東大過去問 2003年 第5問

/ 2月 14, 2019/ 東大過去問, 第5問(総合), 難易度★★★★★, 過去問/ 0 comments

  • このページには[問題文][問題]の他、下部に[全訳][解答][単語テスト][単語テストの解答]が記載されています。(各項目のクリックで飛びます)
  • 問題文のみPDFで印刷することができます。
  • ページに間違いを見つけた場合、問題に関する質問がある場合、添削してもらいたい場合は、下部のコメント欄に書き込んでください。
  • スマホで表示する場合は横向きがおすすめです。

[問題文]

I am on a bus traveling through the desert between Kerman and Yazd when we pull over to a checkpoint. Checkpoints are common along Iranian highways and I’ve grown accustomed to stopping every hundred miles or so to watch the driver climb out, papers in hand. Sometimes a guard in dark green uniform enters the bus and walks up and down the aisle, eyes flicking from side to side, pistol gleaming in the shadowed interior light.
 This is one of those times. The bus falls silent as a young guard enters, and we all determinedly stare straight ahead, as if by our pretending to ignore the guard, he will ignore us. We listen to his footfalls sound down the Persian carpet that lines the aisle, turn, and come back again. He reaches the front of the bus and makes a half-turn toward the door. But then, (1)just as we begin a collective deep breath, he surprises us by completing his turn and starting down the aisle again, this time to tap various passengers on the shoulder. They gather their belongings together and move slowly out of the bus and up the steps of a cement block building.
 I sit frozen, hoping that the guard will not notice me and the blond hair sticking out of my rusari, or head scarf. I’ve seen guards pull passengers off buses before, and although it never seems to be anything serious — the passengers always return within five or ten minutes — (2)I’d just as soon remain in my seat.
 The guard climbs out of the bus and I relax, wondering what, ( 3 ) anything, he is looking for. I’ve been told that these searches are usually about drugs and smuggling, but to me, they seem to be more about the ( 4 ) of power.
 The guard is back, and instinctively, I know why. He points to me.
 Me? I gesture, still not completely convinced that he wants me. After two months in Iran, I’ve learned that ― contrary to (5)what I had expected ― foreigners are seldom bothered here.
 You, he nods.
 Copying my fellow passengers, I gather my belongings together and stand up. Everyone is staring at me ― as usual, I am the only foreigner on the bus.
 I climb out, nearly falling over my long black raincoat ― it or something ( 6 ) women in public in Iran. My heart is knocking against my chest. The guard and one of his colleagues are waiting for me on the steps of the guardhouse. At their feet is my bag, which they’ve dragged out of the belly of the bus. It looks like a fat green watermelon.
 ’Passport,’ the young guard barks in Persian.
 I hand him my crisp, dark blue document, suddenly feeling that United States of America is printed across the front much too boldly. I remember someone back home ( 7 ) entering Iran. Too late now.
 ‘Visa?’
 I show him the appropriate page in my passport.
 ‘Where are you coming from?’ His Persian has a strange accent that I haven’t heard before.
 ‘Kerman,’ I say.
 ‘Where are you going to?’
 ‘Yazd.’
 ‘Tourist?’
 I nod, thinking there’s no need to complicate matters by telling him that I’m here in Iran to write a safarnameh, the Persian word for travelogue or, literally, ‘travel letter.’ But then immediately ( 8 ). My visa says Journalist.
 Slowly, the young guard flips through the pages of my passport, examining the immigration stamps and the rules and regulations listed in the back. He ( 9 ) my picture long and hard, and then passes my passport to his unsmiling colleague, who asks me the same questions I’ve just been asked. ‘Where are you coming from?’
 ‘Kerman.’
 ‘Where are you going to?’
 ‘Yazd.’
 ‘Tourist?’
 I nod again. I can’t change my answer now.
 The second guard hands my passport back to the first, who reluctantly hands it back to me. I look at his smooth boyish face and wonder if he’s old enough to shave.
 ‘Is this your suitcase?’ he says, looking at my bag.
 ‘Yes,’ I say, and move to open it.
 He shakes his head.
 All of the other passengers are now back on the bus, and I wonder how much longer the guards will keep me. What will happen, I worry, ( 10 )?
 We’re out in the middle of the desert; there are no other buildings ( 11 ). Hardened dust-white plains, broken only by thin grass, stretch in all directions. The sky is a pale metallic dome sucking the color and moisture out of the landscape.
 Clearing his throat, the first guard stares at me intently. His eyes are an unusual smoke blue, framed by long lashes. They’re the same eyes I’ve noticed before on more than a few Iranians. He looks at his colleague and they whisper together. Sweat is slipping down their foreheads, and down mine.
 (12)Then the first guard straightens his shoulders, takes a deep breath, and blushes. ‘Thank you,’ he says carefully in stiff, self-conscious English. ‘Nice to meet you.’
 ’Hello.’ The second guard is now blushing as furiously as the first. ‘How are you?’ He falls back into Persian, only some of which I understand. ‘We will never forget this day. You are the first American we have met. Welcome to the Islamic Republic of Iran. Go with Allah.’

PDFで問題文を大きく表示/印刷する場合はこちら

 

[問題]

(1) 下線部(1)を訳せ。
 
(2) 下線部(2)はどのような意味か。最も適切なものを次のうちから選び,その記号を記せ。
(ア) I hope I will be allowed to remain seated.
(イ) In no time I take a seat and remain there.
(ウ) I hope I will not be out of my seat for long.
(エ) Quickly I make up my mind to remain seated.
 
(3) 空所( 3 )を埋めるのに最も適切な単語を次のうちから選び,その記号を記せ。
(ア) by
(イ) for
(ウ) if
(エ) or
 
(4) 空所( 4 )を埋めるのに最も適切な単語を次のうちから選び,その記号を記せ。
(ア) denial
(イ) display
(ウ) finding
(エ) lack
 
(5) 下線部(5)の内容を,10〜20字の日本語で説明せよ。
 
(6) 空所( 6 )に当てはまるように,次の語を並べかえよ。
[all / being / for / required / similar]
 
(7) 空所( 7 )を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから選び,その記号を記せ。
(ア) warning me not to disobey the guards after
(イ) advising me to learn some basic Persian before
(ウ) warning me to put a cover on my passport before
(エ) advising me not to forget to carry my passport after
 
(8) 空所( 8 )を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから選び,その記号を記せ。
(ア) I wish I were a journalist
(イ) I wonder if I’ve done the right thing
(ウ) I realize that I look too much like a tourist
(エ) I realize I should have said ‘tourist’ in English
 
(9) 空所( 9 )を埋めるのに最も適切な単語を次のうちから選び,その記号を記せ。
(ア) detects
(イ) gazes
(ウ) studies
(エ) watches
 
(10) 空所( 10 )を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから選び,その記号を記せ。
(ア) if the bus leaves without me
(イ) if the weather suddenly changes
(ウ) if the bus runs out of gas or breaks down
(エ) if some other passengers are asked to get off the bus
 
(11) 空所( 11 )を埋めるのに最も適切な表現を次のうちから選び,その記号を記せ。
(ア) sight
(イ) on vision
(ウ) in my eyes
(エ) to the view
 
(12) 下線部腰(12)の理由として考えられるものは何か。次の英文に続く形で答えよ。
It is the first time he

[全訳]

私はケルマーンとヤズド間の砂漠をバスで旅しており、バスは検問所に止まる。イランのハイウェイでは検問所は珍しくなく、100マイルかそこらで止まり、ドライバーが書類を手にバスから降りるのを見るのに慣れてきている。時には濃い緑のユニフォームを着た衛兵がバスの中まで入って来て、通路を行ったり来たりし、目をあちらこちらに向け、光がカーテンで遮られた車内で拳銃が光る。
 今もまたそうしたよくある機会の1つだ。若い衛兵が入ってきて、バスは静まり返り、私達乗客はみな決然と前方をじっと見つめている。まるで私達が衛兵を無視すれば、あちらも私達を無視してくれるかのように。私達は彼の足音が通路のペルシャ絨毯を通り、折り返し、また戻ってくるのを聞いている。彼はバスの前まで戻って、ドアの方に90度体を回転させる。しかし私達が一斉に安堵のため息をついたまさにその時、驚いたことに、彼の回転は半分で済まず、再び通路の方にやってきて、今度は何人かの乗客の肩をポンポンと叩いていく。肩を叩かれた乗客は荷物をまとめてゆっくりとバスから降りて、セメントのブロックでできた建物の階段を上っていく。
 私は凍りついたように座って、衛兵が私とルサリ(頭に巻くスカーフのこと)からはみ出した私の金髪に気付かぬことを祈っている。私は衛兵たちが乗客をバスから降ろす様子を見てきた。乗客はいつも5分10分で戻ってきたことからしても、それは深刻なものではないようだったが、座席に座ったままでいられるならそうしたい。
 衛兵がバスから降りたので私はホッとした。彼が何かを探しているとすれば、それは何だろう。私はこうした捜索は多くの場合、麻薬や密輸を摘発するためであると聞いていた。しかし権力を誇示したいだけなのではないだろうか。
 衛兵が戻ってくる。私は本能的にそれが何故だか分かる。彼は私を指差した。
 私ですか?とジェスチャーをする。彼が私のことを言っているのだとまだ完全には信じられない。イランで2ヶ月を過ごしてみて分かったことだが、意外なことに、外国人が面倒に巻き込まれることは滅多にないのだ。
 お前だ、と彼は頷く。
 他の乗客の真似をして、私は荷物をまとめて立ち上がる。誰もが私を見ている。いつも通り、私はバスの中で唯一の外国人なのだ。
 私はバスから降りる。長い黒のレインコートを踏んづけて倒れそうになる。イランでは女性が人前に出るのにこうした服が必要なのである。心臓が胸でドキドキしている。衛兵とその同僚の一人が、詰所の階段のところで私を待ち受けている。彼らの足元には私のバッグが置かれている。バスの胴体のトランクから彼らが引っ張り出したのだが、まるで丸々とした緑のスイカみたいに見える。
 「パスポート」若い衛兵がペルシア語で怒鳴る。
 私は真新しい紺色の書類を手渡すが、唐突に、表紙にプリントされている『アメリカ合衆国』の文字が目立ちすぎている気がしてくる。イランに入国する前にはパスポートにはカバーをかけておくようにと注意してくれた国の人を思い出す。でももう遅い。
 「ビザは?」
 私はパスポートの該当ページを示す。
 「どこから来た?」彼のペルシア語は私の聞いたことがない奇妙なアクセントだ。
 「ケルマーンから」私は言う。
 「どこに行く?」
 「ヤズドです」
 「旅行者か?」
 私はうなずいた。私がイランを旅しているのはサファルナメ、つまりペルシア語で旅行記、文字通り言えば「旅の手紙」を書くためだと、彼に告げて、事態をややこしくする必要はないと考えたのだ。しかし、私はすぐに、それが正しいことだったか不安になる。ビザにジャーナリストだと書いてあるからだ。
 ゆっくりと、若い衛兵が私のパスポートのページをめくっていく。入国のスタンプや、裏面に記載された規則・規制をチェックしていく。彼は私の写真を、長い時間かけて隅々まで検分し、ニコリともしない同僚に私のパスポートを手渡す。その同僚が、ついさっきされたばかりの質問を繰り返す。「どこから来たんだ?」
 「ケルマーンです」
 「どこにいくんだ」
 「ヤズドです」
 「旅行者か」
 私はまだうなずく。今更答えを変えるわけにはいかない。
 2番目の衛兵は、私のパスポートを1番目の衛兵に戻す。そして彼はそれを渋々私に返却する。私は彼のツルツルした少年のような顔を見る。そしてまだ髭を剃る年齢ではないのかもしれないと思う。
 「これはあなたのスーツケースか?」私のバッグを見て、彼は言う。
 「そうです」私はそう答え、開けようとする。
 彼は首を振る。
 他の乗客はもう皆バスに戻っている。いつまでここにいればいいんだろう。もし私を残してバスが出発してしまったら、どうなってしまうのだろう。
 私たちは砂漠のただ中に取り残されている。他の建物は見あたらない。硬化した、埃っぽい白色の平原は、痩せた草の他に遮りものもなく、四方に広がっている。空は、蒼白の金属光沢に輝く半球であり、風景から色彩と湿度を吸い取ってしまう。
 最初の衛兵が咳払いをし、私をじっと見つめる。彼の目は異質なほどの灰青色で、長いまつ毛に縁取られている。私がこれまでも少なからぬイラン人に認めたあの目だ。彼は仲間の衛兵を見て、何かを囁き合う。彼らの額を汗が流れ落ちている。私の額からも汗が流れ落ちている。
 それから最初の衛兵は背筋を伸ばし、深呼吸をし、顔を赤らめる。「ありがとう」と、ぎこちなく不安気な英語を、彼は慎重に発音する。「はじめまして」
 「ハロー」今度は2番目の衛兵が、1番目の衛兵と同じくらいひどく赤面していた。「ごきげんいかがですか?」彼はペルシア語に戻り、私にはその一部しか理解できない。「私たちはこの日をずっと忘れないでしょう。あなたは私たちが初めて出会ったアメリカ人ですから。イラン・イスラム共和国へようこそ。アッラーのご加護がありますように」

 

[解答]

  1. 私達が一斉に安堵のため息をついたまさにその時
  2. 外国人のイラン旅行は困難だろうとの予想。
  3. similar being required for all
  4. has met an American

 

[単語テスト]

  • この単語テストは、上の問題文本文をよく読み、文中での意味を答えるようにすること。
  1. pull over
  2. checkpoint
  3. accustomed to
  4. aisle
  5. flick
  6. gleam
  7. shadowed
  8. guard
  9. determinedly
  10. pretend
  11. footfall
  12. make a half-turn
  13. collective
  14. complete
  15. tap ~ on the shoulder
  16. belonging
  17. sit frozen
  18. stick out
  19. would (just) as soon~
  20. smuggling
  21. instinctively
  22. contrary to~
  23. fellow
  24. climb out
  25. colleague
  26. belly of the bus
  27. watermelon
  28. Persian
  29. crisp
  30. boldly
  31. appropriate
  32. complicate
  33. travelogue
  34. literally
  35. flip
  36. immigration stamp
  37. regulation
  38. reluctantly
  39. dust-white plain
  40. in all directions
  41. suck
  42. clear one’s throat
  43. intently
  44. framed by~
  45. lash
  46. forehead
  47. straighten one’s shoulder
  48. blush
  49. stiff
  50. self-conscious
  51. furiously
  52. Islamic Republic of Iran
  53. Go with Allarh

 

[単語テストの解答]

  1. pull over 停車する
  2. checkpoint 検問所
  3. accustomed to~ 〜に慣れている
  4. aisle 通路
  5. flick 横に素早く動く
  6. gleam 輝く
  7. shadowed (カーテンなどで)光を遮られた
  8. guard 衛兵
  9. determinedly 決然として
  10. pretend ふりをする
  11. footfall 足音
  12. make a half-turn 90度回転する
  13. collective 集団の、全員の
  14. complete 完成させる(180度回転する)
  15. tap ~ on the shoulder 肩をポンポンと叩く
  16. belonging 所持品
  17. sit frozen 凍りついたように座る
  18. stick out はみ出す
  19. would (just) as soon~ むしろ〜したい
  20. smuggling 密輸
  21. instinctively 本能的に
  22. contrary to~ 〜とは反対に
  23. fellow 仲間
  24. climb out バスから降りる
  25. colleague 同僚
  26. belly of the bus バスの腹(バスの客席下のスーツケースなどを入れておくトランク)
  27. watermelon スイカ
  28. Persian ペルシア語
  29. crisp (紙などが)パリッとした
  30. boldly (文字などが)大胆に、デカデカと
  31. appropriate 適切な、該当の
  32. complicate (事態を)ややこしくする
  33. travelogue 旅日記、旅行記
  34. literally 文字通り、そのまま逐語訳すると
  35. flip (横に)素早く動かす
  36. immigration stamp 入国スタンプ
  37. regulation 規制、規則
  38. reluctantly 渋々、いやいやながら
  39. dust-white plain 埃っぽい白色をした平原
  40. in all directions 全ての方向に
  41. suck 吸い取る
  42. clear one’s throat 喉をスッキリさせる=咳払いをする
  43. intently 熱心に
  44. framed by~ 〜に縁取られた
  45. lash=eyelash まつげ
  46. forehead 額
  47. straighten one’s shoulder 背中をまっすぐにする=背筋を伸ばす
  48. blush 赤面する
  49. stiff かしこまった、堅苦しい
  50. self-conscious 自意識過剰な、恥ずかしがっている
  51. furiously 猛烈に
  52. Islamic Republic of Iran イラン・イスラム共和国(いわゆるイランのこと)
  53. Go with Allarh アッラーのご加護がありますように

東大の問題一覧へ

(Visited 2,003 times, 2 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)