京大過去問 1985年 第1問(英文和訳)

/ 6月 29, 2020/ 英文和訳, 否定, 京大過去問, 難易度★★★, 前から訳し下す, andの並べるもの/ 0 comments

    • 解答は下部にあります。
    • 問題文をPDFで印刷できます。
    • 間違いの指摘や添削依頼や質問はコメント欄に。

【問題】

次の文の下線をほどこした部分(1)(2)を和訳せよ。

Whenever the people of Lincoln’s neighborhood engaged in dispute; whenever a bet was to be decided; when they differed on points of religion or politics; when they wanted to get out of trouble, or desired advice regarding anything on the earth, below it, above it, or under the sea, they went to “Abe.”
Two fellows, after a hot dispute lasting some hours, over the problem as to how long a man’s legs should be in proportion to the size of his body, stamped into Lincoln’s office one day and put the question to him.
Lincoln listened gravely to the arguments advanced by both contestants, spent some time in “reflecting” upon the matter, and then, turning around in his chair and facing the disputants, delivered his opinion with all the gravity of a judge sentencing a fellow being to death.
(1)“This question has been a source of controversy,” he said, slowly and deliberately, “for untold ages, and it is about time it should be definitely decided. It has led to bloodshed in the past, and there is no reason to suppose it will not lead to the same in the future. (2)After much thought and consideration, not to mention mental worry and anxiety, it is my opinion, all side issues being swept aside, that a man’s lower limbs, in order to preserve harmony of proportion, should be at least long enough to reach from his body to the ground.”
 

【和訳】

リンカーンの隣人達は、論争が起こった時はいつでも、また重要な決断が必要な時はいつでも、そして宗教上政治上の問題で意見が分かれた時、地上・地中・空中・海中のどんな問題に関しても、トラブルを回避したい時やアドバイスが欲しい時には、『エイブ』の所に行った。
ある日、二人の男が、体のサイズに対して足の長さはどの程度が良いかという問題について数時間にわたって論争した後、リンカーンの事務所に押しかけて、彼にその疑問を投げかけた。
リンカーンは相争う両者によって提起される主張に厳粛に耳を傾け、その問題をしばらく『熟考』し、ついに椅子を回転させて係争者と向き合い、死刑宣告を言い渡す裁判官さながらの厳粛さをもって、自身の意見を述べた。
(1)「この問題は計り知れない年月にわたって諍いの元でした」彼はゆっくりと、そして慎重に言った。「そろそろ明確に裁定が下されるべきです。この問題は過去に流血の惨事を生み出してきましたし、これからも同じ事が引き起こされないと考える理由はありません。(2)精神的な苦悩・憂慮は言うまでもなく、十分な思考・熟慮を重ねた上で、私の意見を述べさせて頂きます。すなわち、あらゆる小事を除外するならば、人間の脚は調和を保つために、少なくとも身体と地面を繋ぐに足る長さが必要である、と。

(Visited 861 times, 10 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)