京大過去問 1991年 第1問(英文和訳)

/ 8月 7, 2020/ 英文和訳, 京大過去問, 難易度★★, 前から訳し下す, 否定による倒置/ 0 comments

  • 解答は下部にあります。
  • 下のリンクから問題文をPDFで印刷できます。
  • 間違いの指摘・添削依頼・質問はコメント欄にどうぞ。

【問題】

次の文の下線をほどこした部分(1)~(3)を和訳せよ。

There are about three hundred operating satellites orbiting Earth right now, but there are many more satellites that, though they have ceased operation, are still whirling about up there.
Nor are the satellites themselves all there is.  These satellites were hurled into space by rockets, and there are pieces of rocketry that are still in space as a result.
(1)Some satellites have exploded or have collided, one with another, and each time this happens, they fragment into small pieces, all of which continue to orbit the Earth.
There are, as a result, six thousand man-made pieces of debris large enough to be tracked by radar, and they are being tracked. There are, however, many more bits of matter that are too small to be tracked. According to some estimates, there are sixty thousand pieces of debris about an inch in size. There may also be uncounted millions of flecks of paint.
We may smile at the thought of engineers becoming upset over a fleck of paint, but even such an inconsiderable object becomes something to worry about when it is traveling at a rate of several miles per second. (2)In June 1983, a fleck of paint that was only one one-hundred-twenty-fifth of an inch across — too small to see — struck a window of the space shuttle Challenger. The collision managed to gouge out a bit of glass, leaving a tiny crater, one-tenth of an inch across, in that window. This may not seem like much, but it weakened the window sufficiently to make it necessary to replace it, at a cost of $50,000, before the shuttle flew again. That was an expensive fleck of paint, then, and if something a little more massive had struck, there might have been a disaster on the Challenger two and one-half years earlier than the explosion that killed seven crew members.
And the situation is growing worse. The United States, the Soviet Union, and other nations are continuing to launch objects into space. Explosions and collisions continue. The amount of debris continues to mount, so that some people estimate that the number of pieces in space will quadruple every ten years.
(3)This means that it is quite possible that, by the year 2000, we can expect that any working satellite in any given year has one chance in two hundred of being hit by a piece of debris about one inch across. If there are four hundred working satellites in space at that time, then we can expect, on average, that each year two working satellites will be struck. The damage is quite likely to be serious; if the debris happens to strike a particularly vital part, the satellite may be put out of action altogether.
 

【和訳】

今現在、地球の軌道を回る稼働中の人工衛星は約300あるが、稼働を止めたにもかかわらず上空を回り続けている人工衛星はもっと多い。
存在するのは人工衛星本体だけではない。こうした人工衛星はロケットにより宇宙に打ち上げられたのだから、宇宙に残存するロケットの破片が存在している。
(1)一部の人工衛星は爆発したり、互いに衝突したりし、こうしたことが起こる度、人工衛星は小さな破片となり、それら全てが地球の軌道を回り続ける
結果として、レーダーで追跡できるサイズの人工の破片が6000あり、実際に追跡されている。しかし、小さすぎて追跡できないさらに多くの物体の破片が存在している。複数の概算によれば、約1インチのサイズの破片が6万個存在しているという。また、数えきれないほど多数の塗料の小片も存在しているだろう。
エンジニア達が塗料の小片一つにうろたえると考えると、おかしなことだと感じるかもしれないが、秒速数マイルの割合で進むようになれば、そうした取るに足りない物体でさえ、懸念材料になるのである。(2)1983年の6月、直径たった125分の1インチの目に見えないほど小さな塗料の小片が、スペースシャトルのチャレンジャーの窓に衝突した。その衝突はガラスを僅かにえぐり、窓に直径10分の1インチの小さな穴を残しただけであった。これは大したことがないと思われるかもしれないが、窓を相当に劣化させ、交換する必要に迫られ、そのシャトルがもう一度飛ぶ際に5万ドルものコストがかかった。このように、塗料の小片が非常に高くついたということであり、もしもう少し大きな物が衝突していたら、7人の乗組員が亡くなった爆発事故の2年半前に、チャレンジャーに大惨事が起きていたかもしれない。
そして状況は悪化の一途をたどっている。アメリカやソ連やその他の国が宇宙に物体を打ち上げ続け、爆発や衝突が続いている。破片の量は増え続け、宇宙の小片の数は10年ごとに4倍になると予測する人もいる。
(3)これは稼働中のあらゆる人工衛星が、いかなる年であれ、200分の1の確率で直径約1インチの破片に衝突される、と予測されるようになる事態が、2000年までに十分に起こりうることを意味する。もしその時に稼働中の人工衛星が400あるとしたら、毎年平均して2機の稼働中の衛星が衝突されると予測されることになる。その損害はかなり深刻だろう。もしも破片が偶然にも特に重要な部分に衝突すれば、その人工衛星は機能を全て停止するかもしれない。
 

【難単語・難熟語】

  • gouge

(Visited 812 times, 1 visits today)
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)