東大過去問 2015年 第4問(和訳)

/ 2月 8, 2020/ 東大過去問, 第4問(和約), 過去問/ 0 comments

【問題】

ナバホ語(Navajo)に関する次の英文を読み、下線部①、②、③を和訳せよ。

 

Eugene Crawford is a Navajo, a Native American; he cannot forget the day he and his friends were recruited for the United States military. Upon arrival at Camp Elliott, they were led to a classroom, which reminded him of the ones he had entered in boarding schools as a child.
Those memories were far from pleasant. He could almost taste the harsh brown soap the teachers had forced him to use to wash his mouth out when he was caught speaking Navajo. His thoughts were interrupted when the door suddenly opened and an officer entered. The new recruits stood to attention. “At ease, gentlemen. Please be seated.”
The first hour they spent in that building changed their lives forever, and the shock of what occurred is still felt by them to this day. They could never have imagined the project the military had recruited them for. Some of them believed that, had they known beforehand, they might not have joined up so eagerly. Navajo had been chosen as a code for secret messages because unless you were a Navajo, you’d never understand a word of it.
Navajo is a complex language and a slight change in pronunciation can completely change the meaning of a message. The government’s decision was wise ― it turned out to be the only code the enemy never managed to break ― but for the young Navajo soldiers, it was a nightmare. At no time under any circumstances were they to leave the building without permission or alone. They were forbidden to tell anyone about the project, even their families, until it was finally made public in 1968.
Many of these men had been punished, sometimes brutally, for speaking Navajo in classrooms similar to this, classrooms in schools run by the same government. Now this government that had punished them in the past for speaking their own language was asking them to use it to help win the war. White people were stranger than the Navajos had imagined.

 

【単語】

 

 

【和訳】

ユージーン・クローフォードはネイティブ・アメリカンのナバホ族である。彼は、自分と友人がアメリカ軍に採用された日を忘れることはできない。キャンプ・エリオットに到着するやいなや、教室に連れていかれた。その部屋は子供の頃に入っていた全寮制の学校の教室を彷彿とさせた。
それは楽しい思い出とは程遠いものだった。ナバホ語を話している所を見つかった時に、教師達が彼の口を洗うために使用する事を強要した、強力な茶色の石鹸の味が蘇ってきそうだった。扉が突然開き、教官が入ってきたので、彼の記憶は中断された。新人達は立ち上がって気を付けの姿勢を取った。「楽にしてもらってかまわないよ、君たち。かけたまえ」
あの建物で過ごした最初の1時間で彼らの人生は永遠に変わってしまった。起こったことの衝撃は今日でもありありと感じられる。軍が彼らを雇って進めようとしていたプロジェクトを、彼らは想像することもできなかった。前もってそれを知っていたならば、あれほど熱心に入隊などしなかっただろうと、彼らの何人かは思った。ナバホ語は秘密のメッセージの暗号として選ばれていたのである。なぜならナバホ族でなければ、ナバホの言葉をたった一語ですら理解することは不可能だからである。
ナバホ語は複雑な言語で、ほんの僅かな発音の変化でメッセージの意味が完全に変わってしまうこともある。政府の決定は正しかった。結果としてナバホ語は敵国が解読し得ない唯一の暗号だったのである。しかし軍の若いナバホ族にとっては、それは悪夢だった。彼らはいついかなる状況においても、許可なく、また単独では、その建物から出ることを許されなかった。彼らはそのプロジェクトについて、それが1968年に公になるまで、誰にも(たとえ家族に対してでも)語ることを許されなかった。
多くのナバホ族はかつて、この軍の教室とそっくりな教室、つまり同じ政府の運営する学校の教室で、ナバホ語を話したという理由で、時として残忍なやり方で罰せられた。かつて彼らが自分たちの言語を話したことで彼らを罰したこの政府が、今や戦争に勝つ助けとするためにナバホ語を使うよう、彼らに要請していたのだ。ナバホ族が思い描いていた以上に白人は異様な人々であった。

 

(Visited 1,006 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)