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)