京大過去問 1994年 第2問(英文和訳)

/ 9月 7, 2020/ 時制, 仮定法, 英文和訳, 否定, 京大過去問, 難易度★★/ 1 comments

  • 解答は下部にあります。
  • 下のリンクから問題文をPDFで印刷できます。
  • 間違いの指摘・添削依頼・質問はコメント欄にどうぞ。

【問題】

次の文の下線をほどこした部分(1)~(7)を和訳せよ。

‘My God,’ said my father to my mother. ‘Again no money? But I gave you twelve dollars at the beginning of the week. What have you done with it?’
‘I don’t know. It went away.’
‘So quickly…by Tuesday? Impossible.’
(1)’It couldn’t be helped. Some of it I used to pay old bills. We’ve owed money to Jacob for I don’t know how long.’
‘But did you have to pay him this week?’
(2)’He’s right in the block. For two months now I’ve been coming home the long way around. I gave him three dollars.’
‘How could you! Haven’t you any sense? And what did you do with the rest? Joshua,’ he said, turning to me furiously. ’Take a pencil and write these things down. I have to know where it all went. I bought eggs and butter on Tuesday.’
’Seventy-five cents to the milkman,’ said Ma, earnest and frightened. She must have believed she had done something wrong.
‘Write it,’ he said.
(3)I had taken a piece of Ma’s checkered stationery and placed the figures carefully within the tiny boxes. I was shaken, too, and eager to escape condemnation.
‘Willie had a tooth out. It cost fifty cents.’
‘Fifty?’ he said.
‘Yes, it’s usually a dollar an extraction. I sent him up alone and told him to say it was all he had. And after he was done, I waited for him downstairs. I was ashamed to show my face to Dr Zadkin.’
‘Did it have to come out?’
‘There was nothing left of it but the walls. Do you want to look at it? The child was in pain… Then there was fifty cents to have the boys’ hair cut.’
(4)’I’m going to buy a pair of clippers and do it myself,’ Pa said. He was always resolving to do this.
‘Fifty cents for the gas meter. Twenty cents for a coal shovel. Twenty-five cents to the insurance man. Twenty cents for a flatiron handle. I haven’t even started on the bigger things yet, such as meat.’
‘We have meat far too often,’ Pa said. ‘We don’t need it. I prefer milk soups anyway.’
‘Don’t expect me to stint on the stomach,’ my mother said with determination. ‘If I do nothing else, I’m going to feed the children.’
(5)’They don’t look starved,’ said Pa. ‘Especially this one. I never look at him but he’s chewing.’
My appetite was large and I seemed never to have had enough. I ate all the leftovers. I chewed down apple parings, cold vegetables, chicken bones.
(6)’If I knew how to do things more cheaply,’ said Ma, as though she now consented to take the blame.
‘You don’t bargain enough,’ my father said to her harshly.
‘And do you know how much money I’d have now if it weren’t for you and the children?’ he roared at her. ‘I’d be worth ten thousand dollars. Ten thousand, do you hear? And be a free man. Do you hear what I say?’ he glared with a strained throat.
(7)’Why don’t you leave then?’ My mother wept.
‘That’s what I will do!’
He hurried out. It was night. He was gone for about an hour, and then I saw his cigarette glow on the front step, and he said to me, meekly, that he had only gone to buy a package of cigarettes.
*stint: 倹約する
 

【和訳】

「ちくしょう」父が母に言った。「また金がないだって?だが今週の始めに12ドルやったじゃないか。あれをどうしちまったんだ?」
「分からないわ。どっかに行ってしまったのよ」
「そんなに早く、、火曜から?ありえない」
(1)「仕方なかったのよ。いくらかはツケを払うのに使ったのよ。いつからか分からない位、ジェイコブに借金しているのよ」
「だが今週払わなきゃならなかったのか?」
(2)「彼はまさにこのブロックに住んでいるのよ。これで2ヶ月もの間、私は回り道して帰宅してたのよ。彼に3ドル返したわ」
「何てことをしたんだ。お前には常識ってものがないのか?それで残りの金はどうしたんだ。ジョシュア!」パパはそう言い、怒り狂って私の方を向いた。「鉛筆を持ってきて書き留めろ。金がどこに消えちまったか突き止めなきゃならん。俺は火曜に卵とバターを買ったぞ」
「牛乳屋に75セント払ったわ」ママは真剣に、そして怯えて言った。彼女は何か悪いことをしたのだと信じていたに違いない。
「書き留めろ」パパは言った。
(3)私はママのチェック模様の便箋を手に取っており、その小さなます目の中に注意深く数値を書き入れた。私も震えていて、パパの非難から逃れようと必死だった。
「ウィリーが歯を抜いたのよ。50セントかかったわ」
「50セントだって?」パパが言った。
「そうよ、普通は抜歯に1ドルかかるのよ。私はウィリーに一人で上に行かせて、これだけしか持っていない、と言わせたわ。処置が終わるまで、私は下の階で待ったわ。恥ずかしくてザトキン先生に合わせる顔がなかったのよ」
「抜かなきゃいけなかったのか?」
「歯の外側しか残ってなかったのよ。あなたそんなの見たい?自分の子供が痛がってたのよ。それから子供達の散髪に50セント」
(4)「ハサミを買ってきて俺が髪を刈ってやることにするよ」パパが言った。パパはいつもそうすることを決意するだけだった。
「ガスに50セント。石炭のスコップ20セント。保険屋に25セント。アイロンの持ち手に20セント。肉のような、もっとお金のかかるものに取りかかってすらいないのよ」
「うちは肉を食べすぎるんじゃないのか」パパは言った。「肉なんかいらないんだ。俺はとにかくミルクスープの方が好きなんだ」「食べ物を倹約するなんて私には無理よ」母は毅然と言った。「何はなくとも子供達を飢えさせはしないわ」
(5)「子供達は飢えてるようには見えないぞ」パパが言った。「特にこいつはな。いつも何かモグモグ食べてるじゃないか」
私の食欲は旺盛で、お腹一杯だと感じたことがなかった。私は残り物を全て食べた。私はリンゴの皮、冷たい野菜、鶏の骨を噛み砕いて食べていた。
(6)「もっと安く済ませられる方法があれば知りたいわ」とママは言った。まるで今や責めを負うことに同意したかのようであった。
「もっと値切れば良いんだ」私の父が荒々しく言った。「で、お前と子供達がいなければ、今頃俺はいくら持っているのか、お前は分かっているのか?」彼は母に吠えるように言った。「1万ドル貯まってただろうよ。1万だぞ、聞いてるのか?その上、自由な男だったんだ。俺の言ってることを聞いてるのか?」父は喉を枯らし、睨み付けた。
(7)「じゃあ、出て行けばいいじゃない」母は泣いた。
「そうしようと思ってた所だ」
彼は飛び出していった。夜だった。彼は1時間ほど出てていたが、それから私は彼のタバコが玄関の階段の所で光っているのを見た。そして彼は私に大人しく言った。ただタバコを一箱買いに出ていただけなのだと。
 

【難単語・難熟語】

  • checked 格子縞の、チェック模様の
  • stationery 便箋
  • clipper (植木や家畜の毛をきる)はさみ
  • flatiron (中に石炭を入れるタイプの昔の)アイロン
  • paring (果物や野菜の)皮
  • be worth~ 〜の財産を持っている 

 

【読解のポイント】

  • 文は平易。くだけた表現に慣れていないと戸惑う可能性もある。
  • 夫婦喧嘩の緊迫感や、貧しい家庭の惨めな雰囲気を感じられるか、父を単なる悪人と捉えないで人間味あるキャラクターと思えるかが、読解のポイント。
  • 少し古い言い回し、単語があるので注意。

(Visited 854 times, 1 visits today)
Share this Post

1 Comment

  1. (1)の We’ve owed money to Jacob for I don’t know how long.の「for」の用法がわかりません。理由を表す等位接続詞のforでしょうか?

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)