京大過去問 1993年 第2問(英文和訳)

/ 9月 2, 2020/ 仮定法, 英文和訳, 京大過去問, 難易度★★/ 1 comments

  • 解答は下部にあります。
  • 下のリンクから問題文をPDFで印刷できます。
  • 間違いの指摘・添削依頼・質問はコメント欄にどうぞ。

【問題】

次の文の下線をほどこした部分(1)(2)を和訳せよ。

It was a dull and cloudy day when we arrived at the railway station outside Upper Harford and, in the diffuse grey light, they seemed older and more frail. I took my grandmother’s arm as we waited for the train that would bear me away to London. (1)I may have imagined it, but I believe that I felt her body shaking slightly; it was only a faint tremor, but nevertheless it communicated itself to me, and made me more afraid for her than I had been since my arrival all those years before. Yet  there was very little that could be said — very little to say — on this grey morning of my departure.
‘Come back soon,’ she called out as eventually I boarded the train. ‘We’ll miss you.’
‘I won’t be long,’ I said. It was as if I were leaving for a morning or for an hour; but in truth the interval would be much greater than that.
I believe my grandfather suspected as much, because he came up to me as I learned out of the window and put his hand against my cheek. ‘Remember,’ he said. ‘Be true to yourself. And then you will be true to others.’
I watched them standing quietly together as the train pulled out of the station; the steam gathered all around them in clouds but, when it cleared for a moment, they were still gazing after me intently. I waved, and then they were gone.
I had not been in London since I had left with my father and grandfather; it had become unfamiliar, almost threatening, and as the train made its way through the suburbs to Paddington Station, I could feel the tension rising within me. It was as if I were pushing my way, physically, through a crowd which might overwhelm me.(2)I do not recall experiencing anything of this kind before — this sensation of millions of lives surrounding my own — but, when I last lived in the city, perhaps I possessed no real awareness of my own self. Now everything had changed, and it was with a newly awakened self-consciousness that I walked from the platform into the main concourse of the station.

【和訳】

私達がアッパー・ハーフォード郊外の駅に到着したのは憂鬱に曇った日だった。拡散された灰色の光の中で、彼らは年老いて弱々しく見えた。私は祖母の手を握り、私をロンドンへと連れてゆく汽車を待った。(1)私の思い違いだったのかもしれないが、私は彼女の体が僅かに震えているように感じた。それは微かな身震いだったにもかかわらず、その振動は私に伝わり、何年も前にここに到着して以来感じたことがないほどの不安を、私は覚えた。しかし、私の出発するこの灰色の朝に、言えることはほとんどなく、言うべきこともほとんどなかった。
「すぐ戻って来るのよ」私がついに車両に乗り込む時になって彼女は叫んだ。「寂しくなるよ」
「すぐに戻って来るわ」と私は言った。それはまるで、午前中かあるいは1時間だけ外出するかのようだった。しかし実際には別れはそれよりもずっと長くなるはずだった。
祖父もそう思ったのだろう。彼は身を乗り出した私に歩み寄り、私の頬に手を当てた。「覚えておきなさい」と彼は言った。「自分に誠実でいなさい、そうすれば他人にも誠実でいられるんだ」
私は汽車がが駅を出て行く時に、二人が寄り添い静かに立っているのを見た。蒸気が雲のように彼らの周りに立ち込めたが、それが一瞬晴れた時に、彼らはまだ私の方を一心に見つめていた。私は手を振り、そして彼らは見えなくなった。
ロンドンを訪れるのは、父と祖父と共にその地を去って以来であった。ロンドンは不慣れで、ほとんど恐ろしい場所になっており、パディントン駅に向かい汽車が郊外を通過するにつれて、私は緊張感が高まっていくのを感じた。それはまるで、私を圧倒しそうな群衆を、実際に体を使ってかき分けながら進んでいくかのようであった。(2)私はこの種のこと、つまり数百万の生活が私自身の生活を取り囲んでいるという感覚を、それまでに経験した覚えがない。しかし私が以前にこの年に住んでいた時は、自分自身についてのリアルな意識を持っていなかったのだろう。今や全てが変わってしまっていた。そしてプラットホームから駅の中央ホールへと歩み入った時、私は新しく目覚めた自意識を携えていた

【難単語・難熟語】

  • concourse 駅などの中央ホール、中央通路

(Visited 885 times, 1 visits today)
Share this Post

1 Comment

  1. I believe my grandfather suspected as much, because he came up to me as I learned out of the window and put his hand against my cheek. で、日本語訳から判断すると、「learn」ではなく、「lean」ではないでしょうか?

    また、(1)で、なぜ主人公は祖母の震えを感じて、祖母に対して恐怖を感じだのでしょうか?

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)