東大過去問 2011年 第4問(和訳)

/ 2月 6, 2020/ 東大過去問, 第4問(和約), 過去問/ 0 comments

【問題】

次の英文の下線部①、②、③を和訳せよ。

The processes of change in early twentieth-century life are most commonly presented in terms of technological inventions such as those in motorized transport, aviation, and radio, or sometimes by reference to new theoretical models such as Relativity and Psychoanalysis. But there were innovations in the sphere of language as well. Although now scarcely remembered as an event of any cultural significance, the arrival of the crossword puzzle in 1924 may be seen as marking a new kind of relationship between the educated public and the vocabulary of the English language. It started as a newspaper trend, promoted by the offer of cash prizes, but it soon established itself as a national tradition, confirmed by the introduction of the first daily crossword in The Times, a British newspaper, in 1930. By this time, crossword fans were beginning to appear in fiction, too. Whether there is a connection between enthusiasm for the crossword and the 1930s boom in detective fiction, with its obvious puzzle-solving appeal, can only be guessed at. More certainly, the crossword encouraged a widespread interest in words. From their newspapers, readers were thus sent hurrying to dictionaries, which libraries complained they had repeatedly to replace because they were being roughly handled or even stoled by crossword lovers. The crossword, after all, relies strongly upon prior language regulation, including standard spellings, and the availability of widely respected dictionaries.
*From Heavenly Bodies: Film Stars and Society by Richard Dyer, Routledge

 

【単語】

 

 

【和訳】

20世紀初期の生活の変化は、モーターを利用した輸送や航空機やラジオといった、技術的発明の観点から説明されるのが最も一般的である。時には相対性理論や心理分析学といった新しい理論に言及される事もある。しかし言語の領域でも、同様に革新が見られたのである。現在は何らかの文化的重要性をもつ出来事として思い出される事はほとんどないが、1924年にクロスワードパズルが登場した事は、知的大衆と英語の語彙との新たな関係を示していると捉えてもよいだろう。最初は新聞での流行であり、賞金が人気を後押しした。しかしすぐにそれ自体が、国の伝統として確立された。そして英国のタイムズ紙が、1930年に初めて、毎日クロスワードパズルを掲載した事によって、その地位はより強固になった。この頃までに、小説の中にもクロスワードのファンが登場し始めていた。クロスワードに対する熱狂と、明らかに謎解きの魅力に満ちた1930年代の推理小説の流行との間に、関連性があるかどうかは推測する事しかできない。確かなのは、クロスワードが言葉に対する関心を広めたという事である。こうして読者は、新聞から辞書の元に駆けつけたので、図書館は何度も辞書を買い替えねばならないと不平を漏らした。クロスワードのファンが辞書を手荒に扱ったり、盗む事さえあったからである。結局クロスワードは、正式な綴りなどの既定の言葉の決まりに依存しているし、また、広く認められている辞書が使用できるかどうかにも依存しているのである。

 

(Visited 1,157 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)