東大過去問 2006年 第5問(総合)

/ 5月 13, 2020/ 東大過去問, 第5問(総合)/ 0 comments

【問題文】

次の英文を読み、以下の問いに答えよ。

A few months ago, as I was walking down the street in New York, I saw, at a distance, a man I knew very well heading in my direction. The trouble was that I couldn’t remember his name or where I had met him. This is one of those feelings you have especially when, in a foreign city, you run into someone you met back home or the other way around. A face out of ( 1a ) creates confusion. Still, that face was so familiar that, I felt, I should certainly stop, greet and talk to him; perhaps he would immediately respond, “My dear Umberto, how are you?” or even “Were you able to do that thing you were telling me about?” And I would be at a total loss. It was too late to ( 2 ) him. He was still looking at the opposite side of the street, but now he was beginning to turn his eyes towards me. I might as well make the first move; I would wave and then, from his voice, his first remarks, I would try to guess his identity.
We were now only a few feet from each other, I was just about to break into a big, broad smile, when suddenly I recognized him. It was Anthony Quinn, the famous film star. Naturally, I had never met him in my life, ( 3 ). In a thousandth of a second I was able to check myself, and I walked past him, my eyes staring into ( 1b ).
Afterwards, reflecting on this incident, I realized how totally ( 4 ) it was. Once before, in a restaurant, I had caught sight of Charlton Heston and had felt an impulse to say hello. These faces live in our memory; watching the screen, we spend so many hours with them that they are as familiar to us as our relatives’, even more (5)so. You can be a student of mass communication, discuss the effects of reality, or the confusion between the real and the imagined, and explain the way some people fall permanently into this confusion ー but still you cannot escape the same confusion yourself.
My problems with film stars were all in my head, of course. (6)But there is worse.
I have been told stories by people who, appearing fairly frequently on TV, have been involved with the mass media over a certain period of time. I’m not talking about the most famous media stars, but public figures, and experts who have participated in talk shows often enough to become recognizable. All of them complain of the same unpleasant experience. Now, ( 7 ), when we see someone we don’t know personally, we don’t stare into his or her face at length, we don’t point out the person to the friend at our side, we don’t speak of this person in a loud voice when he or she can hear us. Such behavior would be impolite, even offensive, ( 8 ). But the same people who would never point to a customer at a counter and remark to a friend that the man is wearing a smart tie behave quite differently with famous faces.
My own relatively famous friends insist that, at a newsstand, in a bookstore, as they are getting on a train or entering a restaurant toilet, they run into others who, among themselves, say aloud.
“Look, there’s X”
”Are you sure?”
“Of course I’m sure. It’s X, I tell you.”
And they continue their conversation happily, (9)While X hears them, and they don’t care if he hears them: it’s (10a)as if he didn’t exist.
Such people are confused by the ( 1c ) that a character in the mass media’s imaginary world should unexpectedly enter real life, but at the same time they behave in the presence of the real person as if he still belonged to the world of images, as if he were on a screen, or in a weekly picture magazine. (10b)As if they were speaking in his ( 10 ).
I might as well have taken hold of Anthony Quinn by the arm, dragged him to a telephone box, and called a friend to say.
“Guess what! I’m with Anthony Quinn. And you know something? He seems real!” (11)After which I would throw Quinn aside and go on about my business.
The mass media first convinced us that the ( 12a ) was ( 12b ), and now they are convincing us that the ( 12b ) is ( 12a ); and the more reality the TV screen shows us, the more movie-like our everyday world becomes ー until, as certain philosophers have insisted, we think that we are alone in the world, and that everything else is the film that God or some evil spirit is projecting before our eyes.
 

【問題】

(1)空所(1a)~(1c)を埋めるのに最も適切な単語をそれぞれ次のうちから一つ選び、その記号を記せ。

ア context
イ fact
ウ identity
エ sound
オ space

(2)空所(2)を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから選び、その記号を記せ。

ア catch up with
イ get away from
ウ take advantage of
エ make friends with

(3)空所(3)を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから選び、その記号を記せ。

ア nor he me
イ nor did he
ウ neither did I
エ neither had I

(4)空所(4)を埋めるのに最も適切な単語を次のうちから選び、その記号を記せ。

ア foreign
イ lucky
ウ normal
エ useless

(5)下線部(5)の”so”は何をさしているか。7語の英語で答えよ。

(6)下線部(6)で”worse”とされていることは何か。25~35字の日本語で述べよ。

(7)空所(7)を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから選び、その記号を記せ。

ア as a rule
イ for all that
ウ as is the case
エ for better or worse

(8)空所(8)を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから選び、その記号を記せ。

ア if carried too far
イ if noticed too soon
ウ if taken too seriously
エ if made too frequently

(9)下線部(9)の場面で、X氏はどのように感じていたと考えられるか。最も適切なものを次のうちから選び、その記号を記せ。

ア I wonder if they’ve taken me for somebody else.
イ I can’t believe they’re talking like that in front of me!
ウ I’m curious to know what they’re going to say about me.
エ I can’t remember their names or where I met them. What can I do?

(10)空所(10)に一語を補うと、下線部(10a)と(10b)はほぼ同じ意味になる。その単語を記せ。

(11)下線部(11)を和訳せよ。

(12)空所(12a), (12b)を埋めるのに、最も適切な単語の組合せを次のうちから選び、その記号を記せ。

  ア  (a) confusion  (b) real
  イ  (a) real  (b) confusion
  ウ  (a) imaginary  (b) real
  エ  (a) real  (b) imaginary
  オ  (a) confusion  (b) imaginary
  カ  (a) imaginary  (b) confusion
 

【和訳】

数ヶ月前、私がニューヨークの通りを歩いていた時、遠くから私のよく知っている男がこちらに歩いてきた。困った事に、私は彼の名と、彼と出会った場所を思い出す事ができなかった。これは地元で知り合った人と、慣れない町で偶然出くわした時に、あるいはその逆の場合に、特に感じる例の感覚である。脈絡のない顔が突然現れる事が、混乱を引き起こすのである。にもかかわらず、確かに知った顔なので、立ち止まり、挨拶し、話しかけねばならないと感じるのである。おそらく相手は「やあウンベルトさん、ご機嫌いかが?」などと即座に返答するのだ。さらに困った事に「前に君が言ってた例のやつ、あれはできたのかい?」などと言いだすかもしれない。そしてこちらは途方にくれる事になるだろう。しかし逃げるにはもう遅い。彼はついさっきまで道の反対側を見ていたが、今や目線をこちらに向けようとしている。私も動き出した方がよさそうだ。彼に手を振り、彼の声と最初の発言から、彼の事を思い出してみるしかない。
私達はもう互いに数フィートの距離だった。わたしは最高に愛想の良い表情を浮かべようとした所だった。そしてその時突然思い出した。それは有名な映画スターのアンソニー・クインだった。当然私は彼に会った事などなかったし、彼も私を知らないに決まっている。千分の一秒で私は自らを抑えた。そして宙を見つめて、彼の脇を通り過ぎた。
後になってこの出来事を思い返してみて、いかにありふれた事だったのかに気が付いた。以前レストランで、チャールトン・ヘストンを見かけて、声をかけたい衝動に駆られた事がある。こうした顔は私達の記憶に刻み込まれている。映画の中で、私達は長い時間その顔を見て過ごしているので、親戚の顔のように、あるいはそれ以上に親しく感じてしまうのである。マスコミについて学べば、現実性の効果あるいは現実と幻想の混同について議論し、こうした混同から抜け出せなくなる人について説明できるだろう。しかしそれでも自分自身がそうした混同に陥る可能性は常にあるのだ。
映画スターとの間で起きた事は、もちろん全て私の頭の中だけの問題だった。しかしもっと困った問題もあるのだ。
比較的よくテレビに出ており、ある程度の期間マスメディアと関わってきた人々から、私は話を聞いたことがある。最高に有名なスターと言うわけではないが、それなりに有名な人物であったり、人から顔を覚えられる程度にはトークショーに出ている専門家のような人々である。彼ら全員が同じ不快な経験があると言うのである。暗黙のルールとして、個人的に面識のない人に会った時、私達は遠くからその人の顔をジロジロ見ないし、その人を指差して近くにいる人に教えたりしないし、その人が聞いているのにその人について話したりはしない。そのような振る舞いは失礼であり、行き過ぎれば、侮辱である。しかし普段は、店の客を指差して、友人に「あの人、洒落たネクタイしてるよ」などと絶対言わないような人が、有名人を見かけると豹変するのである。
私の比較的有名な友人が言うには、売店や本屋や、電車に乗ろうとしてる時や、レストランのトイレに入ろうとしている時、大声でこんな事を言う人がいるらしい。
「見ろよ。あれXさんだよ」
「本当か?」
「本当だよ。Xさんだよ。間違いない」
そして彼らは楽しく会話を続け、Xさんに聞こえているにもかかわらず、それを気にもとめないのである。その振る舞いはXさんがそこにいないかのようである。
そうした人々は、マスメディアという幻の世界の人間が、不意に現実世界に入り込んで来た事に困惑しているのであるが、同時に、その人は現実の人間としてそこにいるのにもかかわらず、まだ想像の世界に属しており、映画か週刊誌の中に存在しているかのように、扱ってしまうのである。彼らはゴーストと話している感覚なのである。
私はアンソニー・クインの手を取り、彼を電話ボックスに引っ張っていき、友達にこう言えば良かったかもしれない。
「すごい事が起きたんだ。私はアンソニー・クインと一緒にいるんだ。そしてなんと彼は本当に生きているみたいなんだ!」その後私はクインを解放して、自分のことについて話し始めるだろう。
マスメディアは最初、非現実が現実だと我々に信じ込ませようとした。そして今では現実が非現実だと感じさせる結果になっている。テレビ画面のリアリティが増せば増すほど、我々の日常世界は映画化するのである。そして私達は、ある哲学者が主張したように、我々は世界にたった一人であり、その他の一切は神か悪魔が我々の眼に映した映像に過ぎない、などと考えるに至るのである。
 

【解答】

(1) (1a) ア
(1b) オ
(1c) イ
(2)
(3)
(4)
(5) familiar to us than our relatives’ faces
(6) 有名人に出会い、本人の目の前でその人について話すこと。
(7)
(8)
(9)
(10) absence
(11) その後私はクインを解放して、自分のことについて話し始めるだろう。
(12)
(Visited 1,176 times, 3 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)