東大過去問 2001年 第5問(総合)

/ 5月 11, 2020/ 東大過去問, 第5問(総合)/ 0 comments

【問題文】

次の英文を読み,以下の設問に答えよ。解答は解答用紙の所定欄に記せ。

She said to him, ‘On your birthday, McCreedy, what do you want to do?’ She always called him McCreedy. You would have thought by now, after being his wife for so long, she should have started to call him John, but she never did. He called her Hilda; she called him McCreedy, as if he was a ( 1 ), as if he was a footballer she had seen on the television.
‘What would the kids like?’ he said.
She lighted up a cigarette. (2)Her twentieth or thirtieth that Sunday, he had stopped counting.
‘Never mind the kids, McCreedy,’ she said. ‘It’s your birthday.’
‘Go back to Ireland,’ he said. ‘That’s what I’d like. Go back there for ( 3 ).’
She put out the cigarette. Typical, he thought. ( 4 ) She was always changing her mind about everything, minute to minute. ‘When you’ve got a sensible answer,’ she said, ‘let me know what it is.’
He went out into the garden where his nine-year-old daughter, Katy, was playing on her own. Katy and the garden had something in common : they were both small and it looked as if they would never be beautiful no matter how hard anyone tried, because Katy ( 5 ) her dad. More’s the pity.
Now the two of them were in the neglected garden together, with the North London September sun quite warm on them, and McCreedy said to the daughter he tried so hard to love, ‘What’ll we do on my birthday, then, Katy?’
She was playing with her showily stylish little dolls. She held them by their shapely legs and their golden hair waved around like flags. ‘I don’t know,’ she said.
He sat on a plastic garden chair and she laid her nymphs side by side.’Cindy and Barbie are getting stung,’ she complained.
‘Who’s stinging them, darling?’
‘Those plants, of course. Cut them down, can’t you?’
‘Oh no,’ he said, looking at where they grew so fiercely, crowding out the roses Hilda planted years ago. ‘(6)Saving them, sweetheart.’
‘Why?’
‘For soup. Nettle soup ― to make you beautiful.’
She looked at him gravely. For nine years, she had believed everything he had said. (7) Now she was on a cliff-edge, almost ready to fly off.
‘Will it?’
‘Sure it will. You wait and ( 8 ).’
Later in the day, when his son Michael came in, McCreedy stopped him before he went up to his room. He was thirteen.
‘Your mother was wondering what we might all do on my birthday. If you had any thoughts about it…?’
Michael shrugged. It was as if he knew he was untouchable, unconquerable. He was the future. (9)He didn’t have to give the present any attention. ‘No,’ he said. ‘Not specially. How old are you anyway?’
‘Forty-five. Or it might be a year more. I don’t remember.’
‘Come on, Dad. Everyone remembers their age.’
‘Well, I don’t. ( 10 ) since I left Ireland. I used to know it then, but that’s long ago.’
‘Ask Mum, then. She’ll know.’
Michael went on up the stairs, scuffing the carpet with the smelly shoes he wore. No thoughts. No ideas. Not specially.
And again McCreedy was alone.

【問題】

(1) 空所( 1 )を埋めるのに最も適当な語を次のうちから選び,その記号を記せ。

ア brother
イ father
ウ master
エ stranger

(2) 下線部(2)を和訳せよ。

(3) 空所( 3 )を埋めるのに最も適当な語を次のうちから選び,その記号を記せ。

ア all
イ dead
ウ good
ェ granted

(4) 下線部(4)には誰のどのような気持ちが表われているか。最も適当なものを次のうちから選び,その記号を記せ。

ア 妻の柔軟なものの考え方に対する夫の驚嘆が表われている。
イ 妻の日頃の生活態度に対する夫のいらだちが表われている。
ウ 夫の強い望郷の念に共感できない妻の不満が表われている。
エ 夫の非常識な発言を理解できない妻の困惑が表われている。

(5) 空所( 5 )を埋めるのに最も適当な語を次のうちから選び,その記号を記せ。

ア recognised
イ represented
ウ resembled
ェ respected

(6) 下線部(6)を,themが何を指すか明らかになるように和訳せよ。

(7) 下線部(7)は,彼女の中にどのような気持ちが芽生えたことを表わしているか。10字以内で記せ。

(8) 空所( 8 )を埋めるのに最も適当な英語1語を記せ。

(9) 下線部(9)を和訳せよ。

(10) 次のうちから空所( 10 )を埋めることができない語を1つ選び,その記号を記せ。

ア Especially
イ Ever
ウ Lately
エ Not

 

【和訳】

彼女は彼に言った。「マクリーディ、あなたの誕生日に何をしたい?」彼女は彼のことをいつもマクリーディと呼んでいた。もう結婚して長いのだから、彼のことをジョンと呼んでいて然るべきだったが、彼女は絶対にそうしなかった。彼は彼女のことをヒルダと呼んでいた。彼女は彼を、まるで彼が他人であるかのように、あるいはテレビで見たことのあるサッカー選手であるかのように、マクリーディと呼ぶのだった。
「子供達はどうしたいって?」彼は言った。
彼女はタバコに火を付けた。彼女がタバコを吸うのはその日曜だけで20本目か30本目だったが、彼は数えるのをやめてしまっていた。
「子供達のことは気にしなくていいのよ、マクリーディ」と彼女は言った。「あなたの誕生日なんだから」
「アイルランドに帰ることだ」と彼は言った。「それが僕のしたいことだよ。永久にあっちに帰ることだ」
彼女はタバコを消した。またか、と彼は思った。彼女はいつだって、あらゆることに関して、考えがコロコロと変わるのだった。
「まともな答えが見つかったら」と彼女は言った。「教えてちょうだい」
彼が庭に出ると、9歳になる娘のケイティが1人で遊んでいた。ケイティと庭には共通点があった。両者とも小さく、どれだけ頑張っても美しくなりそうにないという点だ。なにせケイティは父親似なのだから。運の悪いことに。
今やその父と娘が、荒れ果てた庭にいて、北ロンドンの9月の太陽がかなり暖かく彼らを照らしていた。そしてマクリーディは娘に対して言った。彼は娘を何とか愛そうと懸命だった。「父さんの誕生日に何しようか、ケイティ?」
ケイティはケバケバしいほどにスタイリッシュな小さな人形で遊んでいた。彼女はそうした人形達の美しい脚を掴んで持っていたので、その金色の髪が旗のようになびいた。「知らない」彼女は言った。
彼はプラスチック製のガーデンチェアに座り、彼女は美しい人形を並べて置いた。「シンディとバービーに棘が刺さりそうなの」と彼女は文句を言った。
「誰が棘を刺すんだい、ケイティ?」
「あの草よ、もちろん。草刈りしてよね」
「とんでもない」と彼は言い、そちらを見やると、その草は獰猛に生い茂り、ヒルダが何年も前に植えたバラを駆逐しようとしていた。「あの草は残してあるんだよ、ケイティ」
「なぜ?」
「スープにするのさ。イラクサのスープだよ。食べると綺麗になるんだ」
彼女は真剣に彼を見つめた。9年間、彼女は父の言うことを何でも信じてきた。しかし今や彼女は崖っ縁まで来ており、飛び立つ寸前だった。
「本当に?」
「本当さ。見ていてごらん」
その日、しばらくして息子のマイケルが帰ってきて、自分の部屋に上がろうとするのを、マクリーディは呼び止めた。息子は13歳だった。
「父さんの誕生日にみんなで何をするかで、母さんが迷ってるんだけど、何か君に考えがあったら・・・」
マイケルは肩をすくめた。自分が確固として誰にも干渉されない存在だと知っているかのように。彼は未来そのものだった。彼は現在というものにいかなる注意を払う必要もなかった。「ないよ」と彼は言った。「特に何もない。それに結局パパは何歳になるんだい?」
「45歳さ。もしかしたら46歳かもしれない。よく覚えてないよ」
「ちょっとパパ。自分の歳が分からない人なんていないよ」
「でも父さんは分からないんだ。アイルランドを出てからはね。向こうにいた頃は覚えていたんだけど、ずっと前のことだね」
「だったらママに聞けばいいよ。ママは知ってるはずだから」
マイケルは階段を上っていった。履いている靴のひどい臭いをカーペットに擦り付けながら。思考もなければ、見解もない。特にない。
そして再びマクリーディは独りになった。

 

【解答】

(1)  エ
(2)  彼女がタバコを吸うのはその日曜だけで20本目か30本目だったが、彼は数えるのをやめてしまっていた。
(3)  ウ
(4)  イ
(5)  ウ
(6)  庭に生い茂っているイラクサはそのままにしておくのさ。
(7)  父を疑う気持ち。
(8)  see
(9)  彼は現在というものにいかなる注意を払う必要もなかった。
(10)  ウ
(Visited 862 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)