ESL-Podcast (382) でリスニング(和訳あり)

/ 3月 16, 2018/ リスニング, ESL-Podcast/ 0 comments

382回は宿泊施設に関するあれこれです。宿泊する場所を決めるのに、いわゆる高級ホテルからブティックホテル、キャビン、モーテルまで、さまざまな選択肢を考えるっていうのが、アメリカらしいですね。

Jamal:  Have you found a place for us to stay in Chicago?

Erin:  I’m still exploring the options.  Instead of a run-of-the-mill chain hotel, I thought we could do something different.

 

 

ESL-Podcastとは

このサイトに飛んで音声をダウンロードする必要があります。有料ですが、それだけの価値があると思います。怪しいサイトでもないので安心です。

ESL-Podcast公式サイト

とても有名なリスニング教材ですね。まとまった対話文が読まれ、Jeffが解説してくれます。全て英語ですが、とてもゆっくり、平易に説明してくれるので、英語中級者でも分かりやすいです。MARCHレベル以上の大学を受ける人にぴったりですね。東大を受験するなら、このくらいは聴き取れるようになりたいものです。とはいえ、かなり優秀な生徒でも最初は聴き取れず、苦戦するでしょう。でもくじけず聴き続ければ、少しずつ聞き取れるようになってきます。

 

①ゆっくりと話してくれること

②受験用のリスニング教材と違って面白い(Jeffの人柄や、アメリカの雰囲気が感じられること、話題が豊富であること)

③豊富な語彙が出てくる

④英語の短い対話文→英語での解説という流れがよい(日本語が出てこないのがいい)

⑤一回分がちょうどいい量

 

僕はESL-Podcastの回し者でもなんでもないですw でも僕は大学受験からTOEIC、TOEFL、ビジネス英語まで、リスニング教材はこれだけで十分とすら考えています。実際、世界中で超定番の英語リスニング教材になっています。最近有料になってしまったのですが、安心できる組織が運営しているので、「聞き流すだけで英語ができる」などと謳う怪しげな組織の高額な教材よりずっといいでしょう。20~30分の教材が全部で1800話ほど配信されているのですが、ESL-Podcastの中の、SELECT ENGLISHというコースは、15ドルで好きなエピソードを自由に15本選んで聴けるので、お試しによいかと思います。スクリプトと和訳があった方が勉強しやすいという方は、僕が紹介している回をダウンロードして聴いてもらうとスムーズでしょう。

 

①上のリンクからESL-Podcastに飛ぶ

②ホームページ上部のSelect Englishのタブから、Learn Moreをクリック

③画面下のBUYのボタンをクリック

④クレジットカードなどの情報を入力(クレジットカードかPAYPALでの支払いなので学生ならば、親に頼みましょう)

 

これは僕の生徒の高校生にも聴かせています。特に気を付ける様に言っているのが、単語を一つ一つ読むのと、文章としてつなげて読むのでは、発音が違うということです。それを実感するために、一番下にある画像のように、スクリプトに記号や発音を書き込ませています。リスニングができない人にとっての一番の壁は、「早すぎて聴き取れないこと」と「単語間のつながりの発音が理解できていない」ことです。

 

次のような手順で勉強してみてください。

①とにかく何も見ずに聴く(おすすめは頭を使わない作業をしながら聴くこと、机に座って聴いていると気が散ってしまいます。全然聴き取れなくても気にしないでください。みんな最初はそうです。)

②スクリプトを見ながら分からない単語を調べて、意味をとる

③印刷したスクリプトを見ながら、対話を聴きなおし、アクセント記号・発音・音のつながりで聞き取りにくいところに書きこみをする(この記事の下部の画像のように。日本語で書いてあるところは、もちろん日本語の発音そのままではありません。自分で聴いて、自分なりにこう聴こえるというのをメモすることが大切です。)

④一文ずつ、ネイティブと同じ発音、つながり、スピード、表情で読めるように練習する。できればスクリプトを見ないで、(全文を一気に暗記する必要はない、その一文だけ、そのときだけで大丈夫です)言えるまで練習するといいです。

 

 

スクリプト

Jamal:  Have you found a place for us to stay in Chicago?

Erin:  I’m still exploring the options.  Instead of a run-of-the-mill chain hotel, I thought we could do something different.

Jamal:  How different?

Erin:  I thought we might stay in a cabin near the lake. 

Jamal:  A cabin?  That sounds a little too rustic for me.  My days of roughing it in hostels or fleabag motels are over.  A cabin sounds like it would be in the same league.

Erin:  Oh, I don’t know.  There are some very nice cabins, and even if they’re less than luxurious, I don’t mind staying in a modest place.  We can’t afford an expensive boutique hotel, you know.

Jamal:  I know that, but there are a lot of other options.  We could stay in a bed and breakfast or a vacation rental.  Remember the bed and breakfast we stayed in in Montreal? 

Erin:  Yeah, that was nice.  Okay, you win.  I was trying to appeal to your adventurous spirit.

Jamal:  My adventurous spirit is still here.  It just needs the right inducement.

 

 

 




和訳

Jamal:  Have you found a place for us to stay in Chicago? (シカゴでどこに泊まるか決めた?)

Erin:  I’m still exploring the options.  Instead of a run-of-the-mill chain hotel, I thought we could do something different. (まだ色々な選択肢を模索してるのよ。ありきたりのホテルチェインよりも、何か変わったことができるんじゃないかなって。)

Jamal:  How different? (変わってるって?どんな風に?)

Erin:  I thought we might stay in a cabin near the lake.  (湖の近くのキャビンに泊まるとか。)

Jamal:  A cabin?  That sounds a little too rustic for me.  My days of roughing it in hostels or fleabag motels are over.  A cabin sounds like it would be in the same league. (キャビン?僕にはちょっとワイルドすぎるかな。ユースホステルやおんぼろモーテルで、不便な滞在に耐えるような年齢じゃないんだ。キャビンも同じような部類に思えるよ。)

Erin:  Oh, I don’t know.  There are some very nice cabins, and even if they’re less than luxurious, I don’t mind staying in a modest place.  We can’t afford an expensive boutique hotel, you know. (そんなことないと思うわ。とっても素敵なキャビンもあるのよ。それに贅沢とは言えなくても、質素な所に泊まるのは気にならないわ。私達は高級なブティックホテルに泊まるお金はないのよ?)

Jamal:  I know that, but there are a lot of other options.  We could stay in a bed and breakfast or a vacation rental.  Remember the bed and breakfast we stayed in in Montreal?  (分かってるよ、でも他の選択肢もたくさんあるだろう?ベッド&ブレックファストでもいいし、貸し別荘でもいいじゃないか。モントリオールで泊まったベッド&ブレックファストを覚えているかい?)

Erin:  Yeah, that was nice.  Okay, you win.  I was trying to appeal to your adventurous spirit. (ええ、あそこは良かったわ。いいわ、あなたの勝ちよ。あなたの冒険心に訴えられるように頑張ってみるわ。)

Jamal:  My adventurous spirit is still here.  It just needs the right inducement. (僕はまだ冒険心を忘れてないよ。ただちゃんとしたきっかけが必要なだけなんだ。)

 

 

 

単語

今回は公式のスクリプトがなかったので、スクリプトに間違い、特に人名に関して間違いがあるかもしれません。間違いがあればコメントで指摘してくださいね。ESL-Podcastは、色々な人種の名前が登場します。日系の名前もよく出ますね。

1 explore the options explore「探検する、探る、調査する」、option「選択肢」、他に選択肢がないか色々と探してみるということ。
2 instead of A Aの代わりに
3 run-of-the-mill 普通ハイフンでつなぐみたいですね。millはもともとは水力を使って小麦などを挽く製粉所のこと。転じて工場一般のことを指します。run-of-the-millは工場で作られたもののように平凡なもの。
4 chain hotel ヒルトン、シェラトンといったホテル大手ですね。
5 cabin キャビン。丸太なんかで出来てるあれです。
6 rustic 田舎風の、粗野な、飾り気のない。最近ではインテリアでラスティックスタイルなどと、力の抜けたスタイルを指すポジティブな文脈で使われることが多いですね。
7 roughing it しばらくの間不便な生活をすること。rough「荒っぽい」を動詞句として使っているんですね。マーク・トゥエインの「roughing it」という本が、西部探検を題材にしたもので、それが語源のようです。
8 hostel ホステル。ユースホステルと同義です。ユースyouthは若者。もともとは若者が安く、安心して宿泊できる施設。日本でホステルというと、「安宿」というイメージですね。
9 fleabag fleaは虫のノミのこと。みすぼらしい動物や人のことをfleabagといい、アメリカ英語では汚い宿のこともfleabagといいます。
10 motel motelの語源はmotor hotel。車で入っていく、安いホテル。ラブホテルのようなイメージでしょうか。少し古いアメリカ映画だと良い感じの寂れたmotelがよく登場しますよね。
11 in the same league 同類。cabinはhostelやfleabag motelと同類ということ。
12 modest 質素な、控えめな。modestという形容詞は、「過剰でなく下品にならない」というポジティブなイメージ。
13 can’t afford A Aのためのお金がない
14 boutique hotel ブティックホテル。上記のヒルトンなどの大型ホテルとは違い、こじんまりとしているが、高級で、とてもお洒落なホテルのこと。
15 bed and breakfast 日本では馴染みのない宿泊形式。B&Bとも言われる。大体は民家を改装した小さな施設で、その名の通り、ベッドと朝食だけを提供する。
16 vacation hotel リゾート地にある、週単位や月単位で貸すような、簡易的なキッチンも付いている宿泊施設。
17 Montreal カナダの南東部の都市。カナダ第2の大都市。
18 appeal to 訴える。ここではJamalが満足するような宿泊施設を探すということ。
19 adventurous spirit 冒険心。
20 inducement 誘引、刺激。ここでは冒険心を刺激して引き出すような何か。

 

[amazon_link asins=’4325200487,4774307521,4756919340′ template=’ProductCarousel’ store=’eacademia-22′ marketplace=’JP’ link_id=’2aef6621-28a4-11e8-acc2-1974f9725afb’]

 

発音

便宜上、日本語で読み方を表記していますが、もちろん正確ではありません。ほとんどの生徒のローマ字風の読み方(綴りどおりの読み方)が、いかにネイティブの発音とかけ離れているかに気付いてもらうために、わざとこのように表記しています。他に表記のしようがないという理由もありますが・・・ ともあれ「単語を一つ一つ読むのと、文章としてつなげて読むのでは、発音が違う」ことを意識してください。そしてネイティブの音声を、一部ずつ取り出して繰り返し聴いて、自分で同じように発音できるよう、練習してください。恥ずかしがらずに口に出すことが上達のコツですよ!

 

 

(Visited 64 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)