京大過去問 1990年 第1問(英文和訳)

/ 8月 6, 2020/ 英文和訳, 否定, 京大過去問, 難易度★★★★, or/ 0 comments

  • 解答は下部にあります。
  • 下のリンクから問題文をPDFで印刷できます。
  • 間違いの指摘・添削依頼・質問はコメント欄にどうぞ。

【問題】

次の文の下線をほどこした部分(1)~(3)を和訳せよ。

We pay more attention to, and remember, messages that we like. (1)If we are faced with a message we dislike, or which fails to confirm our prejudices, we tend to ignore those parts which make us uncomfortable. For example, if we dislike or mistrust the source, our interpretation of the message is likely to be hostile. In all this, first impressions are vital. (2)If we begin with a false idea about the purpose of a communication, such an initial error is unlikely to be corrected, and mistakes may snowball.
Anyone who has used a tape-recorder knows how much more difficult it is to avoid background noises than they might have expected. In addition to the voice, there is a storm of other sounds of which you were unaware when making the recording — the hum of the central heating system, rustling papers, someone whistling in the corridor. On the other hand, you can exclude a great deal of distracting noise from your attention when you are getting to know an attractive stranger at a party, concentrating single-mindedly on the words being spoken. Unlike simple recording equipment, human perception is brilliantly selective: you can ignore almost anything you want to, but the sound of someone speaking your name will cut through a forest of other sounds. (3)This selection is vital for human development if only because we have to respond to a continuous flood of messages, and one brain can handle only so much information. What is more, we have to lump things together into broad categories and treat them as the same until they are proved different: not even the most cautious philosopher will treat each new event as totally distinct from all that has passed before, but will under similarities and thereby know how to respond.
 

【和訳】

我々は自分にとって好ましいメッセージに注意を払い、記憶する。(1)我々は、もし好ましくないメッセージ、つまり我々の偏見を追認してくれないようなメッセージに出会った時、我々を不快にするその部分を無視する傾向にある。例えば、我々がその発信元を好ましく思っていなかったり、信じていなかった場合、そのメッセージに対する我々の解釈は反感を伴ったものになりがちである。こうした全てのことにおいて、第一印象は肝心である。(2)コミュニケーションの目的について、最初に誤った考えを抱いていると、そうした初期の誤りは訂正されにくく、間違いが雪だるま式に増加することもある
テープレコーダーを使用したことがある人ならば誰もが、後ろで聞こえる雑音を入らないようにすることが、予想よりずっと難しいことを知っている。声に加えて、録音時には気が付かなかった他の音が嵐のように収録されているのだ。例えば、集中管理の暖房システムのうなるような音、紙の擦れる音、誰かが廊下で口笛を吹いている音。一方、パーティーで初対面の魅力的な人と知り合いになろうとして、一心不乱にその人の言葉に耳を傾けているような時は、気を散らすような多くの雑音を注意の外に追いやることができる。単純な録音機器と違い、人間の認知は素晴らしく選択的なのである。つまり、人は望むものをほとんど全て無視することができる一方で、誰かがあなたの名を呼べば、その声は他の音の森を切り裂いて、あなたに届くのである。(3)我々が絶え間ないメッセージの洪水に対応せねばならず、一つの脳では一定量の情報しか処理できないという理由だけだとしても、こうした脳の選択能力は、人間の発達に欠かせないものである。さらに、我々は物事を広いカテゴリーにまとめて、それらが別々のものと証明されるまでは、同一のものと扱う必要がある。極めて注意深い哲学者でさえ、新しい出来事のひとつひとつを、以前に起きたこと全てと完全に区別して扱うことはせず、類似性に照らすことで対応の仕方知るのである
 

【難単語・難熟語】

  • so much
  • lump

(Visited 1,168 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)