京大過去問 1987年 第2問(英文和訳)

/ 7月 4, 2020/ 英文和訳, 京大過去問, 難易度★★★, 構造が見えにくい, 関係詞, 倒置/ 0 comments

  • 解答は下部にあります。
  • 問題文をPDFで印刷できます。
  • 間違いの指摘や添削依頼や質問はコメント欄に。

【問題】

次の文の下線をほどこした部分(1)(2)を和訳せよ。

The objections to white, as a colour, in large spots or masses in landscape, especially in a mountainous country, are insurmountable. In nature, pure white is scarcely ever found but in small objects, such as flowers: or in those which are transitory, as the clouds, foam of rivers, and snow. Therefore, an object of pure white can scarcely ever be managed with good effect in landscape-painting. Five or six white houses, scattered over a valley, by their obtrusiveness, dot the surface, and divide it into triangles, or other mathematical figures, haunting the eye, and disturbing that repose which might otherwise be perfect. I have seen a single white house seriously damage the majesty of a mountain; cutting away, by a harsh separation, the whole of its base, below the point on which the house stood. (1)Thus was the apparent size of the mountain reduced, not by the interposition of another object in a manner to call forth the imagination, which will give more than the eye loses; but what had been cut away in this case was left visible; and the mountain appeared to take its beginning, or to rise, from the line of the house, instead of its own natural base. But, if I may express my own individual feeling, it is after sunset, at the coming on of twilight, that white objects are most to be complained of. The solemnity and quietness of nature at that time are always marred, and often destroyed by them. (2)When the ground is covered with snow, they are of course inoffensive; and in moonshine they are always pleasing — it is a tone of light with which they accord: and the dimness of the scene is enlivened by an object at once conspicuous and cheerful. I will conclude this subject by saying that the cold, bluish colour, which many persons, who have heard the white condemned, have adopted in its stead, must be disapproved of for the reason already given. The bright yellow runs into the opposite extreme, and is still more censurable. On the whole, the safest colour, for general use, is something between a cream and a dust-colour, commonly called stone colour; — there are examples of this that need not be pointed out.

 

【和訳】

風景の中で大きな点や塊となった白い色に対する違和感は、特に山がちな田舎においては、拭い難いものである。自然の中において純白という色は、花のような小さなもの、あるいは雲や川の泡や雪のような一時的なもの以外に、ほとんど見られない。したがって、風景画においては、純白の物体が良い効果を生み出すことはほとんど不可能である。谷間に点在する5、6軒の白い家は、悪目立ちし、画面の汚点となり、画面を三角形か何かの数学的図形に分割し、目障りで、それがなければ完成されるであろう静謐さをかき乱してしまう。私はたった一軒の白い家がある山の偉容を著しく損なっているのを見たことがある。その家の建っている地点より下の山の麓全体が、不格好に切り離されていた。(1)このように山の見える部分は小さくなっていたが、想像力を掻き立てるような仕方で、他の物体が介在しているわけではなかったため、隠れてしまった部分以上のものを与えてくれはしなかった。むしろこの場合、切り取られた部分は見えるままになっており、山が本来の麓からではなく、家の輪郭から始まる、つまりそこから聳えているように見えたのである。しかし私自身の感覚からすれば、白い物体が最も不都合なのは、日没後、薄明かりの初期である。その時間における自然の厳粛と静謐が、間違いなく損なわれるし、ほとんどの場合、完全に台無しになるからである。(2)もちろん地面が雪で覆われている場合には、白い物体もそれほど害はない。そして月明かりの下では、それらはいつも快い。月明かりは白色と馴染む光のトーンである。景色の薄暗さが、目立つと同時に陽気な物体によって活気付けられるのである。この話題の結論として言わせてもらえば、白が良くないと聞いて多くの人が代わりに採用してきた、冷めた青系の色も既に述べた理由で、認められない。鮮やかな黄色はその対極にあたるが、なお悪い。総じて、一般的に使用して最も安全な色は、クリーム色と砂色の間の、一般的にストーンカラーと呼ばれる色である。このような例は指摘するまでもないが。

 

(Visited 876 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)