東大過去問 2017年 第1問(要約)

/ 2月 24, 2020/ 東大過去問, 第1問(要約), 過去問/ 2 comments

【問題】

次の英文の要旨を、70~80字の日本語にまとめよ。句読点も字数に含める。

According to one widely held view, culture and country are more or less interchangeable. For example, there is supposed to be a “Japanese way” of doing business (indirect and polite), which is different from the “American way” (direct and aggressive) or the “German way” (no-nonsense and efficient), and to be successful, we have to adapt to the business culture of the country we are doing business with.
A recent study has challenged this approach, however. Using data from 558 previous studies over a period of 35 years, this new research analyzed four work-related attitudes: the individual versus the group; the importance of hierarchy and status; avoiding risk and uncertainty; and competition versus group harmony. If the traditional view is correct, differences between countries ought to be much greater than differences within countries. But, in fact, over 80% of the differences in these four attitudes were found within countries, and less than 20% of the differences correlated with country.
It’s dangerous, therefore, to talk simplistically about Brazilian culture or Russian culture, at least in a business context. There are, of course, shared histories and languages, shared foods and fashions, and many other shared country-specific customs and values. But thanks to the many effects of globalization ― both in human migration and the exchange of technologies and ideas ― it’s no longer acceptable to generalize from country to business culture. A French businessperson in Thailand may well have more in common with his or her Thai counterparts than with people back in France.
In fact, occupation and socioeconomic status are much better predictors of work values than country of origin. A hundred doctors from different countries, for example, are much more likely to share attitudes than a hundred Britons from different walks of life. Language aside, a truck driver in Australia is likely to find an Indonesian truck driver more familiar company than an Australian lawyer.
Successful negotiation depends on being able to predict the actions of the other party. In an international context, to the extent that our judgments arise from ideas about national characteristics, we are likely to make the wrong predictions and respond inappropriately. Cultural stereotyping by country is just bad business.

 

【単語】

 

【和訳】

文化と国とは多かれ少なかれ互換性がある、というのが広く受け入れられている考え方である。例えば、日本式のビジネス作法(間接的で礼儀正しい)というものがあると仮定され、それはアメリカ式(直接的で積極的)やドイツ式(実際的で効率的)とは異なっており、成功するためには、ビジネスを行なっている相手国のビジネス文化に順応しなければならないとされている。
しかし近年の研究により、このアプローチに疑念が生じている。新たな研究では、35年以上にわたる558の先行研究のデータを使用し、労働に関わる4つの態度を分析した。すなわち個人とグループ、上下関係の重要性、不確実性とリスクの回避、競争と協力、以上の4点である。もしも伝統的な見方が正しいのであれば、国の違いによる差異は各国内での差異よりもずっと大きくなるはずである。しかし結果は、これら4つの態度における差異の80%以上は国内でのもので、国による差異は20%に満たなかった。
したがって、ブラジル文化、ロシア文化などと短絡的に論じるのは、少なくともビジネスの観点においては危険である。もちろん歴史や言語、食べ物や服飾、その他その国独自の習慣や価値観が数多く共有されているのは間違いない。しかしグローバル化による(人の移住のみならず技術や思想の交換における)多くの影響の下では、ビジネス文化を国ごとに類型化するのはもはや難しい。タイに住むフランス人のビジネスマンは、母国のフランス人よりもタイのビジネスマンとの間に共通点が多いだろう。
実際、職業と社会経済上の地位は、仕事における価値観を推定するのに、出身国よりもずっと役に立つ。例えば様々な国の100人の医師達は、様々な職業の100人のイギリス人よりも、ずっと職業上の姿勢が似ている可能性が高い。言語が異なっていることを別にすれば、オーストラリアのトラック運転手は、オーストラリアの弁護士よりもインドネシアのトラック運転手に対して親近感を覚えるだろう。
交渉を成功させるには、相手サイドの出方を正しく予測することが大切である。国際的なシチュエーションにおいては、我々が国の特徴についての認識から判断を下している限り、誤った予測をし、不適切な対応をしてしまうだろう。文化を国籍から類型化するのは、まずいやり方(バッドビジネス)なのである。
 

【要約】

グローバル化の進んだ現代では、ある人の文化、特に職業上の姿勢は、その出身国から類型化して予測するよりも、職種や社会経済上の違いにより判断する方が確度が高い。(78字)

(Visited 1,352 times, 1 visits today)
Share this Post

2 Comments

  1. ビジネスでは相手方の出方を正確に予測することが重要だ。行動を左右する要素は、従来は国民性だとされたが、最新の研究では職業と社会的地位の差異の方だとされている。(79字)

  2. 移民や、技術・思想の交流等の国際化によって、出身国から仕事相手の仕事観を予測することは危険であり、職業や社会的地位の方が、ずっと適切な判断材料になる。(75字)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)