東大過去問 2015年 第5問(総合)

/ 4月 15, 2020/ 東大過去問, 第5問(総合)/ 2 comments

・2015年の全問題はこちらからどうぞ

【問題文】

次の文章を読み、(A)〜(C)の問いに答えよ。

Rebecca was getting ready to start her bookstore, making a business plan, applying for loan. “A bookstore?” Harriet, her mother, said. “With your education you want to start a store, and one that doesn’t even have a hope of making money? What is your life adding up to?”
Rebecca was hurt, furious . They had one of their old fights, made worse by the fact that Rebecca hadn’t realized these old fights were still possible. The recent long peace since the beginning of Harriet’s illness had given a false sense of safety. She felt deceived.
Then Harriet sent Rebecca a check, for quite a lot of money. To help with the bookstore, she wrote on the card.
“You can’t ( 27 ) this,” Rebecca said.
“It’s what I want to do,” Harriet said.
Then she got sick again.
Pneumonia* ― not life-threatening, but it took a long time to get over. Rebecca drove down and made Harriet chicken soup and vanilla custard, and lay across the foot of Harriet’s bed.
So this has been going on for years and years. Harriet getting sick and recovering. Rebecca showing up and withdrawing. Living her life between interruptions.
Rebecca is tired. Harriet has been sick on and off for more than a decade. Rebecca has just driven four hours from Boston to get to the Connecticut nursing home where Harriet now lives. She is taking two days off from the small bookstore she ( 28 ), paying her part-time assistant extra to cover for her. She’s brought a shopping bag full of things Harriet likes. She has walked into the room, and Harriet has barely looked away from the TV to say hello. Rebecca pulls over a chair and sits facing her mother. Harriet is in a wheelchair, paralyzed again ― it has happened before; she has some rare back disease, but this time the doctor says it is permanent.
Rebecca feels guilty about not coming down to see her mother more often. Harriet is always mentioning something she needs ― lavender bath powder, or socks, or a blanket to put over her legs when they wheel her outside. Rebecca mails what she can, sometimes ( 29 ) by but at other times annoyed by the many requests.
The last time Rebecca visited, on the day Harriet moved to the nursing home, the nurse put an enormous plastic napkin on Harriet’s front before bringing in her dinner tray. Harriet allowed it, looking at Rebecca with a king of stunned sadness; of all the insults received on that day, this was the one that undid her. “She doesn’t need that,” Rebecca told the nurse.
“We do it for everybody.”
“Right, but my mother doesn’t need it.”
(A)So that was one small battle that Rebecca was there to win for Harriet. Without Rebecca, Harriet could have won it just fine for herself. Both of them knew this ― and yet, between them, love has always had to be proved. It is there; and it gets proved, over and over. Some of their worst fights, confusingly, seem to both prove and disprove it: two people who didn’t love each other couldn’t fight like that ― (B)certainly not repeatedly.
Nearly fifteen years ago, Harriet seemed to be dying. She had stage four colon cancer.** Rebecca believed that her mother was dying, and for the first time, she began to feel close to her. She sometimes lay in bed at night and cried, alone, or with Peter Bigelow, who taught architectural history at Harvard. He held her and listened while she talked about how hard it was to be ( 30 ) her mother and yet losing her at the same time.
Incredibly, Harriet didn’t die. The operation was successful, and she kept having more surgeries. Rebecca kept driving down and spending time with her mother. But she couldn’t keep it up; the attention, the sympathy, the friendship, the aimless joy of just hanging around with her mother, watching the TV news. She had burned herself out.
Harriet started feeling that Rebecca wasn’t visiting often enough. It was true, she was coming down less often. But oh, that “enough.” That tricky guilty-sounding word that doesn’t even need to be spoken between a mother and daughter because both of them can see it lying there between them, injured and complaining, (31)a big violent-colored wound.
Peter asked Rebecca how she would feel about getting married. That was how he did it: not a proposal, but an introduction of a topic for discussion. She said she wasn’t sure. The truth was that when he said it, she got a cold, sick feeling in her stomach. This lovely, good, thoughtful man: what was the matter with her? She was nervous, and also irritated that he seemed so calm about the whole thing, that he wasn’t desperate for her, that he wasn’t knocking her over with forceful demands that she belong to him. On the other hand, she wasn’t knocking him over either.
Then his book was finished and published. He brought over a copy one night, and she had a bottle of champagne waiting. “Peter, I’m so happy for you,” and she kissed him. She turned the pages, and her own name jumped out at her: “…and to Rebecca Hunt, who has given me so many pleasant hours.”
It was understatement, wasn’t it? The kind of understatement that can exist between two people who understand each other? What did she want, a dedication that said, “For Rebecca, whom I love with all my heart and would die for”?
Here was something she suddenly saw and disliked in herself, something she might have inherited from Harriet: a raw belief that love had to be declared and proved ― intensely, loudly, explicitly.
注) pneumonia*:肺炎、 colon cancer**:結腸ガン

 

【問題】

(A) 下線部(A)を、指示代名詞thatの内容を明らかにして和訳せよ。

(B) 下線部(B)を、省略されている部分を補って和訳せよ。

(C) 以下の問いに答え、解答の記号をマークシートにマークせよ。

問 空所(27)〜(30)には単語が一つずつ入る。それぞれに文脈上最も適切な語を次のうちから一つずつ選び、マークシートの(27)〜(30)にその記号をマークせよ。ただし、動詞の原形で示してあるので、空所に入れる際に形を変える必要があるものもある。また、同じ記号を複数回用いてはならない。

(a) afford
(b) anticipate
(c) complain
(d) find
(e) own
(f) participate
(g) prevent
(h) talk
(i) touch
(j) walk

問 下線部(31)で、a big violent-woundと呼ばれているものは何か。最も適切なものを次のうちから一つ選び、マークシートの(31)にその記号をマークせよ。

(a) Harriet’s illness.
(b) The nurse’s insult.
(c) Rebecca’s tiredness.
(d) The word “enough.”
(e) Peter’s unenthusiastic proposal.

問 本文の最後でRebeccaはどのような認識に至ったか。正しいものを一つ選び、マークシートの(32)にその記号をマークせよ。

(a) She is more like Peter than she thought.
(b) She is more like Harriet than she thought.
(c) She doesn’t really like her mother, Harriet.
(d) She doesn’t really like her boyfriend, Peter.
(e) She doesn’t really have the capacity to love.

問 本文の内容と合致しないものはどれか。一つ選び、マークシートの(33)にその記号をマークせよ。

(a) Harriet didn’t want Rebecca to run a bookstore, which she thought would be unprofitable.
(b) Rebecca was angry when she found that the nurse was treating her mother as if she were a baby.
(c) Rebecca was so happy about the publication of Peter’s book that she kissed him, grateful to him for mentioning her in it.
(d) Relations between Rebecca and her mother improved when the latter was hospitalized for a serious illness about fifteen years ago.
(e) Although Peter is a fine man that Rebecca should be happy to marry, she felt irritated when he didn’t declare his love to her strongly enough.

 

【和訳】

レベッカはビジネスプランを立てて、融資を申し込み、本屋を開店する準備を進めていた。「本屋?」彼女の母のハリエットは言った。「教育があるのに店を始めるだなんて、しかも儲かる見込みすらない店だなんて。あんたの人生はどこに向かっているの?」
レベッカは傷付き、怒り狂った。2人は昔したような喧嘩をまたしたのだったが、このような喧嘩が今でも出来ることをレベッカが気が付いていなかったために、それは余計に悪化した。ハリエットが病を得てから、最近は長く平穏だったので、もう安全だと勘違いしていたのだ。レベッカは騙されたと感じた。
そしてハリエットはレベッカにかなり大金の小切手を送った。『本屋の足しに』とハリエットはカードに書いていた。
「こんな余裕はないでしょう?」レベッカは言った。
「やってあげたいの」ハリエットは答えた。
そして彼女はまた病気になった。
命に別状はない肺炎だったが、回復まで長い時間がかかった。レベッカは車ではるばる出かけ、ハリエットのためにチキンスープとバニラカスタードを作り、ハリエットのベッドの足下に寝た。
こんな風に何年も何年も過ぎている。ハリエットは病気にかかっては、また回復する。レベッカはやってきては、また去っていく。そうした中断の間に、彼女の人生は進んでいく。
レベッカは疲れている。ハリエットは病気になったり、回復したりを10年以上続けている。レベッカはボストンから、ハリエットが現在住んでいるコネティカット州の老人ホームまで、4時間運転してきた所である。彼女は小さな本屋から2日休みを取っている。休む間はパートタイマーのアシスタントに余計に給料を支払っている。彼女はハリエットの好きなものを詰め込んだショッピングバッグを持ってきている。彼女が部屋に入ると、ハリエットはほとんどテレビから目を逸らさず、ハローと言った。レベッカは椅子を引き出して、母と向かい合って座る。ハリエットは車椅子に座っている。麻痺がぶり返していた。それはこれまでにも起きていた。彼女は珍しい背中の持病があったが、今度は麻痺が完治することはないだろうと医者は言っている。
レベッカはもっと頻繁に母に会いに来ないことに罪悪感を感じている。ハリエットはいつも彼女の必需品について話している。ラベンダーの入浴剤や、靴下や、外に車椅子で連れていってもらう時に足にかけるブランケット。レベッカは郵送できるものは郵送する。時に心を動かされ、時にあまりに多くの要求に苛立ちを感じながら。
前回レベッカが訪ねた時、それはハリエットが老人ホームに移った日だったが、夕食のトレイが運ばれてくる前に、看護婦が大きなビニールのナプキンをハリエットの額に付けた。ハリエットはそれを許したが、この上ない茫然とした悲しみの表情でレベッカを見た。あの日受けた侮辱の中でも、彼女に喪失感を与えたのはこの出来事だった。「母にはそれは必要ありません」レベッカは看護婦に言った。
「これは皆さんに付けてもらっているんです」
「なるほど、でも私の母には必要ないんです」
このように食事の際に大きなビニールのナプキンを付けられることを拒否する事は、レベッカがその場に居合わせてハリエットのために勝利した小さなバトルの一つだったのだ。レベッカがいなくても、ハリエットは一人で立派にそれに勝利しただろうが。二人ともそれは分かっていた。しかし二人の間では、愛は証明され続ける必要があるのだ。愛はそこにあり、何度も何度も証明される。奇妙なことに、二人の酷い喧嘩のいくつかは愛の証明であり、同時に否定でもあるように思える。愛しあっていない二人の人間はあのように喧嘩をする事は出来ないだろう。少なくとも何度も繰り返すことができないことは確かだ。
およそ15年前、ハリエットは瀕死であるように見えた。彼女はステージ4の結腸ガンだった。レベッカは母が遠からず死ぬのだと信じ、その時初めて彼女の事を身近に感じるようになった。レベッカは時々、夜になるとベッドで泣いた。独りで、あるいはピーター・ビゲロウの隣で。ピーターはハーバード大学で建築史を教えていた。母を理解し始めたばかりなのに、まもなくその母を失ってしまうということがどれほど辛いかをレベッカが話す間、ピーターは彼女を抱きしめ、耳を傾けていた。
信じがたいことに、ハリエットは死ななかった。手術は成功し、彼女はさらに外科手術を受け続けた。レベッカは車ではるばるやって来ては、母と時を過ごした。しかし彼女は耐え続ける事ができなかった。世話をし、同情し、友情を感じ、母とただブラブラと時を過ごして目的のない喜びを感じ、テレビのニュースを見る。彼女は精根尽き果ててしまっていた。
ハリエットはレベッカの訪問回数が十分でないと感じるようになった。事実、彼女がやってくる回数は減っていた。しかし、ああ、その「十分」という言葉。その奇妙で罪深い響きの言葉は、母娘の間では口に出して言う必要さえない。なぜなら二人はその言葉が彼らの間に横たわっているのを目にする事ができるから。それは損なわれ、不平を口にしている、大きく暴力的な色をした傷である
ピーターはレベッカに結婚についてどう思う、と尋ねた。彼は結婚したがっていた。それはプロポーズではなく、話し合いの端緒だった。彼女は分からない、と言った。実のところ、彼がそれを口にした時、彼女は胃のあたりに冷たい不快感を感じた。この愛らしく、優しく、思慮深い男性。彼女はどうしてしまったのか。彼が全てのことについてあまりに冷静であり、彼女に対して情熱的でなく、お前は俺のものなのだと強烈に求めることで自分を圧倒してくれない事に対して、レベッカは不安を感じ、また苛立っていた。一方で、彼女もまた彼を圧倒してはいないのだった。
その後、彼は本を書き終えて出版した。ある夜、彼はその本を一部持ってやってきた。彼女はシャンパンを一本用意して待っていた。「ピーター、出版おめでとう」彼女は彼にキスをした。彼女が本のページをめくると、自分の名前が目に飛び込んできた。『そして共に多くの楽しい時間を過ごしてくれたレベッカ・ハントへ』
これは控えめ過ぎないだろうか?この種の慎しみ深い表現は、互いに理解し合った二人の間に存在しうるのだろうか?彼女の求めていたもの。それは『レベッカへ。心の底から愛し、君のために死のう』というような献辞だった。
彼女は突如、自身のうちに何物かを見て、そして嫌悪した。これはハリエットから受け継いだものかもしれなかった。愛とは激しく、声高に、明白に宣言され、また証明されなければならないという剥き出しの信念だった。
 

【解答】

(A) このように食事の際に大きなビニールのナプキンを付けられることを拒否する事は、レベッカがその場に居合わせてハリエットのために勝利した小さなバトルの一つだったのだ。レベッカがいなくても、ハリエットは一人で立派にそれに勝利しただろうが。
(B) 愛しあっていない二人の人間であれば、あのように繰り返し喧嘩することができないことは確かだ。
(C) (27) (a)
(28) (e)
(29) (i)
(30) (d)
(31) (d)
(32) (b)
(33) (c)
 
(Visited 1,193 times, 4 visits today)
Share this Post

2 Comments

  1. (28)の前にsheが抜けています。

    1. ご指摘ありがとうございます。

      訂正しました。助かります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)