東大過去問 2018年 第5問(総合)

/ 4月 4, 2020/ 東大過去問, 第5問(総合), 過去問/ 0 comments

・2018年の全問題はこちらからどうぞ

【問題文】

次の文章を読み、問いに答えよ。なお、文章の中で使われているsign language という表現は「手話」を意味する。

“Janey, this is Mr.Clark. He’s going to take a look at the room under the stairs.” Her mother spoke too slowly and carefully, so that Janey could be sure to read each word. She had told her mother many times that she didn’t have to do this, but her mother almost always did, even in front of people, to her embarrassment.
Mr. Clark kept looking at Janey intently. Maybe, because of the way her mother had spoken, he suspected she was deaf. (A)It would be like her mother not to have mentioned it. Perhaps he was waiting to see if she’d speak so that he could confirm his suspicion. She simply left her silence open to interpretation.
“Will you show him the room?” her mother said.
She nodded again, and turned so that he would follow her. Directly ahead and beneath a portion of the stairs was a single bedroom. She opened the door and he walked past her into the room, turned, and looked at her. She grew uncomfortable under his gaze, though she didn’t feel as if he were looking at her as a woman, the way she might once have wanted if it were the right man. She felt she’d gone past the age for romance. It was a passing she’d lamented, then gotten over.
“I like the room,” he spelled out in sign language. “( B29 )”
That was all. No conversation, no explanation about how he’d known for certain that she was deaf or how he’d learned to speak with his hands.
Janey came back to her mother and signed a question.
“He is a photographer,” she said, again speaking too slowly. “Travels around the world taking pictures, he says.”
“( B30 )”
“Buildings.”
 

****************

Music was her entry into silence. She’d been only ten years old, sitting on the end of the porch above the steps, listening to the church choir. Then she began to feel dizzy, and suddenly fell backwards into the music.
She woke into silence nights later, there in her room, in her bed. She’d called out from her confusion as any child would, and her mother was there instantly. But something ( C ) wrong, or had not ( C ), except inside her where illness and confusion grew. She hadn’t heard herself, hadn’t heard the call she’d made ― Mama. And though her mother was already gripping her tightly, she’d called out again, but only into silence, which is where she lived now, had been living for so many years that she didn’t feel unconfortable inside its invisibility. Sometimes she thought it saved her, gave her a separate place to withdraw into as far as she might need at any given moment ― and (D)there were moments.
The floor had always carried her mother’s anger. She’d learned this first as a little girl when her mother and father argued. Their words might not have existed as sound for her, but anger always caused its own vibration.
She hadn’t been exactly sure why they argued all those years ago, but sensed, the way a child will, that it was usually about her. One day her mother found her playing in the woods behind their house, and when she wouldn’t follow her mother home, her mother grabbed her by the arm and dragged her through the trees. She finally pulled back and shouted at her mother, not in words but in a scream that expressed all she felt in one great vibration. Her mother slapped her hard across her face. She saw her mother shaking and knew her mother loved her, but love was sometimes like silence, beautiful but hard to bear. Her father told her, “(E)She can’t help herself.
 

****************

Weeks later, Mr. Clark said to Janey, “You might be able to help me.”
“If I can,” she spelled with her fingers.
“I’ll need to ( F ) tomorrow. Maybe you can tell me some history about them.”
She nodded and felt glad to be needed, useful in some small way. Then Mr. Clark asked her to accompany him to the old house at the top of Oakhill. “You might enjoy that. Some time away from here.”
She looked toward the kitchen door, not aware at first why she turned that way. Perhaps she understood, on some unconscious level, what she hadn’t a moment before. Her mother was standing there. She’d been listening to him.
When Janey turned back to him, she read his lips. “Why don’t you go with me tomorrow?”
She felt the quick vibration of her mother’s approach. She turned to her mother, and saw her mother’s anger and fear, the way she’d always seem them. Janey drew in her breath and forced the two breath-filled words out in a harsh whisper that might have ( C ), for all she knew, like a sick child or someone dying: she said, “( B31 )”
Her mother stared at her in surprise, and Janey wasn’t sure if her mother was more shocked that she had used what was left of her voice, or at what she’d said.
“You can’t. You just can’t,” her mother said. “I need you to help me with some things around the house tomorrow.”
“No,” she signed, then shook her head. “( B32 )”
“You know good and well I do. There’s cleaning to be done.”
“It will ( G ),” she said and walked out before her mother could reply.
 

【問題】

(A)下線部(A)を、文末のitの内容がわかるように訳せ。

(B)空所(B29)~(B32)を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから選び、それぞれの記号をマークシートの(29)~(32)にマークせよ。同じ記号を複数回用いてはならない。

a) I’ll go.
b) I can’t.
c) I won’t.
d) Of what?
e) I’ll take it.
f) You don’t.
g) Don’t you dare.

(C)本文中に3か所ある空所(C)にはいずれも同じ単語が入る。最も適切な単語を次のうちから一つ選び、その記号をマークシートの(33)にマークせよ。

a) ended
b) gone
c) seemed
d) sounded
e) went

(D)下線部(D)の後にさらに言葉を続けるとしたら、以下のもののうちどれが最も適切か。一つ選び、その記号をマークシートの(34)にマークせよ。

a) given her when needed
b) when she didn’t feel uncomfortable
c) when her mother would not let her go
d) when she needed to retreat into silence

(E)下線部(E)の内容を、Sheが誰を指すか、また、Sheのどのような行動を指して言っているのかわかるように説明せよ。

(F)下に与えられた語を正しい順に並び替え、空所(F)を埋めるのに最も適切な表現を完成させよ。ただし、すべての語を用い、どこか一か所にコンマをいれること。

about、 buildings、 I、 know、 ones、 photograph、 something、 the、 the、 will

(G)空所(G)を埋めるのに最も適切な単語を次のうちから一つ選び、その記号をマークシートの(35)にマークせよ。

a) do
b) not
c) postpone
d) wait

 

【和訳】

「ジェイニー、こちらはクラークさんよ。下の階の部屋をご覧になるそうよ」彼女の母は、ジェイニーが一語一語確実に読み取れるよう、極端なほどゆっくり、そして注意深く話した。ジェイニーはそんな事をする必要はないと母に何度も話したのだが、母は他の人の前であっても、その話し方を変えないので、彼女は恥ずかしい思いをしているのだった。
クラークさんはジェイニーをじっと見ていた。彼はおそらく、母の話し方からしてジェイニーの耳が不自由なのではないかと、疑っているのだ。ジェイニーの耳が聞こえない事を前もって話しておかないのが、いかにも母らしいやり方だった。彼は疑念を確かめるため、彼女が話すかどうか見ようと待っているのかもしれない。彼女は彼女が黙っている理由を、彼の判断に委ねたままにしていた。
「クラークさんに部屋を見せてあげてくれる?」母が言った。
彼女はまた頷き、背を向けた。彼は彼女についていった。階段の正面下部にベッドルームが一つあった。彼女が扉を開けた。彼は彼女より先に部屋に入り、振り返り、彼女を見た。彼女は彼がじっと見つめるので、ますます居心地が悪くなっていた。彼が自分を女性として見ているようには感じなかったが。つまり、かつて彼女が適切な男性からならば、そうあって欲しいと望んであろう見つめ方を、彼はしてはいないようだったが。恋をするには自分は年を取りすぎてしまったと、彼女は感じていた。そうして過ぎ去ったものを彼女は嘆いたが、乗り越えていたのだった。
「良い部屋だね」彼は手話で言った。「ここに決めたよ」
ただそれだけだった。会話もなく、また彼女の耳が聞こえないことを彼がどうやって確信したのかについて説明もなく、彼がどうやって手話を学んだかについての説明もなかった。
ジェイニーは母親の所に戻って、手話で質問をした。
「彼は写真家なのよ」彼女は言った。またしても極端にゆっくりとした話し方だった。「世界中を旅して写真を撮ってらっしゃるそうよ」
「何の写真?」
「建築物よ」
 

****************

音楽は彼女の静寂への入口だった。彼女はまだ10才にしかならない頃、教会のコーラスを聴きながら、階段の上の玄関ポーチの端に座っていた。次の瞬間目眩がして、突如音楽の上に、仰向けに倒れこんだのだった。
彼女は幾晩も眠り続け、静寂の中眼を覚ますと、そこは彼女の部屋であり、彼女のベッドだった。彼女は子供が誰しもそうするように、混乱して叫び声をあげた。母がすぐに駆けつけた。しかし何かが奇妙に感じられた、音がしなかったのだ。彼女は自分の声が聞こえなかった。彼女が「ママ!」と叫んだ声が聞こえなかったのだ。母はもう既に彼女の手を強く握っていたが、彼女はもう一度叫び声をあげた。そしてやはり静寂のみが残った。その静寂は、今彼女が生きている世界であり、もう何年もそうして生きているので、その不可視性の内にいることが不快ではなくなっていた。時としてそれが自分を助けてくれることもあると、彼女は考えていた。必要になればいつでも、引きこもることのできる隔絶した場所があるのだから。そしてそれが必要になる時は、実際にあった。
床はいつも、母の怒りを伝導した。彼女がまだ小さな女の子だった頃、母と父が口論していた時、それに気が付いた。両親の言葉は彼女にとって、音としては存在していなかったかもしれないが、怒りというもの常に独自の揺動を持っているのだった。
当時両親が言い争っていたわけを、彼女は正確に知ることはできなかったが、それはいつも彼女に関することなんだと、子供らしい感性で気付いていた。ある日母は、彼女が家の裏手の森で遊んでいるのに気付いた。彼女が母の後について帰るのを拒んだ時、母は彼女の腕を掴んで、木々の中を引きずって歩いた。彼女はついに引っ張り返して、母に叫んだ。言葉ではなく、悲鳴として。彼女の感じていること全てを、1つの大きな揺動として表現するような悲鳴だった。母は彼女の頬を平手で打った。彼女は母が震えているのを見て、母が彼女を愛していることを悟った。しかし愛は時として静寂のようなもので、美しいが、堪え難いものだった。父は彼女に言った。「お母さんはどうにも我慢できなかったんだよ」
 

****************

数週間後、クラークさんはジェイニーに言った。「僕の手伝いをしてくれないかい?」
「もし私にできるのなら」彼女は手話で答えた。
「建物について知りたいことがあるんだ。明日写真を撮る建物なんだけど。たぶん君ならその歴史について教えてくれるんじゃないかと思って」
彼女は頷いた。些細なことであったが、役に立てたのが嬉しかった。それからクラークさんは、オークヒルのてっぺんにある古い屋敷に一緒に行かないかと彼女に尋ねた。「楽しいと思う。たまには外出しないと」
彼女はキッチンのドアを見た。最初は自分がなぜそちらを向いたのか、自分でも分からなかった。おそらく彼女は、無意識のうちに、一瞬前まで理解していなかったことを、理解したのだ。母がそこに立っていたのである。母は彼の話を聞いていたのだ。
ジェイニーは彼の方に向き直り、彼の唇を読んだ。「明日、僕と一緒に行こう」
彼女は母が近付いてくる素早い揺動を感じた。彼女は母の方を振り返った。母は怒り、怯えていた。いつもそうであったように。ジェイニーは息を吸い込み、不恰好な囁きの中に、息で満ちた2つの単語を絞り出した。それは彼女の知る限り、病気の子供か瀕死の人のような発音だっただろう。「私、行くわ」と彼女は言ったのだ。
母は驚愕し、彼女を見つめていた。ジェイニーがその声の中に残していた力を使ったという事実、あるいは彼女の言った内容、そのどちらに母がより驚いているのか、ジェイニーには分からなかった。
「ダメよ。絶対ダメ」母は言った。「明日は家中のことで手伝ってもらわなきゃならないの」
「違うわ」彼女は手話で言い、首を振った「その必要はないはずよ」
「分かってるはずでしょ?本当に手伝いが必要なの。掃除しなきゃならないのよ」
「掃除は明日じゃなくてもいいわ」彼女はそう言い捨て、母が応える間も与えず、歩み去った。
 

【解答】

(A)ジェイニーの耳が聞こえない事を前もって話しておかないのが、いかにも母らしいやり方だった。

(B)(29)=(e)、(30)=(d)、(31)=(a)、(32)=(f)

(C)(33)=(d)

(D)(34)=(d)

(E)ジェイニーの母が感情を抑えきれず、言うことをきかないジェイニーの腕を引っ張ったり、頬を平手打ちするなどの高圧的な態度を取るのは、仕方がないということ。

(F)know something about the building, the ones I will photograph

(G)(35)=(d)

(Visited 741 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)